ジム ケリーが語る

ジム ケリーが語る

 

幼い頃よりショービジネスの世界で働くことを夢見ていたキャリーは、15歳で学校をドロップアウトし、トロントへ。カナダのありとあらゆるクラブに巡業し、4年後にロサンゼルスに移住。その後は様々な舞台、TVショー、「ダーティハリー5」(88)などの映画の端役をしながら演技を磨く。そして、90年から始まったTVシリーズ「In Living Color」の白人役で注目を集め、94年「エース・ベンチェラ」でブレイク、一気にスターへと駆け上がる。同年「マスク」も大ヒットを記録、ハリウッドでも指折りのスーパースターとなる。以降コメディ作品を中心に、「トゥルーマン・ショー」「マジェスティック」のようなドラマでも活躍。現在最も稼ぐスターの一人である

Liberating the Mind from Bondage by Seiyu Kiriyama

It is so nice to be back in New York again. It’s been exactly one year since I was last here.

This is the second year in a row that I have been able to achieve my long-standing desire to perform a goma fire ceremony in New York City. Today’s service would not have been possible without the close cooperation of the management and staff of the Riverside Church and the efforts of many people who have been working behind the scenes. I would like to offer my sincere gratitude to all those people, and to you, who are participating by your attendance. Thank you very much.

Before I proceed, let me first take this opportunity to express my profound sorrow and sympathy on the recent, tragic terrorist attacks against the United States.

I am deeply impressed by the determination and heroic courage that the American people, led by President Bush, have shown in the face of this sad and painful crisis. In particular I’d like to pay my sincere respects to the fire fighters, policemen, and emergency workers who have been doing such a wonderful job.

I watched the coverage of the memorial service held at Yankee Stadium on September 23. This, too, was truly soul wrenching.

Mayor Giuliani made a speech during the service. I’m sure you all remember his words, but they are worth repeating here. Mayor Giuliani declared: “To those who say our city will never be the same, I say, you are right. It will be better.”

These words, more than anything, show that

 

続きを読む

桐山 靖雄 チャンネルをまわせ―密教・そのアントロポロギーTurn the channel-Esoteric

桐山 靖雄
チャンネルをまわせ―密教・そのアントロポロギー

チャンネルをまわせ―密教・そのアントロポロギー

中古価格
¥800から
(2019/8/22 12:09時点)

 

  • 単行本: 445ページ
  • 出版社: 平河出版社 (1992/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4892030074
  • ISBN-13: 978-4892030079
  • 発売日: 1992/03
  • 梱包サイズ: 19 x 13.8 x 3.2 c

桐山靖雄著者より


『チャンネルをまわせ』の意義
この本は、昭和五十年(一九七五年)に出版された。
この本でわたくしは、密教から阿含教へとチャンネルを回したわけである。わたくしの
密教と阿含経との中間点に位置するのがこの本である。運命を形成する要素は因縁である。ではその因縁を構成するのは何んであるのか、真剣に考えはじめた。この本の中では、因縁に「チャンネル」とルビを振っている。それは、人間を動かす代表的なチャンネルとして因縁というものを、もう歩掘り下げて考えはじめていたからである。`
この本は、二つの柱から成っている。
一つは、心理学者、L・ソンディの「運命心理学」である。
もう一つは、運命のもとになる因縁に深いかかわりのある不成仏霊の存在である。
ソンディ心理学によると、人間の運命を決定する因子として、「家族吟無意識Lというものが設定されている。この家族的無意識というのは、「個人のなかに抑圧されている祖先の欲求が、恋愛・友情・職業・疾病、および死亡における無意識的選択行動となって、個人の運命を決定する」というものである。
これは、そのまま、それまでのわたくしの持論である因縁論になる。そこで、わたくしはこれを紹介すると同時に、そのソンディ理論の欠陥をも、この本の中で書くことにした
のである。ソンディ博士は、ユングとも並び称せられるほどの大心理学者であり、その大心理学者の理論に欠陥があるというのは大変なことであるが、それは、わたくしに霊視能力が出てきたことによって出来たのである。霊視能力をもったことにより、ソンディ理論の欠陥を発見することができたのだ。
わたくしは、その頃から、霊視能力が出てきていた。以前から偶然的に霊視能力があらわれて、人に憑いている霊やその霊障を見ることがよくあったが、この頃から意志的に、系統立てて、そういうものが見えるようになってきた。それが、ソンディ理論の欠陥の補足というかたちになってあらわれたので、そういう意味で、わたくしの一つの進歩を示すきわめて歴史的な転機としての本ということができる。この本の中にK少年の話か出てくるが、この実在する少年の背後霊をわたくしははっきりと見ていたわけである。霊障となっている不成仏霊をはつきりと捉えた上で、その少年を指導し、この本を書いたわけである。しかし、この本では霊障という通俗的な言葉を使わなかったが、それは、わたくしのいう霊障というのは、一般にいう幽霊のような意味とは根本的にちがっているからで誤解を招くおそれを避けて、この言葉を使わなかったのである。この本では、K少年の例でいえば、曾祖父の抑圧意識が、少年の深層意識に入り込んでいるという表現を用いたが、この曾祖父とK少年は、血がつながっていないのである。それなのに、ソンディ流にいうと、抑圧意識が伝わってい
る。それはどうして伝わったのか? DNAという遺伝子機構を通らずにどうして伝わったのか? 一種の霊的バイブレーションを想定するしかない。そしてそれをわたくしは見たのである。そのわたくしの見たものを、わたくしはと 霊障 名づけたのである。この
本ではその「霊障」を心理学的に説明したわけである。
後にベストセラーとなった『守護霊を持て』の守護霊や、『霊障を解く』の霊障の深層心理学的解明を試みたのがこの本であった。この『チャンネルをまわせ』で突きとめた成果をもとに、非常に通俗的にわかりやすく書いたのが『守護霊を持て』その他である。
ところで、この「チャンネルをまわせ」の中で使った主要文献の佐竹隆三著『運命心理学入門』という本は、あとで知ったことだが、力富崇志氏の御父君の経営される黎明書房から刊行された本だったのである。力富氏とお会いした時、そう聞かされて、非常にびっくりしたものである。力富氏との出会いに、何かわたくしは因縁的なものを感ずるのである。
守護霊ブームと霊障ブーム
『守護霊を持て』でわたくしは、全国的な守護霊ブームや霊障ブームをつくり出したわけであるが、その源は『チャンネルをまわせ』である。この『チャンネルをまわせ』を書いた時点で、すでに実質的には『守護霊を持て』を書きはじめていたといって過言ではない。
『守護霊を持て』の中で紹介した霊障を指導した実例も、すでにこの『チャンネルをまわせ』の中に先駆的な形で出しているわけである。K少年の例はまさにそれに該当する。
以後の執筆の源となったという意味において、あるいはわたくし自身の霊視能力がその頃開眼されたということ、この二つの意味でこの『チャンネルをまわせ』は、非常に大きなわたくしの転換期を象徴する所産であった。
わたくしの本は、すべて有機的につながっている。一つのテーマを何年にもわたって何冊の本かで追求してゆく。その中の一冊だけ読んで、鬼の首でもとったように批判されて
も困るのだ。むずかしい本は読まず、やさしく通俗的に書いた本だけ読んでの批判は、見当ちがいである。

 

Significance of “Make Channel”
This book was published in 1950.
In this book I turned the channel from Buddhism to Aokyo. My
This book is located at the midpoint between Esoteric Buddhism and Kyo Ago. The elements that make up fate are related.
Then, I began to think seriously about what constitutes the relationship. In this book,
Waving “Channel” and ruby ​​on the edge. It is a representative channel that moves people
This is because I have begun to dig deeper into the relationship. `
This book consists of two pillars.
One is “fate psychology” by psychologist L. Sondy.
The other is the existence of an immoral Buddha who is deeply involved in the cause of fate.
According to Sondi psychology, as a factor that determines human fate,
Things are set. This family unconsciousness means that “the ancestors who are suppressed in individuals.
The previous desire has become an unconscious choice behavior in love, friendship, occupation, illness, and death,
“Determine the fate of an individual”.
This becomes the relationship theory that is my own theory. So I
At the same time to introduce this, also decided to write the defects of Sondi theory in this book
It is.
Dr. Sondi is a major psychologist who is also called Jung.
It’s hard to be flawed in my theory, but it means that
It was made possible by coming. By having the spiritual celebration ability,
I was able to discover it.
From that time on, I had a spiritual ability. Accidental spiritual ability
I often watched the spirits and psychic spirits crawling on people.
Systematically, you can see such things. That is a supplement to the defects of Sondy theory
In that sense, in that sense, it is a very historic transition that shows my progress.
It can be called a book as a machine. There is a story about K boy in this book.
I clearly saw the spirit behind the boy in existence. The immoral Buddha spirit
The book was written by teaching the boy after catching it. But with this book
Did not use the common word of spirituality, but that is what I mean by spirituality
The general meaning of ghosts is fundamentally different, so avoid misleading,
I did not use this word. In this book, the example of K-boy is the great-grandfather’s awareness of oppression
However, this great grandfather and boy K
Are not connected. Nevertheless, in the Sondi style, the awareness of oppression is transmitted.
The How was it transmitted? Why is it transmitted without passing through the genetic mechanism of DNA?
Was it? “There is no choice but to assume a kind of spiritual vibration. And I see it
It was. What I saw was that I named “Soul Disorder L. This.
In this book, the “spirit” was explained psychologically.
The best-selling guardian spirit of “Have a guardian spirit” and the deeper layers of spiritual disability
It was this book that attempted psychological elucidation. The results of this “Make Channel”
Based on the fruits, the words that are very popular and easy to understand are “Hold the guardian spirit” and others.
By the way, the main document used in this “Make Channel” book by Ryuzo Satake “Fate Psychology”
The book “Introduction to Gaku”, which I learned later, was run by Reimei Shobo, run by Takashi Rikitomi’s father.
It was a book published by. When I met Mr. Rikitomi, he told me so
It’s a chestnut. In my encounter with Rikitomi, I feel something related.
The
Guardian spirit boom and psychic boom
In “Holding a guardian spirit”, I created a nationwide guardian spirit boom and a spiritual disability boom.
However, the source is “Make Channel”. Write this “Make Channel”
At that point, it was no exaggeration to say that we had already started to write “Have a guardian spirit”.
Yes.
The actual example of teaching the spirits introduced in “Holding the guardian spirit” has already passed through this “Channel”.
It is in a pioneering form in Se. The example of K boy is exactly that.
In the sense that it became the source of subsequent writing, or my own spiritual ability
In the two meanings that the eye was opened at the time, this “Make Channel” is very large
It was a product that symbolized the turning point of me.
All of my books are organically connected. What a theme over the years
Pursuing with books. I read only one of them and was criticized as if I took it at the head of the demon
Is also in trouble. Do not read difficult books, but read criticisms of reading books that have been written gently and universally.
It is wrong.

輪廻転生瞑想 Reincarnation Meditation



 

実践 輪廻転生瞑想法〈1〉理想の自分に生まれ変わる如意宝珠敬愛秘法

新品価格
¥3,024から
(2019/8/20 05:53時点)

実践輪廻転生瞑想法Ⅰ ―理想の自分に生まれ変わる如意宝珠敬愛秘法』
DVDで瞑想!! あなたの幸せな未来に出会う!!
解説本 日本語・英語二カ国語 本DVDは「輪廻転生瞑想法」をより明確に習得できるよう映像化したものである。希望に満ちた、充実して現世を過ごし、理想の来世を迎えるために「輪廻転生瞑想法」を実践してみよう。 【DVD内容】 日本語・英語二カ国語 DVD 96分 1.桐山靖雄メッセージ 2.瞑想の基礎トレーニング 3.基本の瞑想(花の瞑想法) 4.輪廻転生瞑想(如意宝珠敬愛法)

免疫を上げるツボ

免疫力を上げるツボ

急に肌寒さを感じはじめる今日この頃。気温の変化に体がついて行かず、調子がイマイチ良くない、という人も多いのではないでしょうか。過ごしやすい秋の気候から本格的な寒さへと移行するこの時期は、体調管理が難しく、ちょっとした油断が免疫力の低下につながってしまうこともあります。この季節を健康的に乗り切るためにも、免疫力をアップするツボを知っておきましょう。

急に肌寒さを感じはじめる今日この頃。気温の変化に体がついて行かず、調子がイマイチ良くない、という人も多いのではないでしょうかの低下はなぜおこる?

免疫力とは、私たちの体に本来備わっている、体を守る防衛機能のことです。暴飲暴食などの食生活の乱れや、睡眠不足などによる疲労の蓄積と自律神経のバランスの乱れ、ストレスや加齢、そして寒さや乾燥などの外部的要因で機能が低下すると言われています。また、東洋医学的には、特に生命力の源と言われている「腎(じん)」の機能の低下が、免疫力の低下に深く関わっていると考えられています。「腎(じん)」は寒さに弱く、また「腎の気(じんのき)」と呼ばれるエネルギーは就寝中に蓄えられると言われているので、体を冷やさないこと、質の良い睡眠を心がけることが免疫力アップには大切です。

免疫力低下を放っておくと?

ちょっとしたことで疲れを感じるようになり、その疲れがとれず慢性的な疲労につながったり、風邪やインフルエンザなどの感染症にもかかりやすくなります。また、病気やけがが治りにくくなるだけでなく、さらに悪化させてしてしまうこともあります。肌荒れや朝の目覚めの悪さも免疫力低下のサインの可能性もあるので、今回ご紹介するツボを押して免疫力をアップさせましょう。

Let's ツボ押し!

兪府(ゆふ)

兪府(ゆふ)

免疫反応をコントロールするTリンパ球を育てるツボ。

場所
鎖骨と胸骨の角にあるくぼみ。
押し方
息を吐きながら、片方のツボに親指を、もう片方のツボには他の4本の指をあて、痛気持ちいいくらいの強さで左右に揺らしながら10回程度押します

せんねん灸.オフ.伊吹260点

新品価格
¥2,654から
(2019/8/18 09:53時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

せんねん灸.オフ近江230点
価格:3920円(税込、送料別) (2019/8/18時点)

 

Liberating the Mind from Bondage by Seiyu Kiriyama

It is so nice to be back in New York again. It’s been exactly one year since I was last here.

This is the second year in a row that I have been able to achieve my long-standing desire to perform a goma fire ceremony in New York City. Today’s service would not have been possible without the close cooperation of the management and staff of the Riverside Church and the efforts of many people who have been working behind the scenes. I would like to offer my sincere gratitude to all those people, and to you, who are participating by your attendance. Thank you very much.

Before I proceed, let me first take this opportunity to express my profound sorrow and sympathy on the recent, tragic terrorist attacks against the United States.

I am deeply impressed by the determination and heroic courage that the American people, led by President Bush, have shown in the face of this sad and painful crisis. In particular I’d like to pay my sincere respects to the fire fighters, policemen, and emergency workers who have been doing such a wonderful job.

I watched the coverage of the memorial service held at Yankee Stadium on September 23. This, too, was truly soul wrenching.

Mayor Giuliani made a speech during the service. I’m sure you all remember his words, but they are worth repeating here. Mayor Giuliani declared: “To those who say our city will never be the same, I say, you are right. It will be better.”

These words, more than anything, show that

 

続きを読む

“Molecular light emitted as yoga secrets”

Transferred “light of pearl” transmitted as yoga secrets

Seiyui Kiriyama   Author

First, fire breathing method as appropriate.
When the fire breathing method is over, take a basic posture and adjust your mind and breathing.
Next, I close my eyes and concentrate on the part of the ajnja chakra in the intercostal space. Transfer the mind to the inside.
Repeat the holy word “Om-on” in mind and keep focusing. Eventually, a sphere slightly smaller than the translucent pong pong appears in the part of the ajnja chakra inside the skull.

It is initially anchored to that part, but will eventually float away (in the skull) away from it. When it comes to levitation, it gradually
I will move it.

After moving it to the back of the eye level, turn the eyeball backward and turn the (heart) eye towards the inside of the body.

From then on, the eye moves with the floating sphere.

When the floating sphere reaches the back of the eye level, it absorbs it very quietly and transfers it to the bottom of the skull. When you reach the bottom of the skull, gently lower it vertically along the Schummuna canal in the spine. And finally reach the center of the body in line with the navel.

Once you reach the back of the navel, place it there for about a hundred chants, and then move it to the place on the second finger. If you put a ball here, concentrate your mind there and repeat the scripture and cast it into your mind.

Then, finally, the semi-transparent spheres will gradually emit light
become.
This is “the light emission of Padmar Matsuga”.

When the light begins to appear, both the breathing and the heart must be very quiet in order to hold it.
If there is a flower, a leaf, a cloud, or the appearance of a living thing other than light, it should be kept quiet as it is. No matter if it appears or disappears, you are looking at it with a feeling that you are looking at it naturally or simply looking at it, or even if you can see nothing, you don’t want to want to look at it.

The first step of Padma Matsuga in Kundalini begins at the point where it emits light to Padma Matsuga in the body of the practitioner.
Padma Matsuga starts to emit light as soon as it enters into meditation when Padma Matsuga is lighted with an alarm. When it strengthens thought, light is also emitted strongly.
As needed, the practitioner moves Paddella materia to each chakra, intensifies light, and promotes secretion of hormones. It has the power that is essential to the awakening of Kundalini.

Those who have been trained in yoga and waited for a certain amount of power can clearly see from the outside as the light emitter moves through the body of the trainee, when looking at the body of the regular trainee. It is by no means the subjectivity of the practitioner’s idea.

The Theosophical Society has several experimental photos by a trained Indian guru.
The light emission of Padmar Matsuga is an avid trainer and it takes about a year or two.

The lighted Padmar Matsuga is pulled back into the ajnja chakra again, where the concentration is further enhanced.

Move the Padmar Matsuga, which has increased the light intensity, gently to the pineal gland, the pineal body, and the hypothalamus
Let go

.
This may seem like a gentle thing, but it is not. Ah
This is a very difficult task, for reasons of

One of the main reasons is the complex nerve group in the cerebrum.

Padma Matsuga is “the real” to the practitioner who reached this boundary. It is a very difficult task to pass this padd according to the correct path and arrive at the desired location without error. Without this help without the help of a guru
It is considered almost impossible to burn.

As soon as it reaches the right spot in the hypothalamus, a dazzling flash of light comes from the head.
Run in the lid. It is a feeling that the optic nerve sparked.

It is this that Kundalini Yoga’s secret scripture says, “If this chakra is awakened, light will appear on this part and it will shine soberly.”

It is said that this is “the law of claiming to make a person a genius”.
Because after this flash, the trainee’s brain cells have changed completely
It is because it comes to show a function. What I saw and heard once
But, if necessary, I will revive memories, and creative ideas and genius ideas,
Just like the spring’s springing up, you will not know that it’s running out.

Rather, it will work to the extent that something is unusual.

The true fulfillment of the Sahasra Ratchakra is the awakening of Kundalini, waiting for its rise
However, the fulfillment of the “Study Law” may be the first step.

The training of this Padmar Matsuga is the secret of the secret of Kundalini Yoga
Can not go further than this. There are also some oralities, but
It is forbidden to use it as a brush.

Moth

Reincarnation meditation method <3> Crystal dragon god meditation method that you can also become a Buddha

New price
From ¥ 1,836
(As of 2019/7/14 10:33)

Moth

ヨーガ秘伝として伝わる”明珠の発光




ヨーガ秘伝として伝わる”明珠の発光”を伝授

桐山靖雄 著者

まず、火の呼吸法を適宜。
火の呼吸法が終わったら、基本姿勢をとって、心と呼吸を調える。
つぎに、眼を閉じ、眉間の、アージュニャー・チャクラの部分に心を集中する。心をしだいに内部に移す。
聖語「オームーオン」を心にくり返し、集中をつづける。やがて、頭蓋の内部のアージュニャー・チャクラの部分に、半透明のピンポン玉よりやや小さい球体があらわれるようになる。

それは最初、その部分に固定しているが、やがて、そこから離れて、(頭蓋の中で)浮揚するようになる。浮揚するようになったら、それを徐々に眼かの奥
移動させていく。

眼高の奥に移動させ終わったら、眼球をぐるりと後方に旋回させて、(心)眼を体の内部に向ける。

以後、この眼は、浮揚している球体といっしょに移動するのである。

浮揚する球体が眼高の奥に達したら、ごく静かに吸収しつつ、これを頭蓋骨の底に移す。頭蓋骨の底に達したら、背柱の中にあるスシュムナー管にそって、静かに垂直に下降させていく。そして、最後に臍と一線上にある体の中心に到達させる。

臍の裏側に到達したら、聖語を約百唱する間そこに置き、それから、二横指上のところに移す。ここに球を置いたら、そこに心を集中し、聖語をくり返し心に唱える。

そうしていると、ついに、半透明であった球体が、しだいに光を発するよう
になる。
これが「パドマーマツガの発光」である。

光が見えはじめたら、それをたもつために、呼吸も心もごく静かにしていなければならない。
もし光のほかに、花とか、葉とか、雲のようなもの、また生物の姿などがあらわれても、それはそのまま静かにながめておればよい。それがあらわれても消えても、自然に、ただなにげなくながめているという気持ちで見ていること、また、なにも見えなくても、強いて見たいと思ってはならい。

クンダリニーでパドマーマツガの第一歩は、修行者の体内にあるパドマーマツガに光を発せしめるところからはじまるのである。
パドマーマツガが調度目ざめて発光すると、瞑想に入るやすぐにパドマーツガは光を放ちはじめる。それは、思念を強めると、光も強く放たれる。
修行者は必要に応じて、パドマーマツガを各チャクラに移動させ、光を強め、ホルモンの分泌をうながすのである。それは、クンダリニーの覚醒にも欠くことのできない力を持つ。

ヨーガの修行をしてある程度の力を待った者が、この定に入っている修行者の体を見ると、発光体が修行者の体内を移動するさまを外部からはっきり見ることができる。それは決して修行者の観想による主観だけのものではないのである。

神智学協会には、インドの熟達した導師による実験写真が数枚ある。
パドマーマツガの発光は、熱心な修行者で、およそ一、二年かかるとされる。

発光したパドマーマツガを、もう一度、アージュニャー・チャクラに引き戻し、そこでさらに集中の度を強める。

光度を増したパドマーマツガを、松果腺・松果体・視床下部へと静かに移動
させていく


これは、やさしいことのように思われるかもしれないが、そうではない。あ
る理由により、これは非常に困難な作業なのである。

その大きな理由のひとっは、大脳の中の錯綜した神経群である。

この境界に達した修行者にとって、パドマーマツガは「実在」なのである。このパドマツガを、正しい「道すじ」のとおりに通過させて、誤りなく目的の場所に到達させるのは、非常に困難な仕事である。導師の助けなく独力でこれをなしと
げることは、ほとんど不可能なこととされている。

視床下部の正しい箇所に到達すると、その瞬間、目のくらむような閃光が頭
蓋の中を走る。視神経がスパークした感じである。

クンダリニー・ヨーガの奥義書が、「このチャクラを目ざめさせると、この部位に光明があらわれて、燦然と輝く」といっているのは、これである。

これが、人を天才にする「求聞持聡明法」であるとしている。
なぜならば、この閃光が走った以後、修行者の脳細胞は、それまでと一変した
はたらきを示すようになるからである。一度、見聞きしたことは、どんなこと
でも、必要に応じて記憶によみがえらせるし、独創的・天才的なアイデアが、
つぎつぎと泉の湧き出るように、尽きることを知らないようになる。

むしろ、異常といってよいほどのはたらきをするようになるのである。

サハスラーラーチャクラの真の成就は、クンダリニーの覚醒、上昇を待たね
ばならないが、この「求聞持聡明法」の成就が、その第一歩なのであろう。

このパドマーマツガの修行は、クンダリニー・ヨーガの極秘の秘伝であっ
て、これ以上のべることはできない。いくつかの口伝もあるけれども、それを
筆にすることは禁ぜられているのである。

 

輪廻転生瞑想法〈3〉あなたも仏陀になれる水晶龍神瞑想法

新品価格
¥1,836から
(2019/7/14 10:33時点)

瞑想ってなんですか?」 ニーマル・ラージ・ギャワリ

ここ10年でヨガは一般的になりましたが、最近は瞑想が注目されていますね。

欧米でも、日本でも、多くの方々が瞑想を生活に取り入れていることはみなさんご存知だと思います。

ただ、まだまだ瞑想に対して間違ったイメージを持っている方も多いようです。この連載ではまず「瞑想ってなんですか?」というシンプルな疑問について書きたいと思います。

みなさんは、どうして瞑想を特別なものと考えるんでしょうか?

瞑想という言葉にはたくさんの定義があります。

穏やかさ、マインドの平穏、いま現在に集中すること、自らの意識を高めたり、気づきを得ること――こういった状態やそれを達成するテクニックの総称が“瞑想”です。

ここまでは、たいていの方がなんとなく理解していると思います。

では、瞑想は誰がやるものなのか?と言うと、なぜかヨガの修行をした人や偉いお坊さんがだけが行う、とても難しいもの、自分とは関係ないもの、と考える方が多いようです。

そんなことはありません。瞑想は特別なものではありません。

なぜかと言うと、私たちは誰もが子どもの頃、瞑想をしていたんです。これはアーユルヴェーダの考え方です。

生まれる前、お母さんのお腹の中にいた時、私たちが何をしていたのかというと、瞑想をしていたんです。生まれた後も、人間はだいたい4歳ぐらいまでは瞑想をしている時間が多いんです。

人間は五感を持って生まれてきますが、五感をひらくには時間がかかるんです。例えば、赤ちゃんは最初から大人のように全部が見えているわけではありませんよね。生後何ヶ月かしてからちゃんと見えるようになってきます。耳も同じです。

人間というのはどんどん年をとるうちに、経験を重ねていくことで五感が外に向いてくるんです。遠くのものが見えてきたり、遠くの音が聞こえてきたり。外にひらかれていくんです。それまでは、人間は自分のマインドや意識と呼ばれる、内側にあるものに向いているんです。それは、瞑想です。

だから、瞑想っていうのは、ヨガや宗教のためだけにあるんじゃないんです。私たち誰もがやっていること、やっていたことなんです。特別なことじゃない、当たり前のことなんです。