What is the guardian Buddha?   守護仏とはどういう仏か?   

守護仏とはどういう仏か?

1三重の釈迦

シャカ。これは生身のシャカである。

 つまり、

  第一重………ンヤカの教法

  第二重……生身のシャガの本体六い114 9

  第三重……生身のシャカ

 とこうなるのである。

 第三重の生身のシャカはすでにおなくなりになって、仏界におかえりになってしま

っている。そこで、第二重の、生身のシャカの本体である御遺骨・御遺身をもって、

生身の釈迦如来とするのである。

 もっとも、密教が、御遺骨(仏舎利という)をもって生身のシャカの本体として、

釈迦院にまつったのは、べつに、密教の独断でもなければ、独創でもないのである。

 仏教の発祥地インドにおいて、それは仏教の本流だったのである。

 シャカのおなくなりになったあと、インドの仏教徒は、シャカの舎利をストゥーパ

 (塔)におまつりし、シャカそのものとして礼拝供1 した。ところが、奇蹟的な霊験

功徳があいついだので、急速に全土にひろがり、ついに仏教信仰の本流となったので

ある。

 これは、考えてみれば当然のことで、シャカなきあと、仏教を信仰するとしたら、

シャカの残した教法(阿合経)と、シャカ仏本尊として御遺骨をおまつりするしかな

いわけである。

 しかし、そういう理くつ以上に、なによりも、仏舎利をおまつりして信仰すると、

奇蹟的な霊験功徳が得られるという事実が、インド全土に仏舎利信仰のひろがった理

由であろう。

 密教は、この事実を、マンダラに図像化したわけで、それは、密教が、仏舎利信仰

をこういうかたちでマッダラにとり入れなければならなかったほど、当時、仏舎利信

仰が盛んだったということであろう。

 お経や論書にも、仏舎利の霊験功徳が、おびただしくしるされている。そのいずれ

においても、仏舎利は、「生ける仏陀L「生きている釈尊Lとして尊崇されているので

ある。それは理くつを越えたもので、例えば、かずあるお経のなかには、そのお経の

説いている教義と関係なく、突然、仏舎利の霊験功徳が飛び出してきたりする。思う

に‘、これは、その霊験功徳の偉大さに感激して思わずそういうかたちでほとばしり出

たものとみてよいのではなかろうか。

 経論のほかに、奇蹟的な体験談もかず多く残されている。それを集めたら、それだ

けで大部の書物ができあがるほどである。

 それらのなかから、代表的なお経をI、二のせてみよう。

『宝悉地成仏陀羅尼経』唐・不空訳(抄)

 その時仏は、金剛手、虚空蔵等の大菩薩に、つぎのようにおっしゃった。

 「あらゆる人々と如来とは、ともに法において平等に法身である。ところが多く

の衆生は妄執にとらわれて、相依相関に依る縁起の世界を、実存の世界と誤り考

えてしまう。そのために、常に、地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人・天の六趣のい

ずれかの、貧しく賤しい家に生まれ、法に親しむ善き友には近づかず、真理を説

く智慧ある人には親しまず、悪い行いを犯して迷いの世界に漂流し、さとりを得

られず、永遠に迷いの世界を脱することができないのである。

 私はこれらの人々をさとりに至らせるために、大宝陀羅尼を説こうと思う。

     一ほっしんだとにょいほうじゅかんろやくぉうこんごうしょうじんじょうじゅうしんにょほうぉうだいいん

 これを、法身駄都如意宝珠甘露薬王金剛精進常住真如宝王大印という。

 末法のこの世界の人々が、仏舎利の一粒を手に入れて信仰し奉持するならば、

その人こそ本当の仏の弟子である。なぜならば、この舎利は法身釈迦牟尼如来の

常住不変の本体だからである。

そのようにして仏舎利を奉持し信仰してこの大宝陀羅尼を一心に唱えれば、大

を得て、すべてに巧みなる菩薩となることができるであろう。

 また、人が、この真言をとなえ、仏性を求めて仏舎利を礼拝すれば、婬戒・盗

戒・殺人戒・大妄語戒を破る四重罪と、五逆罪、仏法を誹膀した越三昧耶の罪な

ど、あらゆる重罪はことごとく消滅し、よき望みごとがすべて達成されるであろ

 貧乏や病気に苦しみ、あるいはさまざまな不運不幸に見舞われて、地獄のよう

な絶望の世界をさまよう者は、前世における悪い行為を懺悔し、仏・法・僧の三

宝に帰依し、仏舎利を敬い信じ、究極のさとりである宝珠舎利に帰命せよ。すな

わち、力の限り壇上を荘厳し、仏舎利を奉安して香花を供えるのである。前生の

罪は消滅し、地獄の苦しみを脱して、天上の世界に住む功徳を得ることができる

であろう。まして、法によって印を結び、この真言をとなえて、仏の偉大なる徳

と力を思って念ずれば、心の中に常に如来の大いなる不思議な力が生じて、あら

ゆるさとりが完成すること、いうまでもないことである。

 僧侶も、在家の信者も、末法になって正しい法が得られぬようになったとき、

法にしたがって塔を造作せよ。その大きさの大小は、その人の力に順ってつく

ればよい。その塔に仏舎利を安置せよ。もし、徳がないために仏舎利が得られな

い者は、金・銀・銅・鉄・摩尼・海宝・牛王・鹿王・真珠・璃瑠・霊石・奇本の

いずれかを。

芥子粒くらいの大きさにして代用せよ。それを駄都というのであ

 それを、塔か宝の饉に安置せよ。その数は最高で六粒か七粒、最少で一粒とす

る。心から礼拝供養すれば、七宝があたかも大雨のごとく降るであろう。同時に、

四種の大法、三種のさとりが得られるであろう。

 善男子らよ。つぎのように知るべし。

 如来の舎利は無上のもので、世間にはめったにないものである。多くの菩薩と

いえども稀れにしか出合うことがない。まして世間の凡夫のたぐいはいうまでも

ない。

 この如来の舎利は、虚空(のごとく無限)の宝であり、真性の如意宝珠であ

り、秘密不可思議の力を持つものである。あらゆる荘厳の宝、如意憧幡、摩尼瑠

堵、珠簾玉床、真珠天蓋、七宝屏風、衆縁臥具等これらの最勝の珍宝といわれ

る妙なる物も、仏舎利の前では無価値である。

 僧侶も在家の信者も、仏舎利の一粒でも手に入れて、常に敬い、常に携帯すれ

ば、この人の行くところは、ことごとく金剛界曼荼羅となる。また、親しく近づ

くあらゆるものは、みな、自性・受用・変化・等流の四種法身の本体となる。

 さらには、男性も女性も、牛・馬・犬、猫等の畜生にいたるまで、ことごとく

 もしも仏舎利を得たら、その浄稼を論ぜず、そのまま一心に礼拝供養せよ。そ

して心の底から仏の徳を念じてやまなければ、その身そのままに仏の清浄心を得

て、金剛頂に住するであろう。この人を、仏身を持する者、金剛(のさとり)を

持するもの、宝法を持する者というのである。すなわちこの人こそ大菩薩摩詞薩

なのである。

『大般涅槃経』後分 唐・若那践陀羅訳

 天界に住む神々と、僧侶、在家の仏教徒は、仏舎利を得たら七つの宝でできて

いる瓶に盛り、これを都城の内なる道地において、七宝でできている塔を建立し

て仏舎利を供養するならば、生きとし生ける一切衆生に大いなる功徳をもたら

し、三界に生存する三有の苦しみを離脱し、涅槃の安楽にいたらせるであろう。

 仏舎利を供養するということは、まさに生ける仏を供養することなのである。

以上のこれらの経論と、わたくし自身の得たる霊験奇蹟により、わたくしは、仏舎

利を、守護仏とおよびするのである。守護仏とは、仏舎利のことなのである。

 それは当然のことで、仏教の始祖たる仏陀シャカこそ、すべての仏教徒の一心の祈

りにこたえて、救いの手をさしのべてくださる守護仏なのである。

What is the guardian Buddha?

1 Triple Buddha

Shaka. This is a live shaka.
That is,
Primarily … Nyaka’s teaching method
2nd Duplex: Raw Shaga’s body 6-9 9
3rd Mie: Live Shaka
This is what happens.
The 3rd Miku Shaka has already disappeared and returned to the Buddhist world.
ing. Therefore, with the remains and the remains of the second double, the raw Shaka,
It is assumed to be a living Buddha.
However, esoteric Buddhism has the remains (called Buddhist priest) as the main body of Shaka,
It was neither Buddhism nor originality that led to Shaka-in.
In India, the birthplace of Buddhism, it was the mainstream of Buddhism.
After the disappearance of Shaka, Indian Buddhists stupa the Shaka
The festival was held at the (tower) and worshiped as Shaka itself. However, a miracle spiritual experience
Since the merit was uncertain, it spread rapidly throughout the country and finally became the mainstream of Buddhist faith
is there.
This is natural if you think about it. If you believe in Buddhism without shaka,
Shaka’s left teachings (Ai Kei) and Shaka Buddha’s Buddhist monuments must be held
That’s why.
However, more than that reason, above all, if you worship the Buddhist temple,
The fact that miraculous spiritual merit can be obtained is the reason why the Buddhist faith was spread throughout India.
It may be because.
Esoteric Buddhism has imaged this fact as a mandala.
At that time, Toshinori Buddha was so much that had to be taken into Maddara in this way
It may be that he was prosperous.
In the sutras and papers, the spiritual merit of the Buddhist priests is abundant. One of them
In Buddhist temples, “Living Buddha L” is revered as a living Buddha L
is there. It is beyond reason, for example, in a certain sutra,
Regardless of the doctrine being preached, suddenly, the spiritual merit of Buddhist priests pops out. think
I’m impressed by the greatness of the spiritual merit, and that’s why
Isn’t it good to see it?
Aside from the theory, there are many strange experiences. If you collect it, that’s it
A large amount of books are completed.
[Let’s take a typical story from those I and Nino.
“Treasure Buddha Buddha Buddha Buddha” Tang, Non-empty translation
At that time, the Buddha said to the great lords of Kongose ​​and Kakuzo as follows.
“All people and Yorai are both legally equal in law.
The people of the world are trapped in paranoia and consider the auspicious world based on interrelations as a real world.
I will. To that end, there are always six hells of hell, demons, brute, Ashura, people, and heaven.
Born in a poor, lonely house, approaching good friends who are familiar with the law, preaching the truth
I am not familiar with someone who is wisdom, drifting into a lost world by committing bad deeds, getting a satori
You can’t escape the lost world forever.
I would like to preach Daiho Manara in order to bring these people to the prey.
“ Housando and Hyojukan Ryokan ”
This is referred to as the Hodu Metropolitan Ruyi Hoju Kanro Yakuo Kongo Seishin Resident Shinjo Hoo Daisen.
If people in this world of Sueho get a grain of Buddhist beliefs and worship and serve,
That person is a true disciple of Buddha. Because this shawl is made up of
This is because it is a permanent home.
In this way, if you hold the Buddhist lord and worship and sing this Daiho Manara
And will be a clever trap for everything.
Also, if a person can obey this truth and worship a Buddhist temple in search of Buddha, patrol and theft
The four sins that break the commandments, the murder commandments, and the delirious words commandments, the five treason crimes, and the sins of Koshisanmai who broke Buddha law
But every felony will disappear and all good will be fulfilled.
Like hell, suffering from poverty, illness, or suffering from various misfortunes
Those who wander in the world of desperation confess bad acts in the previous life,

Rely on the treasure, respect and believe in the Buddha, and return to the ultimate sacred treasure. sand
In other words, as much as possible, the stage is majestic and the Buddhist temple is consecrated to offer incense flowers. Prenatal
Sin disappears, can get rid of the suffering of hell and gain the merit of living in the heavenly world
Will. Moreover, it is marked by the law, and this truth is relieved and the great virtue of Buddha
If you think in mind, there will always be a great strange power in your heart.
Needless to say, the looseness is completed.
When both the monk and the devotees at home became defeated and did not get the right law,
Build towers according to the law. The size depends on the person’s power
Just do it. Put a Buddhist temple on the tower. If you don’t have virtue,
The ones of gold, silver, bronze, iron, Maya, sea treasure, cow king, deer king, pearl, jade, ghost stone, and strange book
Either one.
Substitute the size of a coconut grain. Because it ’s a bad city
¡Place it on the tower or treasure chest. The maximum number is 6 or 7 and the minimum is 1
The If you worship from the heart, the cloisonne will fall as if it were a heavy rain. at the same time,
There will be four types of law and three types of satori.
Good boys. You should know as follows.
Narugi’s feast is unsurpassed and rarely seen in the world. With many kites
But I rarely encounter it. It goes without saying that the ordinary ordinary husband
Absent.
如 This Nariyari is a treasure of emptiness (infinite) and a true Ruyi Jewel
It has a mysterious power. Every majestic treasure
Samurai, pearl jade floor, pearl canopy, cloisonne folding screen, popular fixtures, etc.
Something strange is worthless in front of the stupa.
侶 Both monks and home believers can get a single Buddhist shrine, always respect and always carry it
For example, the place where this person goes is all about the Kongo world mandala. Also get closer
Everything is the main body of the four types of self-independence, acceptance, change and equal flow.
Furthermore, everything from men and women to livestock such as cattle, horses, dogs and cats

If you get a Buddhist stupid, don’t talk about purifying it, and worship it as it is. So
If you do not stop thinking about the Buddha’s virtue from the bottom of your heart, you will get the cleanliness of the Buddha as it is
Will live on top of Kongo. This person, a Buddha who is a god,
It is a person who possesses a treasure law. That is this person
That’s it.
The latter part of “Traditional Sutra” Translated by Tara and Wakana Shinju
Gods, priests, and resident Buddhists living in the heavens are made up of seven treasures
And build a tower made of cloisonne in the inner city of Miyakonojo.
If you cultivate Buddhist stupas, it brings great merit to all living beings
Then, he will withdraw from the suffering of the three who live in the third world, and bring them to the comfort of the samurai.
To provide a Buddhist stupa is to provide a living Buddha.
Based on the above theory and the spiritual miracle that I gained,
The interest is the guardian Buddha. The guardian buddha is a stupa.
It is natural that Shaka, the founder of Buddhism, is the prayer of all Buddhists.
It is a patron Buddha who answers the answer and offers a helping hand.

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*