ジム ケリーが語る

ジム ケリーが語る

 

幼い頃よりショービジネスの世界で働くことを夢見ていたキャリーは、15歳で学校をドロップアウトし、トロントへ。カナダのありとあらゆるクラブに巡業し、4年後にロサンゼルスに移住。その後は様々な舞台、TVショー、「ダーティハリー5」(88)などの映画の端役をしながら演技を磨く。そして、90年から始まったTVシリーズ「In Living Color」の白人役で注目を集め、94年「エース・ベンチェラ」でブレイク、一気にスターへと駆け上がる。同年「マスク」も大ヒットを記録、ハリウッドでも指折りのスーパースターとなる。以降コメディ作品を中心に、「トゥルーマン・ショー」「マジェスティック」のようなドラマでも活躍。現在最も稼ぐスターの一人である

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*