「懺悔」の意味 The meaning of “confession”

キリスト教における「懺悔」の意味

お墓

読み方

キリスト教における「懺悔」は「ざんげ」と読み、仏教の場合と違っています。
現在では「懺悔」の一般的な読み方は「ざんげ」になっていますね。
これはキリスト教の影響が強いとされています。
意味は似ていても、宗教によって読み方が違う場合もあるのです。
この他に「礼拝(れいはい)」という言葉も一般化されていますが、元々は「らいはい」と読んだそうです。

懺悔の方法

キリスト教(カトリック)では、信者が狭い部屋に入り、自らの罪を告白することを「告解」と言います。
映画のワンシーンなどで見たことがある人もいるのではないでしょうか?仏教の「懺悔」と意味は似ていますが、キリスト教においては「懺悔」という言葉をあまり使わないようです。
告解を聞いた司祭はいかなる理由があっても、その内容を他言してはいけません。

キリスト教は「赦し(ゆるし)の宗教」であると言われています。
イエス・キリストが十字架にかけられ、やがて息絶え、三日目に復活したという話は有名ですが、それは神に背く人々の罪を赦すためであったと言われています。

「赦し」について

「神がキリストにおいてあなたたちを赦して下さったように、互いに赦し合いなさい」聖書には、このような意味の言葉があります。
人を赦すことはとても難しい行為ですよね。
特に自分が誰かを恨んでいたり、誰かを敵だとみなしている場合には尚更です。
しかし、キリスト教の教えは「相互における赦し」なのです。
他人を赦さない人は、自分も赦されることはないという意味です。

信者でなくても告解できる?

では、キリスト教の信者でなくても告解はできるのでしょうか?正確に言えば、答えはNOです。
正式なものは洗礼を受けた人のみが可能です。
カトリック教会では、信者でない人々の赦しはまず洗礼を受けることからスタートするのです。
ただ、信者でなくてもミサには参加できますし、司祭に相談という意味で話を聞いてもらうことは可能です。

 

The meaning of “confession” in Christianity
How to read

“Repentance” in Christianity is read as “zange” and is different from Buddhism.
Currently, the general reading of “confession” is “zange”.
This is believed to have a strong Christian influence.
Even if the meaning is similar, the way of reading may differ depending on the religion.
In addition to this, the word “worship” is also generalized, but it seems that it was originally read as “rei yes”.

Way of repentance

In Christianity (Catholic), a confession is when a believer enters a small room and confesses his sin.
Maybe some of you have seen it in a movie scene? The meaning of Buddhist “confession” is similar, but in Christianity, the word “confession” does not seem to be used.
The priest who heard the confession should not state the content for any reason.

Christianity is said to be a “forgiveness” religion.
The story of Jesus Christ being crucified, eventually breathing out and resurrected on the third day is famous, but it is said that it was to forgive the sins of people against God.

About forgiveness

“Forgive each other as God has forgiven you in Christ,” the Bible has this meaning.
Forgiving people is a very difficult act.
This is especially true if you are jealous of someone or see someone as an enemy.
However, Christian teaching is “mutual forgiveness”.
This means that if you do not forgive others, you will not be forgiven.

Can I confess even if I am not a believer?

Then, can you make a confession even if you are not a Christian believer? To be precise, the answer is NO.
Only officials can be baptized.
In the Catholic Church, the forgiveness of non-believers begins with being baptized first.
However, even if you are not a believer, you can participate in the mass, and you can ask the priest to talk in the sense of consultation.

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*