Stabilize your body and improve your brain Merpura Chakra Meditation Method 身心を安定させ、脳をよくする    マ一プーラーチャクラ瞑想法

EPSON MFP image

 

 

身心を安定させ、脳をよくする

  一プーラーチャクラ瞑想法

先ず、結珈銃座(または半珈鉄座、どうしてもできない人は椅子に掛けてもよ

い)

次 長出入息呼吸法(約三分~五分)’

次 長出息呼吸法(約三分~五分)

次 観想

 

導師からいただいたクンダリニー・パールを、口の中にふくみなさい。

ロにふくんだパールを、「敏交」という部位に置きなさい。(図7参照)

 

次 長出息呼吸法から反式呼吸法へ

次 敵交へ置いたパールを、舌の下へ移しなさい。

 

次 舌の下から、チャクラ生気ルートに入れなさい。

  チャクラ生気ルートは、直径一センチほどの気管(プラーナ管)である。や

 や細めの柔軟なストローと思えばよい。自然のままではふさがっているが、

 習練によって生気の通ずる気道がひらく。血のように鮮やかな赤色である。

次 長出息法の呼吸に乗せて、パールを、しだいに下方へ移動させなさい。

  「承漿」から「腹中」、「腹中」から「神閥」(ヘソのこと)、「神閥」から「気

 海」「関元」まで、徐々に移動させなさい。

 長出息法を約一〇回~一五回位で、関元に到達させなさい。

次 関元で、約五~一〇回、長出息法。(回数自由)

  この時、パールは、約三倍の大きさに膨脹し、しだいに光を放ち、輝きは

じめる。

次 反式呼吸法

  パールはしだいに、輝きをおさ

 め、大きさも、原状に復する。

次 反式呼吸法に乗って、パールは、

 しだいに上昇しはじめる。

  約一〇~一五回で、もとの敵交に

 もどる。

次 長出入息呼吸法

   一〇回、呼吸をおさめながら舌の

 先でパールを転がしながら、敞父の

 

 考えてみたまえ。

 生きていることほど、すばらしいことはないではないか。

 生きていることに感謝し、生きていることによろこびをもって、立ちあがろう。

 明日は金銭で買うことはできぬ。

 生きてさえいれば、どんなことでも可能になる。ピンチをチャンスに変えるの

だ。

 よろこびをもって今日を送り、よろこびをもって明日を迎えよう。

 ここに、心がよろこびにあふれる瞑想法がある。

 あなたの人生は、いつもバラ色だ!

人生がこの上なく楽しくなる

   ジョイフルーアージュニャー瞑想法

 先ず、結珈践座(または半珈銃座)

次 長出大息呼吸法(約二分)

次 長出息呼吸法(約五分)

次 観想

敵交に納めておいた魔法のクンダリニー・パールを、舌先で取り出し、舌の下に

置きなさい。

次 反式呼吸法

 この呼吸法とともに、パールを、チャクラープラーナールートに入れなさい。

次 反式呼吸法に乗せて、パールをしだいに下方へ移動させなさい。約五回くら

 

 いの呼吸で、関元のマニプーラーチャクラに到達させなさい。

 

次 関元で、パールは二倍くらいに膨脹し、しだいに光を放ち、輝きはじめる。

 (呼吸法五回くらい)

 

次 パールは元の形状にもどる。(反式呼吸法つづく)

 

次 パールは原状にもどり、プラーナールートを上昇する。

 

次 パールは銀交に到達するが、依然、上昇をつづける。

 

次 「兌端」「氷溝」「素膠」「神庭」と、チャクラープラーナールートを上昇する。

 

次「前頂」と「百会」の中間から、パールは、脳の中心に向かって進入してゆ

  くo

次 パールは、中脳の「下垂体」に到達し、アージュニャー・チャクラに止ま

  る。

次 この時、パールは約二倍の大きさに膨脹し、しだいに光を放ち、輝きはじめ

 る。

  輝きとともに、下垂体前葉ホルモン、脳内モルヒネ物質エンドルフィンの分

 泌がつよくなる。(呼吸法の回数随意)

 

次 パールはしだいに輝きをお~め、大きさも原状に復する。

 

次 呼吸法に乗って、パールはしだいに上昇し、チャクラープラーナールートに

 入って、下降し、もとの敵交にもどる。

 

次 長出入息呼吸法

  呼吸法一〇回くらいで、呼吸を元にもどし、パールを舌の先で転がし、敞交

 の中に納めてしまう。

脳の中のモルヒネ

 脳の中に、モルヒネに似た物質が分泌される。

 モルヒネは、アヘンの主な有効成分で、そのアヘンはケシの実から抽出されたも

のである。

 このケシの実からの抽出物は、数千年にわたり、痛みをやわらげ、強烈な快感を

得るために使われてきた。痛みも快感も、人間を行動にかりたてるつよい力を持っ

ている。

 とすれば、痛みを鎮めるとともに非常な快感を生かというこの物質が、古代から

中国のアヘッ戦争を経て、現代のヘロイン中毒まで、人間の歴史の中で大きな役わ

りを果たしてきたとしても、さして驚くに値しないであろう。

 だが、これとおなじ物質が、人間の脳の中につくり出~れるということを知った

ら、だれでももっと驚くのではないだろうか。

 一丸七五年、スコットランドのアバディーン大学のジョンーヒューズと、ハン

スーコステリッツが、はじめてこの物質を発見した。かれらは、ブタの脳からモル

ヒネとおなじ作用をする物質の抽出に成功した。その方法は、すこぶる複雑で、大

量の脳が必要なため、二人は、スコットランドの屠殺場から二千頭以上のブタの脳

を寄付してもらい、そこから少量の物質を抽出した。かれらは、この物質に「頭の

中」という意味の、エンケファリンという名をつけた。(エンケファリンは、ペプ

チド、つまりアミノ酸で、タンパク質である)

 そののち、エンケファリンよりも重要なはたらきをするエンドルフィンが発見さ

れに息。これもモルヒネに似た物質である。

 

 

 どうしてわれわれの脳の中に、モルヒネに似た物質がつくられるのであろうか。

 動物を使った研究では、ストレスが生じるとき、主として間脳底にある内分泌腺

の下垂体から、この物質が放出されて、血流の中に入りこむことが明らかにされた

のである。

 これは、ストレスによる苦痛に対抗するためと解釈されている。研究では、出産

時、陣痛が近づくと、母体の血液中のエンドルフィン濃度が急に高まり、お産の最

中には、親も子も正常のI〇倍もの値を示すという。これは、母親のからだが現在

経験している痛みやストレスから、自分の子どもを守ろうとしていることのあらわ

れなのである。

 エンドルフィンは、痛みをやわらげるだけではなく、快感やよろこびをあたえる

作用もする。

 長距離のジョギングとか、スカイダイビング、登山といったハードなスポーツ

に、この物質を放出させて、麻薬的効果をあらわすものと思われている。

 よくある例として、熱心なジョッガーたちが経験する「昂揚した」気分、という

のがある。

  一定のリズムで長距離をジョギングすると、。つよい喜びの感情”。多幸感”が生

まれてくる、とかれらは報告している。モルヒネ効果である。ジョギングなどが病

みつきになるのはこのためだろうと、考えられている。

 このことは、これまでの価値観の歴史を大きくゆるがす出来事であった。

 というのは、これまで、人間が行動するのは、現実的になんらかの報酬を得るた

めだと考えられていた。

 脳の中に、報酬系とよばれる領域があり、それは、視床下部にある内側前脳来と

いうあたりで、その辺に報酬系回路があるとされる。

 われわれがなにか行動をするのは、この報酬系回路がはたらくからだと考えられ

たのである。

 また、それは、行動や思考の学習にも大きくかかわってくるであろうことが当

八一、廿えられた。行動が学習されるのは、その行動にともなって、報酬系が作動す

ろからである。

 

 報酬系は、前頭葉にもひろがり、それが視床下部を通過し、間脳、そして延髄に

までおよぶ神経回路があるとみなされている。

 この回路を動かす神経ホルモンは、カテコールアミン、特にノルアドレナリンと

ドーパミンであるといわれている。

 さらに、ノルアドレナリンよりもドーパミンのほうが、この報酬系につながりが

深いというようにいわれている。そこへ、この報酬系を強めるものとして、モルヒ

ネ類似物質のエンドルフィン、エンケファリンなどが発見されたのである。そこ

で、これらの物質と、報酬系との関係が追求されはじめた。

 危険なヒマラヤの高山に登ったり、北極圏を渡渉したりする、というような行動

の報酬はいったいなんであろうか? 何十キロメートルの距離を、あえぎながら走

るマラソンの報酬はなにか?

 お金や名声が得られるからであろうか?

 たしかにそれもあるであろうが、しかし、それだけでこのような危険にチャレン

ジするとは思えない。

脳と心の革命瞑想-198

 ましてや、お金や名声など得られるとは思えないような場合でも、かれらは高い

山に登り、深い海にもぐる。あるいはまた、深山幽谷にひとり座して、生命をかえ

りみず真理を追う。

 これらの報酬はなになのか?

 いままでの心理学者の説明では、どうしても行きづまってしまうのである。外か

らの報酬(刺激)があってはじめてその行動がなされるのだという説明では、なっ

とくできなくなる。

 これらの場合、いったいなにが報酬なのか?

 その答は、つまり、自己刺激による報酬系が存在するということなのだ。内なる

報酬系が存在するのである。

 では、その報酬はなにか?

 それは、

 人類は、これまで、外からの報酬を求めて行動する生物とみられていた。そうで

はなかったのである。人類とは、内なる衝動に動かされて、心の満足感を求めて進

歩する生物だったのである。

 内なる衝動とはなんだろう? 理念・理想・ユメ、といってもいいだろう。

 わたくしが教えるジョイフル瞑想法は、アージュニャー・チャクラの脳下垂体前

葉を刺激して、エンドルフィンを分泌させる。

 しかし、脳下垂体のアージュニャー・チャクラだけではなく、マニプーラーチャ

クラと連結させておこなうのが特長である。それについて説明しよう。

この瞑加法のポイント

   ノ灯らせることが大切”

 

 だいたい、クンダリニー・ヨーガは、一ヵ所のチャクラだけを用いることは稀な

 

 

 ごく熟達した修行者は、必要なチャクラーカ所に意念を集中することがあるが、

脳と心の革命瞑想-200

ふつうは、複数のチャクラをあわせ用いる。つまり、釈尊のいう。行らせる”ので

ある。これは非常にすぐれた方法であると思われる。

 たとえば、春山茂雄氏は、大ベストセラー『脳内革命』で、つぎのようにのべて

おられる。

 たとえば何か外から受けた刺激に対して、「いやだな」と思うか、あるいは

「いいな」と思うかは、たんに抽象的な思考レベルのことですから、なんの負

担もともなわないことと思いがちです。人はよく「ただ思っただけだからいい

じゃないか」といった言い方をしますが、これは思うことがなんの負担もな

く、自由自在にいくらでもできることだという気持ちがあるからでしょう。

 ところが脳内では、その思いはすべて物質化され、化学反応となって何かを

引~起こしているのです。思うことにも子不ルギーが必要です。ふだん私たち

~~Xべことを昔えないで生きていますが、たとえば学習という行為のために

 「いやだな」と思うのも「いいな」と思うのも、基本的には学習と同じで、必

ず子不ルギー消費がともないます。エネルギーを使うときに脳内でどういう現

象が起きているかというと、POMCというタンパク質が分解するのです。

「いやだな」と思ったときと「いいな」と思ったときでは、このタンパク質の

分解の仕方が違うのですが、このことがたいへん重要な意味をもっているので

す。

 ストレスが加わっても前向きにとらえて「これも試練だ、いいじゃないか」

と思ったときは、タンパク質が分解して副腎皮質ホルモンというものになりま

す。このホルモンは身体的ストレスの緩和剤としてはたらきます。もう一つ

は、β-エンドルフィンになります。β-エンドルフィンは精神的ストレスの

解消にはたらきます。

 不思議なことに「いいな」と思ったときは、精神的なストレス緩和に役立つ

β-エンドルフィンが出てくることがわかっています。逆に「いやだな」と思

ったときには、β-エンドルフィンも副腎皮質ホルモンも出てきません。他の

脳と心の革命瞑想 202

物質になってしまうのです。

 それがノルアドレナリンやアドレナリンということですが、この物質じたい

が毒性であるうえ、さらに強い毒である活性酸素を発生~せます。つまり、ど

んな刺激に対してでも、マイナス発想をすれば、よいことは一つもないので

す。

 そこで考えられることは、脳下垂体を刺激して、エンドルフィンを分泌し、よろ

こびを味わっているだけでは、モルヒネを注射して、苦痛をのがれているのとおな

じことになりかねない。

 よろこびの裏付けとなるものがなければならない。それが、マニプーラーチャク

″との併用である。

で示す通り、太陽神経叢・副腎・卵綴・牌

臓・

 つまりI-ヘエンドルフィンを分泌させる身体的条件を、このチャクラがつくり

出すわけである。

 春山氏の表現を借りると、

了一プーラーチャクラ  身体的ストレスの緩和剤(副腎皮質ホルモン)

アージュニャー・チャクラー精神的ストレスの解消(エンドルフィンーホル

モン)

ということになろう。

 いくら、心の中で「いいな」と思おうと思っても、ストレスが強ければ、それが

できない。

 この瞑想法は、そういう不安定なフ心」を、「いいな」と思わせてしまう肉体的

条件づくりをする、ということなのである。

 わたくしは、このホルモンを、「ジョイフルーホルモン」と名づけた。このホル

モンを使って行なう、ジョイフル瞑想法は、ゆたかな情念と、よろこびにみちた至

福の境地の中で、より高度の満足感(理想)を求めて進む瞑想なのである。

イジメなどすべてはねかえしてしまう

 

Stabilize your body and improve your brain
Merpura Chakra Meditation Method
First of all, the ligature turret (or the semi-iron plate)
I)
Next long breathing breathing method (about 3 to 5 minutes)
Next long breathing method (about 3 to 5 minutes)
Next thought

Put the Kundalini Pearl received from the guru in your mouth.
Place the pearls that are packed in the place called “Toshiko”. (See Figure 7)

Next From long-breathing breathing to counter-breathing
Next, move the pearl placed in the enemy relationship under the tongue.

Next, enter the chakra animation route under the tongue.
The chakra animation route is a trachea (Prana tube) about 1 cm in diameter. And
思 え Think of it as a thin, flexible straw. Although it is blocked by nature,
The airway that leads to vitality opens through training. The color is bright red like blood.
Next, move the pearl gradually down on the long breathing breath.
From “Chase” to “Abdomen”, from “Abdomen” to “Kamisu” (Hesos),
Move slowly to the sea and Sekimoto.
Approximate the long breathing method about 10 to 15 times to reach Sekimoto.
Next, at Sekimoto, about 5 to 10 times, long breathing method. (Free count)
At this time, the pearl expands to about three times the size, gradually emitting light,
Start.
Next Counter Respiratory Method
Pearls gradually become brighter
M, size will be restored to its original shape.
Next, on the anti-breathing method, Pearl
It will begin to rise gradually.
About 10 to 15 times
Return.
Next long breathing breathing method
Ten times, hold your breath and your tongue
While rolling the pearl first,

Think about it.
Isn’t it as wonderful as being alive?
“Thank you for being alive and stand up with the joy of being alive.
You can’t buy it to money tomorrow.
As long as you live, you can do anything. Turn a pinch into an opportunity
It is.
Send today with joy and greet tomorrow with joy.
Here is a meditation method that is full of joy.
Your life is always rosy!
Life becomes more fun
Joyful Arjuna Meditation Method
First of all, the Kyushu practice seat (or the half spear gun seat)
Next long breath breathing method (about two minutes)
Next long breathing method (about 5 minutes)
Next thought
Take out the magical kundalini pearl from the tongue and put it under the tongue.
Put it down.
Next Counter Respiratory Method
Include pearls in the Chakra Planer route along with this breathing method.
Next, move the pearl gradually down on the anti-breathing method. About five times

Let’s get to Sekimoto’s Manipula Chakra by breathing.

Next, at Sekimoto, the pearl expands about twice, and gradually begins to shine and begin to shine.
(Respiratory method about 5 times)

Next Pearl returns to its original shape. (Continuous respiration method)

Next, the pearl returns to its original shape and rises along the planar route.

Next, Pearl will reach Ginko, but will continue to rise.

Next, ascend the Chakra Planer route to “Minata”, “Ice Groove”, “Joint”, “Kanba”

Next, from the middle of “Previous” and “Hyakukai”, Pearl moves toward the center of the brain.
Kuo
Next Pearl reaches the “pituitary gland” of the midbrain and stops at Ajnya Chakra.
Ru.
Next, at this time, the pearl expands to about twice the size, gradually emitting light and starting to shine
Ru
¡Along with shine, anterior pituitary hormone, brain morphine substance endorphin
Enhances performance. (Optional number of breathing methods)

Next, the pearl will gradually shine and return to its original size.

Next, riding on the breathing method, Pearl gradually rises and goes to the Chakra Planer Route
Enter, descend and return to the original friendship.

Next long breathing breathing method
Approx. 10 breathing methods, restore breathing, roll pearl at the tip of tongue, and compassion
It will fit in.
Morphine in the brain
A substance similar to morphine is secreted in the brain.
Morphine is the main active ingredient of opium, which is extracted from poppy seeds
It is.
This extract from poppy seeds has relieved pain for thousands of years and has an intense pleasure
Has been used to gain. Both pain and pleasure have powerful powers that make people act
ing.
If this is the case, this substance has been used since ancient times to relieve pain and make a great sense of pleasure.
From China’s Ahet War to modern heroin addiction, it plays a major role in human history
Even if it has been fulfilled, it will not be surprising.
However, I learned that the same substance can be created in the human brain.
I wonder if anyone will be more surprised.
175-year-old John Hughes of Aberdeen University in Scotland and Han
Sukosteritz discovered this material for the first time. They are moles from the pig brain
Succeeded in extracting substances that have the same effect as chicks. The method is very complicated and large
Because they need a lot of brain, they have more than 2,000 pig brains from a Scottish slaughterhouse
A small amount of material was extracted from it. They say that this substance
The name is Enkephalin, meaning “medium”. (Enkephalin, pep
Chido, an amino acid, a protein)
After that, endorphins that play a more important role than Enkephalin were discovered.
Breath into it. This is also a substance similar to morphine.

Why are morphine-like substances made in our brains?
In research using animals, when stress occurs, endocrine glands located mainly in the midbrain
It has been shown that this substance is released from the pituitary gland and enters the bloodstream.
It is.
This is interpreted to counter the pain of stress. Research, childbirth
As labor pain approaches, the concentration of endorphins in the mother’s blood suddenly increases,
Some say that both parents and children show a value that is 10 times higher than normal. This is my mother’s body
An indication that you are trying to protect your child from the pain and stress you are experiencing
That’s it.
Endorphins not only relieve pain, but also give pleasure and joy
It also works.
Hard sports such as long-distance jogging, skydiving and mountain climbing
In addition, it is thought that this substance is released and exhibits a narcotic effect.
As a common example, the feeling of “raised” experienced by enthusiastic joggers
There is.
When jogging over long distances with a constant rhythm. A feeling of joy and happiness
They are reported to be rare. It is a morphine effect. Jogging is a disease
It is thought that this is the reason for this.
This was an event that greatly relaxed the history of values ​​so far.
Because, until now, humans can actually get some reward for acting
It was thought to be a problem.
In the brain, there is a region called the reward system, which comes from the inner forebrain in the hypothalamus
It is said that there is a reward circuit around that.
It is thought that it is because this reward system circuit works that we do something
It was.
Also, it will be greatly related to learning of behavior and thought.
I was praised. The behavior is learned because the reward system is activated along with the behavior.
From the bottom.

The reward system also spreads to the frontal lobe, which passes through the hypothalamus, into the diencephalon, and into the medulla
It is considered that there is a neural circuit that extends to
The neurohormones that drive this circuit are catecholamines, especially noradrenaline.
It is said to be dopamine.
Furthermore, dopamine is more connected to this reward system than noradrenaline.
It is said to be deep. As a means to strengthen this reward system, Morhi
Ne-like substances such as endorphins and enkephalins were discovered. There
The relationship between these substances and the reward system has begun to be pursued.
行動 Actions such as climbing dangerous Himalayan alpine mountains or crossing the Arctic Circle
What are the rewards for this?走 Running across the dozens of kilometers
What are the rewards for the marathon?
Is it because you can get money and fame?
Surely there will be, but that alone is such a danger
I don’t think so.
Brain and Heart Revolution Meditation-198
Well, even if you don’t think you can get money or fame, they are expensive
Climb the mountain and go deep into the sea. Or you can sit alone in the Yuzan Valley and change your life.
Follow the truth.
What are these rewards?
In the explanation of psychologists so far, it is unavoidable. Outside
In the explanation that the action is only taken when there is a reward (stimulus)
It will not be possible.
In these cases, what is the reward?
The answer is that there is a reward system based on self-stimulation. Inside
There is a reward system.
So what are the rewards?
that is,
Until now, human beings have been seen as living creatures seeking action from outside. Yes
There was no. Mankind is driven by inner urges and seeks heart satisfaction
It was a living creature.
What is the inner impulse? Philosophy / ideal / dream.
The joyful meditation technique I teach is in front of the pituitary gland of Ajnya Chakra.
Stimulate leaves to secrete endorphins.
However, not only the pituitary Ajnya Chakra, but also Manipuracha
The feature is that it is connected to the club. Let me explain it.
The point of this meditation
It ’s important to light up ”

In general, Kundalini Yoga rarely uses only one chakra.

Exceptionally skilled practitioners may focus their minds on the necessary Chakraka places,
Brain and Mind Revolution Meditation-200
Usually, multiple chakras are used together. In other words, Sakyamuni. So let’s go
is there. This seems to be a very good method.
For example, Mr. Shigeo Haruyama gave the following best-selling “Brain Revolution”
You are.
For example, do you think it is “no” for any external stimulus, or
What you think is “good” is just an abstract thinking level, so what negative
I tend to think that there is no responsibility. People often say “just because I thought
I don’t think it’s a burden.
It is because there is a feeling that it can be done as much as you want.
However, in the brain, all those thoughts are materialized and become chemical reactions.
It is awakening. You also need a child’s energy to think. Usually we
~~ X I have lived without a long time ago, but for the act of learning, for example
思 う Thinking “no” or “no” is basically the same as learning.
There is a lot of unreasonable consumption. What happens in the brain when using energy
The protein called POMC breaks down when an elephant is awake.
When you think “no” or “no”
The way of disassembly is different, but this has a very important meaning.
The
っ て も Even if stress is applied, catch it positively, “This is also a test, is n’t it good?”
When you think that, protein breaks down to become corticosteroids
The This hormone acts as a physical stress relieving agent. one more
Becomes β-endorphin. β-endorphin is a psychological stress
It works to solve it.
Wonderingly, if you think it is “good”, it helps to relieve mental stress
I know that β-endorphin comes out. On the other hand, I thought “No.
Β-Endle

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*