瞑想 止観

止観(しかん、śamatha-vipaśyanā[1])とは、仏教瞑想の主なものである。サンスクリット語から奢摩他・毘鉢舎那音写されることもある。

仏教では瞑想を止と観の二つに大別する。(シャマタ:奢摩他)とは、心の動揺をとどめて本源の真理に住することである。また(ヴィパシヤナ、毘鉢舎那)とは、不動の心が智慧のはたらきとなって、事物を真理に即して正しく観察することである。このように、止は禅定に当たり、観は智慧に相当している。止だけでなく観を重視するところに、仏教の瞑想法の特徴がある。止観は、しばしば2つの車輪に例えられ、不離の関係にある。止観は、仏教の三学である「戒定慧」の定慧に相当する。

止とは、まず日常的な心の働きを静め、心を一つの対象に結びつけることを実践する。呼吸瞑想を例にとると、呼吸を一つずつ「入る」「出る」と気づいていく実践をし、心がどこかに飛んでいってしまった場合には、その事実に一旦「考えている」と気づいてから、またもとの呼吸の「入る」「出る」に戻る。この一連の動作を繰り返していくと、日常的な心の働きが静まってくる。

止は集中である。

観とは、まあ、いえば映像の視界化と言える。

 

瞑想21選 〜自分にあった瞑想を見つけよう〜 | ハート&ライフ
http://heartandlife.jp/21-meditation-sele

真の超能力開発法

求聞持聡明法

駄都如意求聞持聡明法は、真言密教につたわる求聞持法とはまったくちがうものである。
二つの特徴がある。
それは、
一、クンダリニー・ヨーガのチャクラを覚醒して、超人的エネルギーを発生させる。

二、その超人的エネルギーを、中国・道教につたわる導引・気功の持つ生気ルートにのせて、体の各要所、要部にめぐらせ、行きわたらせる。殊に、大脳の中枢である間脳・視床下部に送りこむ。
この二つの方法を、独特の方法で完成したのである。

談  桐山靖雄

瞑想の目指す究極なところです。

 

 

変身の原理 桐山靖雄著

ガチガチのないですか?

ガチガチ度 Check 1

前屈
直立した姿勢から上半身を前に倒し、腕を伸ばします。
両手の指先は床に着きますか?

この姿勢から…前屈!

【OK】指先が床に着けばOK。床に手のひらまで着く人は、股関節や胸椎がやわらかい証拠です。

 

【NG】指先が床に届かない人は「ガチガチ関節」。ひざや腰に痛みがあったり、体のどこかに不調がありませんか?

■ガチガチ度 Check 2

腰落とし
足を左右に大きく開き、両手をひざにあてて腰を落とします。次に、両ひじをひざにおいてさらに腰を落とします。背すじを伸ばしたまま腰を落とせますか?

この姿勢から…さらに腰を落とす!

 

【OK】背すじを伸ばしたまま、しっかり腰を落とせればOK。

 

【NG】腰を落とすことができなかったり、背中が丸まったり、上体が前に倒れてしまったりする人は、「ガチガチ関節」。

■ガチガチ度 Check 3

上体ねじり
イスに座り、胸の前で丸いボールを両手で持っているポーズをつくり、上半身を左右にねじります。下半身を使わずにうまくねじれますか?

この姿勢から…

 

【OK】下半身を動かさずに、上半身を左右に30 度以上ねじることができればOK。

 

体 気功法

経絡(けいらく、Meridian)とは、古代中国の医学において、人体の中の気血栄衛(気や血や水などといった生きるために必要なもの、現代で言う代謝物質)の通り道として考え出されたものである。 経は経脈を、絡は絡脈を表し、経脈は縦の脈、絡脈は横の脈の意。 経脈は十二の正経と呼ばれるものと、八の奇経と呼ばれるものがある。

経絡(けいらく、Meridian)とは、古代中国の医学において、人体の中の気血栄衛(気や血や水などといった生きるために必要なもの、現代で言う代謝物質)の通り道として考え出されたものである。 経は経脈を、絡は絡脈を表し、経脈は縦の脈、絡脈は横の脈の意。 経脈は十二の正経と呼ばれるものと、八の奇経と呼ばれるものがある

 

驚くべき瞑想の隠れた効果

  • 皆さん、瞑想ってご存じでしょうか?
    瞑想となかなか言葉に出して言うものでもないような気がしますので、
    そんな身近に感じる言葉ではないのかもしれませんが・・
    そもそも瞑想とはどういうことなのでしょうか。
    瞑想とは・・目を閉じて静かに考えること。眼前の世界を離れてひたすら思いにふけること。?
    「―にふける」というような意味外があるそうです。
    精神を統一させるという意味もあるそうです。
    他には、瞑想(めいそう、英:Meditation)とは、心を静めて神に祈ったり、
    何かに心を集中させること、心を静めて無心になること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすことである。
    この呼称は、単に心身の静寂を取り戻すために行うような比較的日常的なものから、絶対者(神)を
    ありありと体感したり、究極の智慧を得るようなものまで、広い範囲に用いられる。
    瞑想では、背筋を伸ばした姿勢で座り、静かにゆっくりと呼吸を行うイメージがあります。
    また、瞑想の効果としては、心のリラックス効果やストレス緩和効果、集中しやすくなることや、
    直感が鋭くなることなど、主に心(精神)に関することが挙げられます。
    つまり瞑想とは、姿勢と呼吸をコントロールすることで、心をコントロールする技術とも言えるのかもしれません。
    瞑想とは?→姿勢と呼吸を統制することで心を統制する技術!です。
    落ち着きがない人や、情緒不安定になりがちな人、集中力を身につけたい人などは、
    効果を得られるかもしれません。

ヨーガ いい健康の情報

ヨガといえば、一般的にはヨーガのアーサナ(ポーズ)を思い浮かべるかと思います。実際にはヨーガというのは広大な体系をもち、アーサナはそのほんの一部にすぎません。しかしそのアーサナでさえも、何を目的とするのか正しく理解されていなければ、効果のないものになってしまいます。

アーサナは瞑想を目的とするもので、その目的を目指している場合に十分有効となります。つまり、アーサナと瞑想は別のものではありません

ここでは、ヨガつまりヨーガのアーサナと瞑想の関係について、①ヨーガやアーサナは本来どのようなものか、②ヨーガの体系のなかでアーサナがどのように発展してきたか、③アーサナはどのように行えば効果があるかを説明しながら、そのすべてにおいて本質的に重要なのは瞑想であるということを解説したいと思います。

ヨーガとアーサナの意味

ヨーガ本来の意味chariot

「ヨーガ」という言葉は「結びつけること」を意味します(「結びつける」という意味の動詞「ユジュ」から派生した名詞)。暴れ馬をくびきに結びつけてコントロールするように、感覚を通じて心が暴れるのをコントロールします。感覚の制御が「ヨーガ」本来の意味でした。

その具体的な方法が瞑想です。瞑想で一点に集中し、感覚を通じて心が分散してしまわないようにしたのです。つまりヨーガとは瞑想を意味します。瞑想状態にあることこそが「ヨーガ」なのです。

そして、瞑想によって到達する三昧(サマーディ)という境地もまたヨーガと呼ばれるようになりました。特に無分別三昧(ニルヴィカルパ・サマーディ)あるいは涅槃(ニルヴァーナ)と呼ばれる究極的な三昧の境地のことを指します。それは別の言い方では、「ボーディ」(菩提)つまり「目覚め、悟り」といいます。そうして、ヨーガとは「悟り」を意味する言葉になりました。

このように、ヨーガとは本来、①感覚を制御して瞑想すること、そして②瞑想の結果おとずれる悟りを意味します。

梵天勧請

ヨーガという境地を実現するためには、長らく瞑想という方法しかありませんでした。ブッダもまたこのヨーガの方法によって悟りをひらいたのです。

アーサナ本来の意味

一方、アーサナも古くからありました。「アーサナ」という言葉は「座る場所」「座り方」を意味します(「アース」が「座る」という動詞、「アナ」が「場所、状態」)。アーサナとは瞑想での座り方を意味しました。

シッダ・アーサナ

シッダ・アーサナ

ブッダが瞑想の時に組んだ蓮華坐(または結跏趺坐)は、パドマ・アーサナといいます。他にもシッダ・アーサナ(達人坐)、ヴィーラ・アーサナ(英雄坐)、スカ・アーサナ(楽坐・胡坐あぐら)、ヴァジュラ・アーサナ(金剛座・正座)などの座り方があります。

つまり、ヨーガのアーサナとは瞑想の座り方ということであり、それが第一の意味であることは今でも変わりません。

ヨーガにおけるアーサナの位置づけ

『ヨーガ・スートラ』におけるアーサナ

アーサナが瞑想の座り方だけを意味した時代は長く、1,500年ほどもありました。ヨーガの最も重要な根本経典である『ヨーガ・スートラ』には、八部門のヨーガ(アシュターンガ・ヨーガ)というヨーガの実践段階が教えられています。

それによると、アーサナはその3段階目にあたり、4段階目はプラーナーヤーマ(調気法・呼吸法)、5段階目が感覚の制御、そして6〜8段階目がいわゆる瞑想になります。つまり古くからの伝統どおり、瞑想のための準備として、座り方、呼吸の方法、そして感覚の制御が教えられています。姿勢を調え、呼吸を調え、感覚を制御して瞑想する——これがヨーガの実践でした。(それに加え、日常を調えるために守るべきことが第1と第2段階目にあります)

八部門のヨーガ(アシュターンガ・ヨーガ)

  1. ヤマ(禁戒)……他者に対して行うべき5つのこと
    ①非暴力 ②正直 ③不盗 ④純潔 ⑤不貪
  2. ニヤマ(勧戒)……自分のために行うべき5つのこと
    ①清浄 ②知足 ③苦行 ④学び ⑤信仰
  3. アーサナ(坐法)
  4. プラーナーヤーマ(調気法)
  5. プラティヤーハーラ(制感)
  6. ダーラナー(集中)
  7. ディヤーナ(瞑想)
  8. サマーディ(三昧)

アーサナの完成した状態

しかし、意外に思われるかもしれませんが、瞑想のために座るアーサナが、どんなにアクロバティックで難しそうに見えるアーサナ(ポーズ)よりも難しいのです。

座る形のアーサナは、ただ脚が組めるようになるだけでなく、姿勢が乱れず、呼吸が乱れず、心が乱れないことをもって完成とします。それができた時には、心は瞑想だけに没頭します。アーサナとは瞑想での座り方のことですから、当然そうでなければなりません。

『ヨーガ・スートラ』には、アーサナについて非常に簡潔な説明を行っています。

“アーサナは堅固で快適であること” ——『ヨーガ・スートラ』2.46

つまり瞑想での座り方は、背筋がまっすぐに伸びて、身体がぐらつくことのない堅固さがあり、そして身体の痛みを感じず、楽で快適に座れるようになるべきだというわけです。

そのような座り方ができるようになれば、心は自ずと瞑想状態に入ります。つまりヨーガのアーサナにおける完成とは、瞑想で何の不自由もなく長時間座っていられる、堅固で快適な座り方ができることをいいます。

ハタ・ヨーガにより多彩なポーズが生まれる

現在いろいろな種類があるアーサナ(ポーズ)は、その座り方を完成する目的のために生まれました。

サマコーナ

おそらく古代の人たちは現代人よりもずっと身体が丈夫で、特にブッダのような修行者たちは難なく瞑想の座る形を続けられたことでしょう。しかし、長時間瞑想に没頭して、何も気にならないくらい楽で快適に座り続けられるほど、私たち現代人は身体が強くありません。

おそらくそうした状況が、時代がたつにつれて次第に進行していたのかもしれません。中世になると(1,000年ほど前の話です)そのような古典的なヨーガの補助的手段として、ハタ・ヨーガというものが生まれました。現在ヨガとして広く普及しているものは、このハタ・ヨーガです。(○○ヨガという名称がたくさんあり、あたかもいろいろな流派があるかのようですが、基本的にすべてハタ・ヨーガです。ただ、○○のなかに英語が入っているヨガは、アメリカで最近作られたものです) 続きを読む

瞑想を習慣にすると、普段の暮らしや感じ方まで変わってきます

ストレスなどで疲れた自我を解放する

「瞑想」と聞くと、宗教のイメージを連想する人もいるかもしれません。けれども近年、趣味としてのヨガや、健康法としての呼吸法などが身近な存在となり、瞑想そのものが見直され、評価も高まっています。

瞑想とは、ひとことでいうと「何も考えずに頭を空にして、ストレスなどで疲れた自我を解放すること」です。また瞑想にはさまざまな種類がありますが、そこに優劣はありません。基本は、どの瞑想も「調身」「調息」「調心」という三調を整えることを目指すものです。ではいったい、瞑想にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

瞑想を行うことによって、今までなかった「気づき」が得られることがあります。すると瞑想を終えたあとでも、気づきを見つめ続けることで、人生を大きく好転させたり、こころを整えることができるようになります。

つまり、瞑想を行うことで、どんなことにも動じないようにこころを鍛えたり、穏やかでしなやかなこころに変えていくことができます。スピード化、効率化が進んだ現代は常に気忙しく、ストレスにさらされ続けている状態です。けれども、瞑想を行うことによって、「こころの持ち方、とらえ方次第で、環境とは関係なくこころは幸せになれる」ということを実感できるでしょう。

「瞑想のメリット」を感じる瞬間とは?

瞑想を習慣にすると、普段の暮らしや感じ方まで変わってきます。「瞑想のおかげで変わったのだろう」と気づく瞬間が増えるようになります。

【瞑想のメリットを感じる瞬間】

・日常のストレスが、以前よりも軽くなります。

・趣味や好きなことに没頭をしているとき、「気持ちがいい」「幸せ」などプラスの感情に満たされることが増えます。

・もともと持っていた能力をうまく発揮することができます。

・今まで意識することが少なかった「本当の自分の気持ち」に気づきやすくなります。

・コミュニケーションや対人関係のトラブルなどを、以前よりもうまく切り抜けられるよ
うになります。

・幼少の頃の記憶、ひいては母親の胎内にいた頃の感覚を思い出すようになります。

・目には見えない広大な「宇宙」の存在を感じるようになります。

自分の意志さえあれば、誰でも、いつでもはじめられるのが瞑想のよいところです。

ツボの瞑想

「ツボ」と深く関わっている「気」の循環

瞑想で大切なことは、気の循環を意識することです。気のエネルギーについては多くの研究が行われ、科学的にもその力が解明されつつあります。ここではいくつかの瞑想法を紹介します。いずれも、気の循環を意識しながら行ってみてください。

気は、「ツボ」と深く関わっていることが多いものです。たとえば手のひらには「労宮」というツボがあります。このツボは、もっとも気を出しやすく、もっとも気を感じやすいところです。人を癒す作用があるとされています。気功師が治療するときに、労宮のツボを使うことがよくあります。

また胸には「壇中(だんちゅう)」というツボがあります。胸はもともと「胸には感情が溜まりやすい」とされていますが、このツボは「心気宿る城」と呼ばれ、感情を受け止めるといわれます。

さらに、「労宮」を「壇中」に当てるというポーズは「緊急時の瞑想法」として知られて
います。胸に溜まったストレスを溶かす、自分を癒す方法です。このポーズをとる際は、特に「気が流れていること」を意識しながら行いましょう。「労宮」と「壇中」のツボを重ね合わせるリラックス法

【緊急時の瞑想】
① 男性は、左手を胸に当ててから右手を重ね、女性は、右手を胸に当ててから左手を重ねます。いずれも、手にある「労宮」のツボを、乳首の中間にある「壇中」のツボに当てます。

②瞑想を行う。何も考えないようにしながら、腹式呼吸をすることに集中します。からだのこわばりをとり、リラックスするための瞑想もあります。非常に効果的ですが、簡単です。

【リラックスするための瞑想】
①「全身の筋肉の中に小さな虫がいて、からだ中で筋肉を引っ張っている」とイメージし
ます。

②それらの虫をからだから追い出すことを意識します。「からだの上のほうから虫たちが
下りて、足先から抜けていく」と想像するのです。

このリラックス法は、文章で読んでいるよりも、実際に行ったほうが簡単です。実際に試してみてください。心身を整えるための準備体操として、「心臓の鼓動を聞く瞑想」もあります。

【心臓の鼓動を聞く瞑想】
①なるべく静かな場所で一人になり、ゆったり座ります。5~10分、軽く目を閉じて姿勢を正して、深呼吸を続け、心臓を意識すると、その鼓動が聞こえてくるので、耳を澄ませます。

②「心臓が2拍子で鼓動している」とわかるほど、意識を研ぎ澄ませます。心臓の1拍目、2拍目の違いがわかるくらい集中して意識してみましょう。③気持ちがよくなってくる感覚を、しっかりと味わいます。心臓の2拍目の鼓動とともに、全身に気のエネルギーが素早く広がっていくのを感じられるはずです。

瞑想を行うのは短時間でよいので、なるべく習慣づけるようにしていきましょう。いつから瞑想をはじめたのか記録して、ときどき振り返り「もう〇カ月経った」などと励みにすると長続きしやすくなります。

At the same time as solving to meditation, you must improve the person.

It is not good to just solve the suffering and suffering. At the same time as solving it, we must improve that person. In addition, there are also cases where it is solved by improving. This is the correct meditation.

So the real meditation starts with “solving the problem we are suffering now”.

Meditation transcends from all beings, as Gothamah Buddha reaches every step, but it only handles and solves the reality freely before transcending and unfolding

Must have the power of Without having that power, it was transcendental or liberation, which is only a kind of “fleeing”. The meditation method with that power is the greed world determination and the “second stage” meditation.

But what you should not be wrong here is that having this power does not mean that you just let go of your desires. By having this power, there are times when one’s desire is realized as it is, and being stupid of stupid ambitions and desires, suddenly I realize that I am suffering from mischief, and a person who has awakened from a dream It may be as well.

Either way, isn’t it wonderful?

Yoga as an origin of meditation

Meditation has been practiced for a very long time in India. It’s Indian ethnic

It can be said that it was with the history of

The literature on meditation can be seen as far back as the era of Vedic, Upanishad (BCE-2001 BC). From that time on, meditation had already been regarded as a practice of compulsory monks as a way of practice specific to India.

It was called a yoga or a samurai or a wolf.

In Japan, in general, yoga seems to be considered as a kind of gymnastics, but it was originally meditation in nature, and gymnastics was the physical adjustment method that helps meditation. .

As I mentioned earlier, Buddha was also trained in yoga meditation according to the rule of the religious at that time, but I was not satisfied with that, and I was not able to proceed with Buddha’s unique

The meditation has been completed. Here we will briefly describe traditional yoga meditation.

Mental restraint in yoga

According to Beki’s book “Yogasutra”, which is also the scriptures of yoga practitioners, it divides the psychological process of mental concentration in meditation into four stages.

Perception, concentration, calmness, and misery.

Of these, the three stages of enthusiasm, serenity and enthusiasm are collectively referred to as “restraint,” but of course, on the actual training, one of these three stages is independent. It does not go on, it goes on continuously.

By the way, what is yoga is, “Yogasutra” is defined as follows. “Yoga is about suppressing the work of the mind.”

“Gataraupanishad”, which is older than “Yogasutra”, states that “Yoga is to immobilize five sensory organs.”

In other words, it is a yoga that firmly restrains the involuntary movement that is the body of the mind by some mental concentration method. And train it

The way to go is yoga law.

Expressing this in a modern and easy-to-understand manner, it is possible to try to find out the true form of self by suppressing the movement of consciousness in our daily life.

It is a yoga, and there is a way of practicing to seek for it.

In Yogar Sutra, the psychological process of controlling the work of the mind by the mental concentration method of meditation is described in detail analytically. And this

Psychological yoga centered on meditation is what is called large ayoga. And the psychological process which deepens to this mental concentration is a sense of

It is divided into concentration, quietness, and enthusiasm

瞑想に解決すると同時に、その ひとを向上させるのでなければならない。

 

ただ苦しみ悩みを解決させるだけではダメなのである。解決すると同時に、そのひとを向上させるのでなければならない。また、向上することによって解決するという場合もある。これが、正しい瞑想なのである。

 だから、本当の瞑想は、「いま苦しんでいる問題の解決」からはじまるのである。

 瞑想はゴータマーブッダがさいごに到達されたように、すべての存在から超越し解脱するのであるが、超越・解脱する前に、現実を自由自在に処理し解決するだけ

の力を持たねばならない。その力を持たずして、超越とか解脱とかいったって、それは一種の「逃避」に過ぎない。その力を持つ瞑想法が「欲界定」と「第二の段階」の瞑想なのだ。

 が、ここでまちがってはならないのは、この力を持つことが、ただたんに自分の欲望を思うままにとげるということではないということである。この力を持つことによって、自分の望むことがその通り実現されることもあるし、バカげた野望・欲望のとりこになって、いたずらに苦しんでいるおろかさに突然気がつき、夢からさめたひとのようになる場合もある。

どちらにしても、すばらしいことではないか。

 

瞑想の原点としてのヨーガ

 瞑想は、インドにおいて非常に古くからおこなわれていた。それは、インド民族

の歴史とともにあったといってよい。

 瞑想に関する文献は、ヴェーダ、ウパニシャッドの時代(紀元前一〇〇〇年~六〇〇年)にまでさかのげって、目にすることができる。そのころから、すでに、瞑想は、インド特有の身心修練の道として、修道者必修の行法とされていたのである。

 それは、ヨーガあるいは三昧あるいは禅とよばれた。

 日本では、ヨーガというと、一般には、体操の一種のように思われているようであるが、それは元来、瞑想を主とするもので、体操は瞑想を助ける肉体の調整法だつたのである。

 さきに述べたように、ブッダもまた当時の修道者のならわしにしたがってヨーガの瞑想を修行せられたが、それには満足できず、さらにすすんでブッダ独特の(智

慧の)瞑想を完成れたのである。ここでは、伝統的なヨーガの瞑想について、かんたんに述べよう。

ヨーガにおける心の綜制

 ヨーガ修行者の聖典ともいうベキゝ『ヨーガースートラ』によると、瞑想における精神集中への心理的過程を、四つの段階に分けている。

 割感・凝念・静慮・三昧である。

 このなかで、凝念・静慮・三昧の三つの段階を一括して、「綜制」といっているが、もちろん、実際の修練の上では、以上の三つの段階の一つゴつが独立しているのではなくて、連続的に進行するわけである。

  ところで、いったいヨーガとはなにかというと、『ヨーガースートラ』はつぎの・ように定義している。「ヨーガとは心のはたらきを抑滅することである」。

  また『ヨーガースートラ』より古い文献である『ガターウパニシャッド』では、「ヨーガとは五つの知覚器官を不動に執特することである」と述べている。

 つまり、何らかの精神集中法によって、心の本体であるとりとめもない動きを、しっかりと抑制することがヨーガであるのです。そして、それを修練して

いく方法がヨーガ行法なのであります。

 これを現代的に分り易く表現すれば、我々の日常生活における意識の動きを抑制していくことによって、自己本来の姿を見つけ出していこうとすることが

ヨーガであり、それを求めて修練していく方法がヨーガ行法なのであります。

『ヨーガースートラ』の中では、瞑想という精神集中法によって心の働きを制していく心理的過程が、詳細に分析的に述べられています。そして、このよ

うに瞑想を中心とした心理的なヨーガが、ラージアーヨーガとよばれるものなのです。そして、この精神集中へ深まっていく心理的過程が、段階的に制感・

凝念・静慮・三昧と分けられているのであります