UA-135459055-1

瞑想の準備  Preparing for meditation

 

瞑想の準備

 

 それでは、これから瞑想に入る前の準備を説明しよう。

 

六法を調える

 瞑想に入る前には、まず六法を調える。

 

六法とは。

 一、環境(場所)を調える

 二、飲食を調える

 三、睡眠を調える

 四、身を調える

 五、気息を調える

 六、心を調える

 

 

身を調える、五、気忠を調える、六、心を調える、ことである。

 

環境を調える

 第一に、環境を調えることが大切である。

 最もよいのは、山岳、森林、海浜など、自然の景観がすぐれ、空気の澄んだと ころである。

 山ならば、滝のあるところなど、最も理想的である。

 都会ならば、部屋はなるべく静かで清潔なところが望ましい。室内の調度・家 具など、簡素なほどよろしい。植物などを置くとなおよい。

 光線は、あまり明るすぎないほうがよい。カーテンをもちいる場合は、薄みど り色か、薄いブルーがよい。室内の調度と窓外の眺めのバランスをとり、視神経 にソフトな調和をはかるべきである。

 気温は、あまり暑すぎたり、寒すぎたり、湿度の高いのもよくない。暑くて も、なるべくクーフーや扇風機をかけないこと。そして、空気の流通によく往意 しなければいけない。

 以上は、「訓練の場所」という狭い意味での”環境”といったのであるが、広 い意味でいうならば、この輪廻転生瞑想法の修行をつづけていくことのできる生 活環境をつくり出すことである。いくら白分かその気になっても環境がそれを許 さない、ということのないよう、環境づくりをすることである。大酒を飲まな い、喫煙をひかえる、というように、生活を規制することも大切な環境づくり のひとつである。

食を調える

 

 第二に、食を調えるというのは、つぎのようなことである。

 六万は本来、身心の養いのためにするものであり、健康をたもち、充実した精 陣~るためのものである。

 そのためいには、適度の量と、体の助けになる質のよいものと、この二つがそろ わなけい。

分白身の体内組織からとることを余儀なくされ、その結果、筋肉と皮膚が衰えて くる。

 体内でタンパク質の燃焼が起こっているが、無傷のまま残った脂肪のために、 そうとわからないことが往々にしてある。つぎにアバラ骨が外から見えるように なると、これはもう明らかにタンパク質不足である。

 だから、最も健康な菜食主義者には、卵・乳をとり入れた菜食主義をとってい る者が多い。つまり、肉類はとらないようにしながらも、食事に卵と乳製品をと り入れるのである。卵と牛乳は、最も質の高いタンパク質を提供するのである。

これらは、アミノ酸を完全なかたちで含む見本のようなものである。

 私は、これに加えてより完全な栄養を確保するために、菜食主義者のライフス タイルに少量の魚と、ときには肉類の臓物をとり入れることを勧めている。

 ビタミンヨには、菜食していると最も不足しがちな栄養素である。

 また、メチオニンが不足する。

修行を助ける食事をとらなけれぱいけない

 ジャー・ウィリアムズ博士は、よい健康を維持するだけではなく、ず

ば抜けた健康状態を可能にするための方法として、つぎのようにのべている。

 

 1、食事に変化をもたせて、広く牛乳や卵および乳製品、新鮮な各種の果物や

  野菜、魚や肉、そして穀類を食べあわせること。

 2、加工や精製の過程で栄養価値を損っている精製、加工食品を避けること。

  つまり、砂糖やキャンデー、純粋澱粉食品(菓子など)、アルコール飲料、ソ  フトドリックその他、過程の差はあっても必須栄養素の含有量がほとんど 無に等しい加工食品の摂取は、過度にならないように心がけること。

 3、これはいい食品で、あれは悪い食品という判断のできる”体の知恵”を育

ビタミンとミネラルのサプリメント(特定の栄養素を補うための食品のこと)

  栄養を々保険としてとること 行するのである。

 

睡眠を調える

 第三に睡眠を調える。

 人間は、仕事をし、はたらいて、活動したあと、かならず休んで体力の回復をはからなければならない。睡眠は最もよい休息であり、人間が生きている上に絶対必要なものである。

 しかし、健康な成人ならば、六、七時間の睡眠で足りる。もし眠ることが必要度を過ぎて多いときは、かえって精神がふるわず、心を暗くする。しかしまた寝不足であると、頭がぼんやりして集中できず、訓練に適さない。

 だから、かならず決まった時間に眠るようにして、節度を保ち、つねに気持ちをさわやかにして訓練に入るべきである。要するに、寝不足にならず、寝すぎもしない、ということである。

 

 第四に、身を調え、第五に、息を調え、第六に心を調えるのであるが、この三つの条件は、ひとつに合わせておこなうべきものであるから、別々に説明せず、

ひとつの動作として、順にのべることにする。

身を調える

 身を調えるとは、われわれが正しい呼吸法を体得するために

は、まず休を。削しく調えなければならないということである

 この訓練をはじめる前から、歩くときにも立ち止まるときにも、動くときも静かにしているときも、なにかをしているときでも、いちいちがみな注意深く綿密でなければいけない。もし動作が粗雑であれば、息づかいもそれだけ乱れる。息づかいが荒いと、心も乱れておさめにくくなる。呼吸法や瞑想のために静坐をしても、心が乱れがちで、落ち着いた気分にはなりにくい。

 だから静坐をはじめる前から、あらかじめ注意していなければならない。そのように用心しておいて、いざ静坐をはじめようとするときには、なおよく身も心も落ち着けるようなところを選ぶようにしなければならない。

 初めて坐るべき場所についたら、その場所にしっかりと落ち着かなければいけない。つねに安穏にしていられるように心がける。そのためにはまさに坐る脚から姿勢を正しくすべきである

Preparing for meditation

 

Let’s explain the preparations before starting meditation.

 

Adjust the Six Codes

Before starting meditation, first prepare the Six Codes.

 

What is the Six Codes?

1. Adjust the environment (place)

2. Adjust food and drink

Third, adjust your sleep

Four, get ready

Five, adjust your breath

Six, adjust your mind

 

 

 

To prepare yourself, five, to be loyal, six, to be mindful.

 

Adjust the environment

First of all, it is important to adjust the environment.

Best of all, he said, the natural landscape, including mountains, forests and beaches, was clear and the air was clear.

If it is a mountain, it is most ideal, such as where there is a waterfall.

In the city, it is desirable that the room is as quiet and clean as possible. The simpler the interior furnishings and household items, the better. It is even better to put plants etc.

The rays should not be too bright. If you use a curtain, a light blue color or a light blue color is recommended. You should balance the interior furnishings with the view outside the window to create a soft harmony with your optic nerve.

It is not good that the temperature is too hot, too cold, or too humid. Even if it’s hot, don’t use a fan or a fan as much as possible. And you have to be familiar with the air circulation.

The above is the “environment” in the narrow sense of “training place”, but in a broader sense, by creating a living environment in which the practice of this reincarnation meditation method can be continued. is there. It is important to create an environment so that the environment does not allow it no matter how much white it is. Regulating his life is one of the important ways to create an environment, such as refraining from smoking.

Prepare food

 

Secondly, preparing food is as follows.

60,000 is originally intended to nourish the body and mind, to maintain good health, and to provide a fulfilling spirit.

For that purpose, there are two things, one is a moderate amount and the other is a good quality one that helps the body.

He is forced to take from the body tissue of the whitefish, resulting in weakened muscles and skin.

Protein burning is occurring in the body, but it is often difficult to understand because of the fat that remains intact. Next, when the Abara bone becomes visible from the outside, it is clearly protein deficient.

Therefore, many of the healthiest vegetarians are vegetarians who incorporate eggs and milk. In other words, eggs and dairy products are included in the diet while avoiding meat. Eggs and milk provide the highest quality protein.

These are like swatches that contain the amino acids in their entirety.

In addition to this, I recommend incorporating a small amount of fish and sometimes meat offal into his tiles of the vegetarian Lifes to ensure more complete nutrition.

Vitamin yo is the most deficient nutrient when vegetarian.

Also, there is a shortage of methionine.

I have to eat a meal to help my training

Dr. Jar Williams not only maintains good health, but also

As a method to enable outstanding health condition, it is stated as follows.

 

1. By changing the diet, widely milk, eggs and dairy products, various fresh fruits and

Eat vegetables, fish and meat, and grains.

2. Avoid refined and processed foods that impair their nutritional value in the process of processing and refining.

In other words, do not overdose sugar, candy, pure starch foods (such as confectionery), alcoholic beverages, soybeans, and other processed foods that have almost no essential nutrients, even if there are differences in the process. Keep in mind.

3. This is a good food, and it fosters “body wisdom” that can be judged as a bad food.

Vitamin and mineral supplements (foods that supplement certain nutrients)

Nutrition is taken out as insurance.

 

Adjust sleep

Thirdly, adjust your sleep.

Human beings must take a rest and recover their physical strength after working, working, and working. Sleep is the best rest and is a must for human beings to live.

However, for a healthy adult, six or seven hours of sleep is sufficient. If you sleep too much, your mind will not behave and your heart will be darkened. However, if you do not sleep well, your head will be dull and you will not be able to concentrate, which is not suitable for training.

Therefore, you should always sleep at a fixed time, maintain moderation, and always refresh your feelings before starting training. In short, you don’t run out of sleep and you don’t sleep too much.

 

Fourth, adjust yourself, fifth, adjust your breath, and sixth, adjust your mind, but since these three conditions should be combined into one, I will not explain them separately.

As one operation, we will list them in order.

Get ready

Getting ready is for us to learn the correct breathing technique

First, take a break. It means that you have to adjust it sharply.

Before starting this training, everyone must be careful and meticulous, whether walking or stopping, moving or quiet, or doing something. If the movement is rough, the breathing will be disturbed. If you breathe hard, your mind will be disturbed and it will be difficult to hold back. Even if you sit still for breathing or meditation, you tend to be upset and less likely to feel calm.

Therefore, you have to be careful in advance before you start sitting. With that in mind, when you start sitting down, you should choose a place where you can calm your body and soul.

When you first arrived at the place where you should sit, you have to settle down firmly in that place. I always try to stay calm. For that purpose, the posture should be correct from the leg on which it sits.

なんとなく朝からさえない・・・それはタンパク質不足かも!?

 

 

「最近目覚めがスッキリしない…」、「朝から体がだるくて集中力が続かない…」などと感じたことはありませんか?これらの不調には、タンパク質不足が関係している可能性があります。

タンパク質は、人間の体に欠かすことのできない栄養素です。タンパク質が不足すると、体にさまざまな影響が現れます。

この記事では、タンパク質不足による問題について解説。合わせて、タンパク質が含まれる食品や効果的な食べ方も紹介します。

  • タンパク質が不足するとどんな問題が起きる?

    タンパク質は、「炭水化物」や「脂質」とともにエネルギー五大栄養素のひとつです。筋肉や臓器、皮膚や骨、歯、髪の毛といった体の構成成分となります。そのほか、身体コンディションを調整する役割を担っているのです。

    タンパク質は、20種類のアミノ酸が鎖状に連結してできています。このアミノ酸のうち、9種類は体内で生成できないため食事で摂取する必要があるのです。

    特に、食事量が減少しやすい高齢者は、タンパク質不足に注意しなくてはいけません。また、発育が盛んな乳幼児や、成長期の子どもにもタンパク質は必要となります。

    赤ちゃんが飲む母乳にも豊富なタンパク質が含まれており、牛乳と比べるとその量は約3倍です。胃の中で凝固することのない消化しやすい成分で構成され、赤ちゃんの健やかな発育をサポートします。

    このように、タンパク質は小さな子どもからシニアまで、人体に深く関わる栄養素です。そのため、タンパク質が不足してしまうと以下のような問題が起こると考えられます。

    タンパク質が減少する

    タンパク質は、筋肉を構成する重要な要素です。そのため、体内のタンパク質が不足することは避けなければいけません。

    特に、ダイエット中には注意が必要です。減量を目的に食事量を減らしていると、必要なエネルギーだけではなく栄養素も不足してしまいます。飢餓状態であることを察知した体は、脂肪ではなく筋肉を消費しながらエネルギーを生み出そうとするのです。

    さらに、適切な食事を摂らないまま運動だけを行うと、タンパク質はみるみる減少してしまいます。

    そのため、たとえダイエット中であってもタンパク質を中心としたバランスの良い食生活が大切です。

    健康と美容のコンディションを保つ

    肌や骨を構成するコラーゲンも、タンパク質のひとつです。体内に存在するコラーゲン量は、すべてのタンパク質の約25%を占めるといわれています。そのため、タンパク質不足は美容のコンディションにも影響を与えると考えられています。

    最近老けて見られる、表情がさえないと感じる方は、タンパク質不足が大きく関係しているといえるでしょう。

    タンパク質が減少すると、これらの体のコンディションに影響を与えるので、健康を維持するためにも、タンパク質を意識的に摂取する食生活が重要となります。

  • 体を作るだけじゃない!タンパク質の重要な役割(ペプチド、アミノ酸、アルブミン)

    タンパク質不足が身体に影響するように、タンパク質には体を構成する以外にさまざまな働きがあります。また、連結するアミノ酸の数や種類によって多くの種類が存在します。ここでは、「ペプチド」、「アミノ酸」、「アルブミン」について、それぞれの重要な役割に着目してみましょう。

    ペプチド

    連結するアミノ酸の数が50個以下のものは「ペプチド」と呼ばれます。アミノ酸数が2~10個のものはオリゴペプチド。それ以上のものがポリペプチドです。

    アミノ酸

    アミノ酸は、タンパク質を構成する成分です。私たちが食事として摂り入れたタンパク質は、まずは口内でかみ砕かれ、胃酸によって消化しやすい状態に加工されます。その後、胃や十二指腸で分解され、小腸でペプチドやアミノ酸となって吸収されるのです。

    さらに、体内では合成されず、必ず食物から補給しなければいけないものは「必須アミノ酸」と呼ばれます。体内にある糖質や、糖質から作り出せるものは「非必須アミノ酸」です。

    身体に欠かせないため赤ちゃんや子どもにも必要です。そのため、子どもから大人まで積極的に摂取したい栄養素のひとつであるといえるでしょう。

    アルブミン

    アルブミンは、約600個のアミノ酸からできたタンパク質です。血液に含まれる液体成分「血漿タンパク」の約60%を占めます。

  • 体に欠かせない栄養素「タンパク質」毎日どれくらい食べればいいの?

  • 日本人の食事摂取基準」によると、成人が1日に摂取したいタンパク質の量は、総エネルギーの13~20%とされています。1日の総エネルギー量は性別によっても異なり、具体的な量は以下のとおりとなります。

    タンパク質の食事摂取基準
    成人男性 成人女性
    推定平均必要量(g) 50 40
    推奨量(g) 60 50

    推定平均必要量とは、年齢や性別ごとに必要だと思われる栄養素の平均値です。1日に必要なタンパク質を摂取するためには、まずは男性で50g、女性は40gを目指しましょう。

    そのうえで、可能であれば男性は60g、女性は50gの摂取が推奨されています。さらに、産前産後は以下のように摂取量を増やす必要があります。

    産前産後のタンパク質付加量
    推定必要量(g) 推奨量(g)
    初期 ±0 ±0
    中期 5 10
    後期 15 20
    授乳期 15 20

    妊娠中は、以上の量を意識しながらバランスの良い食生活を心がける必要があります。母乳が必要な授乳期には、赤ちゃんの健やかな成長を支えるためのタンパク質が必要です。

    とはいえ、タンパク質の過剰摂取は、消化吸収する臓器に負担をかける可能性もあります。摂取したタンパク質をスムーズに吸収するためにも、適正量をこまめに摂取するように心がけましょう。

  • タンパク質を摂取していきいきとした毎日を

    生命維持に欠かせないタンパク質は、不足すると体にさまざまな影響をもたらします。美容のコンディションのように目に見えるものだけではなく、体の健康に関わるものも多いため注意が必要です。

    タンパク質を上手に摂取するには、食品の塩分や脂肪分に注意することが大切。自分に合った方法で食習慣に取り入れ、いきいきとした毎日を目指しましょう。

【Amazon.co.jp限定】inバー プロテイン グラノーラ (14本入×1箱) フルーツの入ったザクザク食感グラノーラ 高タンパク10g 低脂肪

新品価格
¥2,230から
(2021/5/14 18:25時点)

 

闘う脳「大脳辺練系」  Fighting brain “limbic system”

 

闘う脳「大脳辺練系」

 

 人間の生のいとなみを、脳の機能の上から分類してみると、つぎのようになる。

 基本的な生の具現である「生きている」すがたは、脳幹の脊髄系が分担し、「たくましく」生きてゅくすがたは大脳辺縁系が分担し、「うまく」生きてゅくすがたと、われわれ人間だけが身につけている「よく」生きてゅく

すがたは、新皮質が分担している。

 つまり、人間が生きてゆくということは、「たくましく」「うまく」「よく」

生きてゆくということになるのだが、この三つのものは、いうまでもなく、いずれにも片よってはならない。この三つのものが、よく統御され、調整され、うまくバランスがとれているとき、人は、そして社会も、安定し、幸福と平和がたもたれているわけで、このバランスがくずれると、人は不幸になり、社会は不安につつまれることになるわけである。

 そこで、「やる気」が起きる、起きない、というのは、脳の機能のどの部

分が分担しているのだろうかと、調べてみると、これが、大脳辺緑系のテリトリーだということがわかる。

 つまり、やらなければならないのに、「やる気が起きなづという刀は、「たく 大脳辺繰糸は、脳幹の真上、脳の中央にある一群の細胞で、二~三億年前のある時期に形成れた。

 脳のこの部分は、基本的なホメオスタシ‐体内の状態の恒常性‐を維持するはたらきをしているのだが、同時に、性的欲求や、闘ったり逃げたりする自己防衛の行動など生殖、生存に関する情緒反応ともふかいかかわりを持っている。

 つまり、大脳辺緑系のはたらきは、生存にかかわる四つの行動を受け持っているのであり、四つの行動とは、食べること、闘うこと、逃げること、そして、子どもを産むこと、である。

 考えてみると、原始の海の一滴のアメーバが、魚にまで成長し、やがて陸上にはいあがり、無数の天災地変を生きぬき、ありとあらゆる生命の危機をのりこえ、乏しい食料、限られた異性を、数多くのライバルだちとたたかって獲得し、一歩、歩、前進して、人間となり、ここまで生きてきたのは、みな、この大脳辺繰系の「たくましい」本能的環境適応力のおかげである。

 じっさい、この力の助けがなかったら、われわれは、いまだに原始の海をイルカに乱じって泳いでいるかもしれず、ジャングルの林の中を枝から枝へとび移ってさわいでいるのかもしれないのだ。

 やる気の起きなかった連中は、みな、原始の海や、原生林のジャングルの中に、埋没していったのである。

 そして、それは、現代でも同じことだ。やる気の起きないものは、都会のジャングルの中に置き去りにされるのである。

 やる気を起こそう! どんな困難にもくじけずに。

 大脳辺縁系の大脳基底核にある側座核が、やる気を起こす闘いの部位である。

 ただし、大脳辺縁系は、「たくましく」生きる脳だが、「うまく」「よく」生きる

ことは分担していない。

 側座核を刺激して、やる気を起こしたのはいいが、あとさきを考えずに暴走するのは困る。

 さきにのべたように、バランスが大事なのである。

 この瞑想法は、「沈思黙考型」の「肛の人」に変身させるマニプーラーチャクラ

瞑想法とあわせ修することにより、完全なものとなっている。やる気を起こさせる

ために、ただ側座核を刺激すればよいというような説は、危険であると警告したい。

 

よろこび  う た

歓喜の頌歌

人生は、いつもバラ色というわけにはいかない。

いや、それどころか、「四苦八苦」、苦しみの連続ではないか。

ある女流詩人がうたった。

花のいのちはみじかくて

苦しきことのみ多かりきぐある。

!かし、そんな人生公、なんとか、よろこびで送ることはできないか。

仏陀は教える、

 「欲が苦しみの原因である。欲を去れ」

 しかし、世を捨てて出家遁世でもすればべつなこと、社会人として生きてゆく上に、適切な欲望を持つことは否定できない。

 社会人としての責務を果たし、家庭人として家族を愛し養い、人間として充実した人生を歩む。

 最小限、適切な欲望というべきであろう。

 しかし、この最小限、適切な欲望も、しばしば、さまざまな障壁に阻まれ、したたか苦汁を呑まされる。

 しかし、落ちこんではならない。明日に希望をもって立ちあがるのだ。

 希望の明日に、よろこびをもって立ちあがるのだ。

 

 

Fighting brain “limbic system”

 

Fighting brain “limbic system”

 

The human life’s friendship is classified as follows from the viewpoint of brain function.

The “living” form, which is the basic embodiment of life, is shared by the spinal cord system of the brain stem, and the “strong” living form is shared by the limbic system. The brainstem and the “well” that only we humans wear

The neocortex is responsible for this.

In other words, the fact that human beings live is “strong,” “good,” and “well.”

It means that we will live, but it goes without saying that these three things must not be one of them. When these three things are well controlled, coordinated, and well-balanced, people, and society, are stable, happiness and peace, and when this balance is lost, one is It will be unfortunate and the society will be surrounded by anxiety.

Therefore, “motivation” occurs or does not occur, which part of the brain function

If you investigate whether the share is shared, you can see that this is a limbic territory.

In other words, even though I had to do it, “The sword that motivates me is” Taku limbic thread is a group of cells located directly above the brain stem and in the center of the brain, at a certain time 200 to 300 million years ago. Formed in.

This part of the brain works to maintain basic homeostasis-homeostasis of the state in the body-but at the same time it is related to reproduction and survival, such as sexual desire and self-defense behaviors such as fighting and escaping. It has a fluffy relationship with emotional reactions.

In other words, the function of the limbic system is responsible for the four behaviors related to survival, and the four behaviors are eating, fighting, running away, and giving birth to a child.

Come to think of it, a drop of primordial sea amoeba grows into a fish, eventually rises to land, survives countless natural disasters, survives all kinds of life threats, scarce food, and limited opposite sex. It is all thanks to the “strong” instinctive environmental adaptability of this limbic system that we have acquired by striking with many rivals, stepping forward, moving forward, becoming human beings, and living up to this point. ..

In fact, without the help of this force, we may still be swimming in the primordial waters with dolphins, jumping from branch to branch in the jungle forest. It is.

All the unmotivated people were buried in the primordial sea and the jungle of the primeval forest.

And that is the same today. Those who are not motivated are left behind in the urban jungle.

Let’s get motivated! Don’t be discouraged by any difficulties.

The nucleus accumbens in the basal ganglia of the limbic system is the part of the fight that motivates.

However, the limbic system is a brain that lives “strongly”, but lives “well” and “well”.

I don’t share that.

It’s good to stimulate the nucleus accumbens and motivate it, but it’s a problem to run away without thinking about it.

As mentioned earlier, balance is important.

This meditation method is a manipulator chakra that transforms into a “contemplation type” “anal person”.

It is perfected by training with the meditation method. Motivate

Therefore, I would like to warn that the theory that only the nucleus accumbens should be stimulated is dangerous.

 

Joy

Ode of delight

Life is not always rosy.

No, on the contrary, isn’t it a series of suffering, “suffering”?

A female poet sang.

The life of flowers is terrible

There are many painful things.

!! I wonder if such a life public can somehow be sent with joy.

Buddha teaches,

“Greed is the cause of suffering. Leave greed”

However, it is undeniable that if you abandon the world and become a priest, you will have an appropriate desire to live as a member of society.

Fulfilling responsibilities as a member of society, loving and nourishing a family as a family member, and living a fulfilling life as a human being.

At a minimum, it should be an appropriate desire.

However, this minimal and appropriate desire is often hampered by various barriers and bittern is swallowed.

However, don’t be depressed. I will stand up with hope tomorrow.

Tomorrow of hope, stand up with joy.

間脳思考 ー反重力の修行  Diencephalon thinking-anti-gravity training

反重力の修行

わたくしは、さきに、ジャーナリストのK氏から、エレクトロニクスと霊性をはなにかと質問されて、それは瞑想からはじまると答えた。

そのあと、はなしが大分すすんでから、
「それでは、間脳の開発をするのも、瞑想ですか?」と聞かれた。わたくしは、
「いいえ」とかぶりをふった。

「瞑想じゃないのですか?」

「いいえ」

とわたくしはこれにもかぶりをふった。

K氏は、けげんそうな表情でわたくしを見つめた。

そこでわたくしは答えた。

「それは瞑想からはじまるのです」

なるほど、というようにK氏はうなずいた。わたくしは説明した。

それは瞑想からはじまるのだが、瞑想だけではないのだ。

霊性の完成は、瞑想だ不可能なのである。こころの安定、欲望の調節、本能の抑制、といった程度のものでは、

とうい到達できない境界である。思念、想念の変化くらいでは、ぜったいに行きつくないのだ。

なぜか?

 霊性完成の到達点は、カルマからの超越である。

カルマとはなにか? いうならば、地球における引力のようなものである。

地球在するものすべて、地球引力の支配下にある。いかなるものも、引力からのがれることはい。

いや、地球という存在そのものが、引力によって成り立っているのである。

人間におけるカルマもその通りである。ひとはすべて、輪廻のカルマの絶対的な規制をうけカルマから、

もろもろの「因縁Lが生じて、人間を繋縛しているのである。

いや、カルマと因縁て、人間が成立しているのだ。このカルマと因縁の繋縛から完全に解脱したときが、

霊性のである。

いうならば引力からの脱出である。反重力の修行なのだ。

自分〃という波動を変えてしまうのだ。それによりである。

人間という存在の波動を変える原点は間脳の視床下部にある。

ここのより、全身の波動が変り、特殊な精神波動と肉体波動を持つ存在になる。

 

それは、カルマの規制を受けない、ふつうの人間とはまたことなった、

高度な霊的存在とよぶよりほかない存在となるのである。これが成就すると、

特殊な「霊光」が発生するようになる。この特殊なオ上フの発生は、全身の波動が変化したことを示すのである。

オーラについてはまたあとでのべるが、このオーラの発光源は間脳なのである。

瞑想だけでは、以上のような”次元の変化”は不可能である。

もちろん、こころの安定、集中、

まったくあたらしい高い次元へのメディテイト、等、瞑想はこの修行にぜったい必要なのである。

しかし、それは一つの手段にすぎない。瞑想は、大脳辺縁系と新皮質脳しか動かすことができない。

だから瞑想だけではだめなのである。間脳をはたらかす瞑想でなければ、

オーラは発生しない。したがって、カルマを越えることはできないのである。

 では、なにが必要なのか?
特殊なtapas(練行)である。

学者はtapasを苦行と訳しているが、わたくしはこれを、練行と訳したい。

そしてこの練行がぜったいに必要なのである。

 

Anti-gravity training

Earlier, journalist K asked me what electronics and spirituality were, and I said that it started with meditation.

After that, after the story went a long way,
“Then, is it meditation to develop the diencephalon?” I,
I covered it with “No”.

“Isn’t it meditation?”

“No”

I also covered this.

Mr. K stared at me with a stern look.

So I answered.

“It starts with meditation.”

I see, Mr. K nodded. I explained.

It starts with meditation, but it’s not just about meditation.

The perfection of spirituality is impossible with meditation. At the level of mental stability, desire regulation, instinct suppression, etc.

It is a boundary that cannot be reached at last. A change in thoughts and thoughts is not enough.

why?

The goal of spiritual completion is transcendence from karma.

What is karma? It’s like an attractive force on the earth.

Everything that exists on Earth is under the control of Earth’s gravitational pull. Nothing can escape from attraction.

No, the very existence of the earth is made up of attraction.

The same is true of human karma. All people are subject to absolute regulation of reincarnation karma, from karma,

Various “fate L has arisen and is binding human beings.

No, human beings have been established in connection with karma. When I was completely released from the bond between this karma and the fate,

It is spiritual.

It is an escape from attraction. It is an anti-gravity practice.

It changes the vibration of myself. By that.

The origin that changes the vibration of human beings is in the hypothalamus of the diencephalon.

From here, the vibrations of the whole body change, and it becomes an existence with special mental vibrations and physical vibrations.

 

It’s different from a normal human being, unregulated by karma,

It becomes nothing more than a highly spiritual being. When this is achieved,

A special “religious light” will be generated. The occurrence of this special ojofu indicates that the wave motion of the whole body has changed.

The aura will be discussed later, but the source of this aura is the diencephalon.

The above “change of dimension” is impossible only by meditation.

Of course, mental stability, concentration,

Meditation to a completely new higher dimension, etc. is absolutely necessary for this practice.

But that’s just one way. Meditation can only move the limbic system and the neocortical brain.

That’s why meditation alone is not enough. Unless it is a meditation that works the diencephalon

No aura is generated. Therefore, karma cannot be crossed.

Then what do you need?
It is a special tapas (training).

Scholars translate tapas as penance, but I would like to translate this as penance.

And this practice is absolutely necessary.

 

間脳思考―霊的バイオ・ホロニクスの時代 

間脳思考?霊的バイオ・ホロニクスの時代

新品価格
¥1,540から
(2021/4/9 13:33時点)

密教のトレーニングは五つの異常能力を生む  Esoteric training produces five extraordinary abilities

密教のトレーニングは五つの異常能力を生む

ひらけ! 胡麻!

 一寸さきぱヤミだとよく人は言う。

 けれども、その未来というI寸さきも見えない深いヤミをくまなく見透す目をもって、おそいかかる不幸や災難、また、失敗などをみごとに予知してこれを避け、蜘蛛の巣のごとくに錯綜している人生の迷路の中から成功にいたる道を確実に見いだし、たとえ、困難や障害に行く手をさえぎられてもあざやかにこれを乗り越え、時にピンチに見舞われて手に汗をにぎるようなことがあっても、かえってこれを成功へのチャンスに変えてしまう、そういう力を見につけることができたら、どんなにすばらしいことであ・ろうかと、あなたは思わないか?

 

 そういう力を、ぜひとも自分のものにしたいと思わないか?

 また。

 自分の思うように自分を変え、自分の欲するままに他人を動かし、その上、自分をとりま環境まで、自分の想念のままにつくり変え、無から有を生み出し、自分の望むもの、願うことは、有形、無形を問わず、必ず実現させずにぱおかない  、そういう方法があったら、どんなによいであろうかとあなたは思わないか?

 

 密教のトレーニングで、あなたは、およそ、つぎのような五つのすばらしい能力を身につけることができるのである。

 

 一、事物の明確な認識と予知および正確な選択力

ものごとの原因結果がすべてはっきりとわかり、これからさき起きるあらゆる出来事が、あらかじめ予知できるようになる。

 

 したがって、極度にこみいった事がらで、進路の選択や、方針の決定に困難を感ずるう

な場合でも、必ず、正しい、そして、失敗のない道をえらび出すことができる。

すなわち、予知と選択の能力がそなわる。

 

ニ、すぐれた高度の創造力

 創造力とぱなにかということについて、『創造力開発法』を書いたジョッ・S・モーガ

ンは、「独創的な作品、またはアイデアを、仕事の上で生み出すことのできる能力」

 

るであろうか?

 困難に際し、障害にぶつかり、災厄に遭い、望むものが得られぬ失意のとき、たとえそれがヒゲをはやした五十男でも、ああこんなときにあの魔法のランプがあったならと思わずにと定義し、かつ、それは、たいへんな集中力、観察力、理解力、熱意と、それに加うるに、 発達した創造力、および直観力が必要である。直観力というのは、第六感、洞察力であり、たとえば、キュリー夫人、および科学者としての夫キュリーの場合のような感応力からなっているもので、右にあげた特性の中でも最も注目すべきものである、と述ている。

 密教のトいIニングの特長は、その精神活動の訓練にあたって、知性や理性を超えた深い領域にある意識を把握し、これを自由に制御して活用しようとするところにある。

 

 つまり、ジョン・S・モーガンのいうキュリー夫人、および夫キュリー氏の持つ直感力・感応力を自由に操作するトレーニングである。

 

密教の精神活動の訓練は、たんなる直感力やテレパシーの養成でぱないが、トレーニングは、まず、そこから入ってゆく。

 

 ジョン・S・モーガンがあげた創造力を生み出すための″たいへんな集中力、観察力、理解力、といった能力は、知性や理性とおなじ領域にあるものであるが、直感力、ことに感応力というものは、知性や理性によって生み出されるものでぱない。それは、まったくべつな領域に属するもので、それを開発するためには、とくべつな訓練と技術を必要とする。

 

 密教のトレーニングは、この領域の開発に、非常にすぐれた技術とシステムを持っる。だから、このトレーニングを受けて、この能力を身につけた人の発想には、つねに、飛とひらめきがある。常識や、理論や、数字の積みかさねなどにとらわれない自由な創造力ある。

そして、真の創造力とはまさにそういうものでなければならない。

 

 三、自分を変え、他人を動かし、自分の思うままに環境をつくり変える力

 これは、密教のトレーニングによって開発されるいくつかの能力の中で、もっとも強、他に比類のないすぐれた力であるといえよう。

 

 密教のトレーニングによる自己革新は、思わしくない性格を改善し、よくない習癖を正するといったようなありふれたものでぱなく、根本的に、自分を存在させ、立させてる

ところの基礎条件からひとつひとつ変えてゆく。

 

 そういう独自な方法が密教にあり、それによって彼を根本的に変えてしまう。ひと口いうならば、彼の運命を転換させてしまうのである。

 

 運命とは、なにか。それは一つの定められた軌道である。その軌道を変えてしまうのか。

それをどのように変えるか、それは彼の意志が決定する。だから、この方法によれば、んな人間にでも変わり得る。

これは、いうなれば、完全な人閲統御法である。

 自己統御力を十分に身につけると、つぎにその統御力は自分以外の第三者に向けられる

も、むしろ、知らず知らず、その人の意志や思考によろこんで服従するようになQg SQQ

意力や個性に、イヤイヤしたがうのではなく、それは自然にそなわる説明しがたい魅力が

そうさせるのだ。

 この統御力は、つぎに、人間以外の物に向けられる。あらゆる物質を、集めることも散らすことも、むすぶことも、はなすことも、自在である。

 

 彼の想念とその構想のままに、環境がっくり変えられ、構成されるようになる。世界が、彼の思うままに動くのだ。

 

 四、強靭な体力と卓抜な″精神”力

 これは、三の自己統御力によって鍛錬された肉体と精神が、自然に、普通人の三倍以の耐久力を示すようになるのである

 

 五、すさまじい爆発的な念力による願望達成力念の力で、瞬間的に水を沸騰させ、生に火をつける。すさまじい念力である。

 一言でいうならば、念を物質化する力である。

 

そういうと、物理学者は、そんなことはぜったい不可能なことだというであろう。

 しかし、じっさいにそれができるのである。密教には、そういう特殊な技法があり、の技法によって訓練すれば、だれでもそういう能力がそなわるのである。

 

 密教は、数千年むかしの、インドのバラモン時代から、そういうとくべつな技法を開発してきた。そして、その技法は、中国、あるいはチペットを経て、より高度に完成され、いまもなお、その宗門の奥 かく伝えられているのである。

 

密教がこの技法を大切に保持しているのは、密教の持つ強力な願望達成力が、このダイミックな念力をその原動力とするからである。

 自分の願望を達成する能力のない人間は、生きる価値がないといってもよいのである願 望というコトバが、理想主義者の眉をひそめさせるというのなら、理想といコトバにき かえてもよい。一切の欲望をしりぞけて生きてゆこうとするピューリタンだって、一切欲 望を持たずに生きてゆこうという願望のもとに生きているわけだし、

あの偉大なるゴータマーブッダにしても、一切衆生を救済しようという願望のもとに一を終えられたのである。人は、願望達成というコトバにうしろめたい気持ちをつ必要い。

 

 ところで、願望を達成するためには、いろいろな条件が必要である。

 

そういう条件を、密教は、ひとつひとつみたしていくのである。

 そういう条件をみたすことをせず、ただ、カミやホトケを念じ、おまんだらをおがん、

御利益(つまり願望の達成)をいただこうとするから、宗教がアヘンであり、迷信になて

しまうのだ。密教は、そういう条件をみたし、願望の達成を妨害する要素をひとつひと克  服してゆく能力を人にあたえる。そういう法をシステムとして持っているのだ。

 

 そのシステムを動かすものが、念力なのである。

 

変身の原理?密教の神秘

新品価格
¥2,200から
(2021/4/7 17:16時点)

 

Esoteric training produces five extraordinary abilities

 

Open! Sesame!

People often say that it is a human being.

However, with an eye that sees through the deep mischief that I can’t even see in the future, I brilliantly foresee the unhappiness, disasters, and failures that will come, and avoid them, and confuse them like a spider web. I’m sure I’ve found a way to success in the maze of my life, and even if I’m blocked from going to difficulties or obstacles, I’ll be able to overcome it vividly, and sometimes I’ll be hit by a pinch and sweat in my hands. But don’t you wonder how wonderful it would be if you could find the power to turn this into a chance for success?

 

Would you like to make that kind of power your own?

Also.

Change yourself as you want, move others as you want, and even create your own environment, create something out of nothing, what you want, what you want. Whether it is tangible or intangible, you must realize it without fail. Wouldn’t you wonder how good it would be if there was such a method?

 

With esoteric training, you can acquire about five wonderful abilities as follows.

 

1. Clear recognition and prediction of things and accurate selection

All the causes and effects of things can be clearly understood, and all the events that will occur in the future can be predicted in advance.

 

Therefore, it is extremely complicated and I find it difficult to choose a course and decide on a policy.

Even in such cases, we can always choose the right and failure-free path.

That is, it has the ability of prediction and selection.

 

D, excellent high creativity

About creativity and something, Jo S. Moga, who wrote the “Creative Development Method”

“The ability to create original works or ideas on the job”

 

Will it be?

In times of difficulty, in disability, in disaster, and in the disappointment of not getting what you want, even if it’s a beard-bearded fifty man, ah, without thinking that there was that magic lamp at such a time. It requires a great deal of concentration, observation, comprehension, enthusiasm, and, in addition, developed creativity and intuition. Intuition is the sixth sense, insight, which consists of the stresses of Mrs. Curie and her husband Curie as a scientist, among the traits listed to the right. It states that it is the most notable.

The feature of Esoteric Buddhism’s Toi Inning is that in training its mental activities, it grasps the consciousness in a deep area beyond intelligence and reason, and tries to freely control and utilize it.

 

In other words, it is a training to freely manipulate the intuition and stress of Mrs. Curie, which John S. Morgan calls, and her husband, Mr. Curie.

 

Training in esoteric mental activity is not just about training intuition and telepathy, but training starts from there.

 

John S. Morgan’s ability to create creativity, such as “extreme concentration, observation, and comprehension,” is in the same domain as intelligence and reason, but intuition, especially stress. It does not come from intelligence or reason. It belongs to a completely different realm and requires special training and skill to develop it.

 

Esoteric training has very good skills and systems for the development of this area. Therefore, the idea of ​​a person who has acquired this ability after receiving this training always has a flight and an inspiration. There is free creativity that is not bound by common sense, theory, or the accumulation of numbers.

And that’s exactly what true creativity must be.

 

Third, the ability to change oneself, move others, and create an environment as one wishes

It can be said that this is the strongest and unrivaled power among several abilities developed by esoteric training.

 

Self-innovation through esoteric training is not something that is commonplace, such as improving an unpleasant personality and correcting bad habits, but fundamentally makes oneself exist and stand.

We will change the basic conditions one by one.

 

There is such a unique method in esoteric Buddhism, which fundamentally changes him. In a nutshell, it changes his destiny.

 

What is fate? It is a defined orbit. Will it change its trajectory?

How to change it depends on his will. So, according to this method, it can be transformed into any human being.

This is, so to speak, a complete censorship law.

If you have acquired enough self-control power, then that control power will be directed to a third party other than yourself.

Rather, I became obedient to the will and thoughts of the person without knowing it. Qg SQQ

I don’t want to dislike my motivation and individuality, but it has an unexplainable charm that is natural.

Let it do that.

This control power is then directed to non-human things. You are free to collect, disperse, squeeze, and release all substances.

 

The environment will be completely changed and composed according to his thoughts and their ideas. The world moves at his will.

 

4. Strong physical strength and outstanding “spirit” power

This is because the body and spirit trained by the three self-control powers naturally show more than three times the endurance of ordinary people.

 

Fifth, with the power of the desire achievement power by the tremendous explosive power, the water is instantly boiled and the life is ignited. It is a tremendous psychokinesis.

In a word, it is the power to materialize the mind.

 

Then, physicists would say that such a thing is impossible at all.

However, it can actually be done. Esoteric Buddhism has such a special technique, and if trained by this technique, anyone will have such ability.

 

Esoteric Buddhism has developed such a special technique since the Brahmin era in India thousands of years ago. And the technique was completed to a higher degree through China or Chippet, and is still handed down in the depths of the sect.

 

Esoteric Buddhism holds this technique carefully because the powerful desire-achieving power of Esoteric Buddhism is driven by this dimic psychokinesis.

It can be said that a person who is incapable of achieving his or her desires is not worth living. If the word “desire” makes the idealist frown, then he may come to the word “ideal”. .. Even Puritans who try to live without any desires live with the desire to live without any desires.

Even that great Gotamer Buddha was finished with the desire to save all sentient beings. People need to have a desire to be shy about achieving their desires.

 

By the way, various conditions are necessary to achieve the desire.

 

Esoteric Buddhism meets such conditions one by one.

Do not meet such conditions, just keep in mind kami and hotoke, and do your best to treat the mandala.

The religion is opium and superstitious because it seeks to benefit (that is, the achievement of aspirations).

It will end up. Esoteric Buddhism gives people the ability to meet such conditions and to overcome the factors that hinder the achievement of their desires. It has such a law as a system.

 

Psychokinesis is what drives the system.

 

輪廻転生瞑想法III  より  From Reincarnation Meditation III

 

 理想の来世どころか、苦しみの人生となりいそのうえ横変死の因縁などを持っていたら、天寿を全うすることすらむずかしい。

 まず、現世でこれらの悪因縁を完全に消滅させ、聖者の境界になっておく必要があるのである。

 須陀逼とは別名、七来とよばれ、七度(二、三回のこともある)生まれ変わって成仏する。しかしながら、三悪趣とよばれる境界には堕ちることはない聖者である斯陀含とは別名、一来とよばれ、一度だけ現世に生まれ変わって成仏する。阿那含は別名、不還とよばれ、もう現世には戻ってこないので、輪廻転生瞑想法の領域から離れ、釈尊の成仏法の範躊となる。阿羅漢は仏陀である。

 つまり、輪廻転生瞑想法とは、少なくとも須陀逼(七来)、できれば斯陀含二来)になり、瞑想法により転生を制御する修行法なのである。

 わたくしの輪廻転生瞑想法の修行システムは、だいたいつぎのとおりである。

輪廻転生瞑想法III

一、まず、瞑想法の基本を習得し、同時に、解脱宝生行、先祖供養、如意宝珠敬愛法によって、抑圧意識を除去していく。また、初歩のチャクラ開発

の基礎訓練を開始するとともに、徳を高める積徳行もおこなう。

 

二、つぎに、本格的なチャクラ開発訓練と輪廻転生曼荼羅瞑想法によって、 肉体的および精神的な能力を高める。同時に、現世成仏息災成仏法によっ

て、ソンディ型の抑圧意識を完全に除去していく。さらに火界定(護摩行)、水想観(滝行)の瞑想法の訓練に入る。

三、水晶龍神瞑想法(四神足法)の訓練に入る。その上で、四神足法による、火界定、水想観の瞑想訓練をおこなう。

以上により、須陀逼、ないしは、斯陀含の聖者に至らしめるのである。

 

Far from the ideal afterlife, it is difficult to complete the natural life if you have a life of suffering and a cause of suspicious death.

First of all, it is necessary to completely eliminate these evil causes in this world and to become the boundary of the saints.

Suda 逼 is also known as Nanarai, and is reborn seven times (sometimes two or three times) to become a Buddhahood. However, the saint, Sakadagami, who never falls into the boundary called the three bad tastes, is also called Sakadagami, and he is reborn in this world only once and becomes a Buddhahood. Anuruddha is also known as non-return, and since he has not returned to this world anymore, he has moved away from the realm of reincarnation meditation and has become a category of Shaka Nyorai’s Buddhahood. Arhat is a Buddha.

In other words, the reincarnation meditation method is at least Sudagami (Nanarai), preferably Sadagami Nirai), and is a training method that controls reincarnation by the meditation method.

The training system for my reincarnation meditation method is as follows.

Reincarnation Meditation III

First, learn the basics of meditation, and at the same time, remove the oppressive consciousness by means of liberation treasure, ancestral memorial service, and Chintamoni reverence. Also, rudimentary chakra development

In addition to starting the basic training of, we will also carry out a virtue-enhancing act.

 

Second, improve physical and mental abilities through full-scale chakra development training and reincarnation mandala meditation. At the same time, according to the Buddhahood Law of the Buddhahood

Then, the Sondy-type oppressive consciousness is completely removed. In addition, he started training in the meditation method of Fire World Sada (Goma line) and Mizusokan (Taki line).

Third, begin training in the Crystal Dragon God Meditation Method (Iddhipada Method). On top of that, we will conduct meditation training on the fire world and the view of water by the Iddhipada method.

From the above, it becomes a saint of Sudagami or Sadagami.

輪廻転生瞑想法III

実践 輪廻転生瞑想法〈3〉あなたも仏陀になれる水晶龍神瞑想法

新品価格
¥3,080から
(2021/4/7 10:43時点)

輪廻転生瞑想法〈3〉あなたも仏陀になれる水晶龍神瞑想法

新品価格
¥1,870から
(2021/4/7 10:43時点)

チャクラの覚醒法 2 Chakra awakening method 2

 

覚醒の秘伝

 この振動は、最初、声帯を使う。発声して振動を起こす。(特殊な秘密マントラを使う。秘伝である)

 正しい振動を起こせるようになったら、発声しないで、おなじ振動を起こす訓練に入る。そこで、無音になるのであるが、振動は起こしているのである。

というのは、声帯を、体の内部に向けて発声しているのである。体の内部に向けて振動を送っているのである。(じっさいは、ここまでくると、声帯だけではないのだが、ここでは声帯としておく)

 

 発声しているときは声帯を使って外部に向って振動を起こしている。このときその発声を導師が聞いて、正しいかどうか調べているわけで、正しい発声法(つまり振動法)がなされていたら、これを指導して、内部に向ってその振動を送りこむようにさせる。(その方法を指導する) 送りこまれた振動を、胸腔の筋肉で共鳴させ増幅させる。

 これらにこれを、横隔膜を使って腹腔の中で増幅させる。

 さいごに、これまでにつくっておいた振動のルートを使って、目的のチャクラに送りこむ、というよりも、叩きつけるのである。

 

以上はアナーハターチャクラまでの、チャクラ覚醒法である。

 

 アージュニャー・チャクラ、そして究極のチャクラであるサハスラーラーチャクラになると、少し違ってくる。しかし、アナーハターチャクラまで覚醒しておれば、あとはそうむずかしいことはない。

 

 

輪廻転生瞑想法III

実践 輪廻転生瞑想法〈3〉あなたも仏陀になれる水晶龍神瞑想法

新品価格
¥3,080から
(2021/4/7 10:43時点)

輪廻転生瞑想法〈3〉あなたも仏陀になれる水晶龍神瞑想法

新品価格
¥1,870から
(2021/4/7 10:43時点)

 

 

Secret of awakening

This vibration uses the vocal cords at first. Speak and vibrate. (Use a special secret mantra. It’s a secret)

When you can make the correct vibration, do not speak and start training to make the same vibration. There, it becomes silent, but vibration is occurring.

This is because the vocal cords are uttered toward the inside of the body. It is sending vibrations toward the inside of the body. (Actually, at this point, it’s not just the vocal cords, but here it’s the vocal cords.)

 

When uttering, the vocal cords are used to vibrate outward. At this time, the gurus listen to the utterance and check whether it is correct, and if the correct utterance method (that is, the vibration method) is done, instruct this to send the vibration inward. (Teach the method) The sent vibration is resonated and amplified by the muscles of the thoracic cavity.

These are amplified in the abdominal cavity using the diaphragm.

In the end, using the vibration route created so far, rather than sending it to the target chakra, it hits it.

 

The above is the chakra awakening method up to the Anahata chakra.

 

When it comes to the Ajnya chakra and the ultimate chakra, the Sahaslara chakra, it’s a little different. However, if you are awakened to the Anahata chakra, the rest is not so difficult.

 

Reincarnation Meditation III

チャクラの覚醒法 1  Chakra awakening method 1

<img class=”alignnone size-thumbnail wp-image-5298″ src=”http://cyber-price.com/buddha/wp-content/uploads/2021/02/28-001-300×500.png” alt=”” width=”300″ height=”500″ /><img class=”alignnone size-thumbnail wp-image-5339″ src=”http://cyber-price.com/buddha/wp-content/uploads/2021/02/non222-300×500.png” alt=”” width=”300″ height=”500″ />

&nbsp;

<span dir=”LTR”>秘伝</span>

<span dir=”LTR”> そこで、思いきって、チャクラの覚醒法の概要をのべよう。</span>

&nbsp;

<span dir=”LTR”> さきにわたくしは、チャクラ・千不ルギーのルートづくりが、チャクラ覚醒</span><span dir=”LTR”>の一助になるものであるとのべた。それはじっさいにその通りで、それなくて</span>

<span dir=”LTR”>はチャクラの覚醒は不可能に近いといってよいであろう。殊に、アージュニャ</span><span dir=”LTR”>ー・チャクラヘのルートづくりは、非常に重要な役わりをはたす。</span>

&nbsp;

<span dir=”LTR”> しかし、それだけでは、チャクラの覚醒は成就しない。まったく別な方法で</span><span dir=”LTR”>ある。</span>

&nbsp;

<span dir=”LTR”> その課程は大略、つぎのようなものである。</span>

&nbsp;

<span dir=”LTR”>秘密マントラの特殊詠唱法</span>

&nbsp;

<span dir=”LTR”>I、ず修行者は、自分のチャクラの正確な場所を把握する。</span>

<span dir=”LTR”>  場所は個人差があるので、ぎ帽が、正確な場所を教示する)</span>

<span dir=”LTR”> 2、このチャクラの場所に、或る特殊な振動を叩きつける。そのために、ま</span><span dir=”LTR”>ず、</span>

<span dir=”LTR”> 3、この特殊な振動を伝える振動ルートをつくり出す。これまでにつくった</span><span dir=”LTR”>チャクラ・千不ルギーのルートと重複するルートも一部あるが、大部分は</span><span dir=”LTR”>新しくつくり出す。それは直接チャクラにつながるルートである。</span>

<span dir=”LTR”>このル</span><span dir=”LTR”>ートづくりに「××」を使う。‐(特に秘す。但し、’本書をよく読めば、ヒ</span><span dir=”LTR”>ントを得られるはずである)</span>

<span dir=”LTR”> 4、その特殊振動を発生書せる。</span>

<span dir=”LTR”> 5、その振動をルートに伝え、チャクラに叩きつける。</span>

<span dir=”LTR”> </span>

<span dir=”LTR”>以上のようなものである。</span>

<span dir=”LTR”> この振動が、チャクラを覚醒させる特殊秘法であり、わたくしの最極秘伝な</span><span dir=”LTR”>のだ。</span>

<span dir=”LTR”> この特殊振動というのは、横隔膜、胸腔、腹腔を使って、特殊な振動を起こ</span><span dir=”LTR”>すのごある。</span>

&nbsp;

輪廻転生瞑想法III
<table style=”border: 1px solid #ccc; width: 300px;” border=”0″ cellspacing=”0″ cellpadding=”0″>
<tbody>
<tr style=”border-style: none;”>
<td style=”vertical-align: top; border-style: none; padding: 10px; width: 60px;”><a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1NWEWS+9MID62+249K+BWGDT&amp;a8ejpredirect=https%3A%2F%2Fwww.amazon.co.jp%2Fdp%2F4892033480%2F%3Ftag%3Da8-affi-191205-22″ rel=”nofollow”><img src=”https://m.media-amazon.com/images/I/518IViF-uKL._SS80_.jpg” alt=”” border=”0″ /></a></td>
<td style=”font-size: 12px; vertical-align: middle; border-style: none; padding: 10px;”>
<p style=”padding: 0; margin: 0;”><a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1NWEWS+9MID62+249K+BWGDT&amp;a8ejpredirect=https%3A%2F%2Fwww.amazon.co.jp%2Fdp%2F4892033480%2F%3Ftag%3Da8-affi-191205-22″ rel=”nofollow”>実践 輪廻転生瞑想法〈3〉あなたも仏陀になれる水晶龍神瞑想法</a></p>
<p style=”color: #cc0000; font-weight: bold; margin-top: 10px;”>新品価格
¥3,080<span style=”font-weight: normal;”>から</span>
<span style=”font-size: 10px; font-weight: normal;”>(2021/4/7 10:43時点)</span></p>
</td>
</tr>
</tbody>
</table>
<img src=”https://www16.a8.net/0.gif?a8mat=1NWEWS+9MID62+249K+BWGDT” alt=”” width=”1″ height=”1″ border=”0″ />
<table style=”border: 1px solid #ccc; width: 300px;” border=”0″ cellspacing=”0″ cellpadding=”0″>
<tbody>
<tr style=”border-style: none;”>
<td style=”vertical-align: top; border-style: none; padding: 10px; width: 60px;”><a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1NWEWS+9MID62+249K+BWGDT&amp;a8ejpredirect=https%3A%2F%2Fwww.amazon.co.jp%2Fdp%2F4892033456%2F%3Ftag%3Da8-affi-191205-22″ rel=”nofollow”><img src=”https://m.media-amazon.com/images/I/51G33ol HAL._SS80_.jpg” alt=”” border=”0″ /></a></td>
<td style=”font-size: 12px; vertical-align: middle; border-style: none; padding: 10px;”>
<p style=”padding: 0; margin: 0;”><a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1NWEWS+9MID62+249K+BWGDT&amp;a8ejpredirect=https%3A%2F%2Fwww.amazon.co.jp%2Fdp%2F4892033456%2F%3Ftag%3Da8-affi-191205-22″ rel=”nofollow”>輪廻転生瞑想法〈3〉あなたも仏陀になれる水晶龍神瞑想法</a></p>
<p style=”color: #cc0000; font-weight: bold; margin-top: 10px;”>新品価格
¥1,870<span style=”font-weight: normal;”>から</span>
<span style=”font-size: 10px; font-weight: normal;”>(2021/4/7 10:43時点)</span></p>
</td>
</tr>
</tbody>
</table>
<img src=”https://www11.a8.net/0.gif?a8mat=1NWEWS+9MID62+249K+BWGDT” alt=”” width=”1″ height=”1″ border=”0″ />
secret

Therefore, let’s take the plunge and give an overview of the chakra awakening method.

&nbsp;

Earlier, I mentioned that creating routes for chakras and Senfu ruggies would help awaken the chakras. That’s exactly right, without it

It can be said that the awakening of the chakra is almost impossible. In particular, route building for Ajnya Chakrahe plays a very important role.

&nbsp;

However, that alone will not achieve the awakening of the chakras. It’s a completely different method.

&nbsp;

The course is roughly as follows.

&nbsp;

Secret mantra special chanting method

&nbsp;

I, the practitioner knows the exact location of his chakra.

The location varies from person to person, so the cap will tell you the exact location)

2. Hit a special vibration on the place of this chakra. To that end, first

3. Create a vibration route that conveys this special vibration. There are some routes that overlap with the chakra / thousand ruggie routes that have been created so far, but most of them will be newly created. It is a route that leads directly to the chakras.

Use “XX” to create this route. -(Especially secret, but if you read this book carefully, you should be able to get a hint)

4. Can generate and write the special vibration.

5. Transmit the vibration to the route and hit the chakra.

&nbsp;

It is as above.

This vibration is a special secret method that awakens the chakras, and is my most secret secret.

This special vibration uses the diaphragm, thoracic cavity, and abdominal cavity to cause special vibration.

&nbsp;

Reincarnation Meditation III

不退転の「やる気」を起こさせる瞑想法  A meditation method that motivates you

不退転の「やる気」を起こさせる瞑想法である。

 

 

「馬を水ぎわまでつれて行くことはできるが、むりに水を呑ませることはでき

  ない」

 

 馬が、水を呑む気を起こさぬかぎり、どうしたって、水は呑まない。

 では、どうにも方法がないのか?

 

 

 

脳の大脳辺縁系の中に、「側座核」という部位がある。ここを刺激すると、人間は、いやでもやる気を起こすのである。

 ただし、問題は、やる気を起こしさえすればよいというものではない。

 やってはいけないことまでやる気を起こして、シャニムニ暴走してしまっては大変だ。

 この瞑想法は、その点を是正して、やらねばならぬことは、どうしてもやり抜く、不退転の「やる気」を起こさせる瞑想法である。

 

 

 

先ず、結珈銃座(または半面践座)

次 長出大息呼吸法(約三分~五分)

次 長出息呼吸法(約三分~五分)

次 観想

敏文に納めておいた魔法のクンダリニー・パールを、舌先で取り出し、舌の下に

置きなさい。

次 反式呼吸法

 この呼吸法とともに、パールを、チャクラープラーナールートに入れなさい。

次 反式呼吸法に乗せて、パールを、次第に下方へ移動させなさい。約五回くらいの呼吸で、関元のマニプーラーチャクラに到達させなさい。

 関元で、パールは二倍くらいの大きさに膨脹し、しだいに光を放ち、輝きはじめる。(呼吸法五回位)

次 パールは元の形状にもどる。(反式呼吸法つづく)

 

次 パールは原状にもどり、プラーナールートを上昇する。(呼吸法つづく)

 

次 パールは賑交に到達するが、依然、上昇をつづける。

 

次「兌端」「水溝」「素膠」と、チャクラ≒フラーナールートを上昇する。

次 「神心」のところから、パールは、脳の中心に向かって進入してゆく。

 

次 パールは大脳辺緑系の「大脳基底核」に到達し、さらにその部分の「側座核」に止まる。(カラーロ絵参照)

 

次 この時、パールは、約一・五倍の大きさに膨脹し、しだいに光を放ち、輝きはじめる。(反式呼吸法の数は任意)

 

次 パールはしだいに輝きをおさめ、大きさも原状に復する。

 

次 呼吸法に乗って、パールはしだいに上昇し、プラーナールートに入って下降し、もとの敵交にもどる。

 

次 長出入息呼吸法

 

It is a meditation method that motivates immortality.

 

 

 

 

“You can take a horse to the water, but you can’t swallow it.

Absent”

 

Unless the horse was motivated to swallow water, no matter what, it wouldn’t swallow water.

Then, is there any way?

There is a part called “nucleus accumbens” in the limbic system of the brain. When stimulated here, human beings are motivated.

However, the problem is not just to get motivated.

It would be difficult to get motivated to do things that should not be done and run away from Shanimuni.

This meditation method corrects that point, and what must be done is a meditation method that motivates the unrelenting “motivation” to go through.

 

 

 

 

First, the lotus position (or half-sided mount)

Next Nagaide sigh breathing method (about 3 to 5 minutes)

Next long breath breathing method (about 3 to 5 minutes)

Next idea

Take out the magical Kundalini pearl that was stored in Toshifumi with the tip of your tongue and put it under your tongue.

Put it down.

Next anti-breathing method

Along with this breathing method, put the pearl in the Chakra Praner route.

Next, use the anti-breathing method to gradually move the pearl downward. Reach the Sekimoto Manipula chakra with about five breaths.

Next

At Sekimoto, the pearl swells to about twice the size, gradually shines and begins to shine. (Breathing method 5 times)

Next, the pearl returns to its original shape. (Continued anti-breathing method)

 

Next, Pearl returns to its original state and climbs the Planer route. (Continued breathing method)

 

Next, Pearl reaches a bustling atmosphere, but it continues to rise.

 

Next, go up the chakra ≒ fullerer route with “Duan”, “Water groove”, and “Plastic glue”.

Next, from the place of “God Heart”, Pearl enters toward the center of the brain.

 

Next, Pearl reaches the “basal ganglia” of the limbic system, and then stops at the “nucleus accumbens” of that part. (See Cararo picture)

 

Next, at this time, the pearl expands to about 1.5 times the size, gradually emits light, and begins to shine. (Any number of anti-breathing methods)

 

Next, the pearl gradually shines and the size is restored to its original state.

 

Next, following the breathing method, Pearl gradually rises, enters the Planar route, descends, and returns to the original hostility.

 

Next long breathing breathing method

マニプーラーチャクラ瞑想法  Manipula chakra meditation method

マニプーラーチャクラ瞑想法

 

 

身心を安定させ、脳をよくする

マニプーラーチャクラ瞑想法

先ず、結珈肪座(または半珈鉄座、どうしてもできない人は椅子に掛けてもよい)

次 長出大息呼吸法(約三分~五分)

次 長出息呼吸法(約三分~五分)

次 観想

 

導師からいただいたケンダリニー・パールを、口の中にふくみなさい。

口にふくんだパールを、「敵交」という部位に置きなさい。

 

次 長出息呼吸法から反式呼吸法へ

次 厭交へ置いたパールを、舌の下へ移しなさい。

 

次 舌の下から、チャクラ生気ルートに入れなさい。

  チャクラ生気ルートは、直径一センチほどの気管(プラーナ管)である。やや細めの柔軟なストローと思えばよい。自然のままではふさがっているが、

 習練によって生気の通ずる気道がひらく。血のように鮮やかな赤色である。

 

次 長出息法の呼吸に乗せて、パールを、しだいに下方へ移動させなさい。

 「承漿」から「腹中」、「腹中」から「神閥」(ヘソのこと)、「神闘」から「気海」「関元」まで、徐々に移動させなさい。

 

長出息法を約一〇回~一五回位で、関元に到達させなさい。

 

次 関元で、約五~一〇回、長出息法。(回数自由)

  この時、パールは、約三倍の大きさに膨脹し、しだいに光を放ち、輝きはじめる。(カラーロ絵参照)

 

次 反式呼吸法

  パールはしだいに、輝きをおさめ、大きさも、原状に復する。

 

次 反式呼吸法に乗って、パールは、しだいに上昇しはじめる。

  

約一〇~一五回で、もとの敵交にもどる。

 

次 長出入息呼吸法

  一〇回、呼吸をおさめながら舌の先でパールを転がしながら、願文の中に納めてしまう。

座を立つ。

 

この瞑想法の驚異的効果

 

この瞑想法の効果は、まさに「魔法」的であるといってよい。

 では、その効果はどこからくるのであろうか。

 端的にいうと、つぎの通りである。

 それは、自律神経の中枢である太陽神経叢への横隔膜による刺激と、マニプーラーチャクラヘの刺激によるホルモン湧出からくるのである。

 

 その効果をあげてみよう。

 

I、体の新陳代謝を盛んにする。

  肺の機能が高まり、これまでの何倍も大量の酸素を血液の中に吹きこみ、体じゅうに送りこむ。

2、筋内の発達をうながす。

  新陳代謝が盛んになれば、体じゅうの組織が強化されるのは当然であり、筋肉が発達する。ことに、内臓の筋肉が強化される。

3、神経のはたらきが安定する。しそれは、自律神経を安定させるからである。

  自律神経(植物性神経)とは、すべての内臓、腺、血管等、人間の意志と無関係に反応する器官を支配する不随意神経で、これらの器官のいろいろな機能を自動的に調節している。

それで、自律神経とよばれるのである。

 

 自律神経は二つの特徴を持っている。それは、

 

一、意志をともなわず、自動的にはたらくこと。

二、この神経は、かならず交感神経と副交感神経の二つからできていて、そ

 

この二つである。

 一つの内臓器官の自律神経は、いつもこの二つの神経感神経と副交感神経がはたらいて調節しているのである。

 そのはたらきはまことに微妙なもので、おたがいに反対のはたらきをする。

 交感神経は神経を昂奮させ、血管を収縮させるのにたいし、副交感神経は心臓を抑制し、血管を拡張させる。

 つまり、交感神経は人体におけるアクセルであり、副交感神経はブレーキだと思えばよい。

 交感神経が緊張すれば、人間の体は昂奮状態となり、副交感神経が緊張すれば、その昂奮が抑えられるようになる。どちらにかたよっても、体は病的な状

態になるわけで、このあい反した二つのはたらきがバランスをたもつことにより、心臓は順調に動き、血管は適当な大きさを保持するわけである。

 こういうはたらきは、すべて、意志をともなわず、まったく無意識のうちにおこなわれているが、その調和が破れると、当然、ざまな病気が生ずる。

 その調和を破るものは、病気とか、内臓器官そのものの故障によるものはべつとして、ほとんど精神的なものからくることが多い。

強い煩悶、悩み、悲しみ、恐れ、怒り等、心とからだの動揺をきたす精神的刺激が起きると、内分泌器官の中枢である脳下垂体をへて、副腎の自律神経

の交感神経につたわり、副腎の皮の髄質や、神経の末端から、アドレナリンおよびノルアドレナリン(副腎髄質ホルモン)や、シンパシン(交感神経の末端

から遊離する物質)などの、強い昂奮剤が分泌される。

 これは、その強い煩悶や恐れなどに対応するための、からだの自衛作用なのであるが、その精神的刺激がつづくと、アドレナリン系の過剰分泌をきたすこ

とになる。

Manipula chakra meditation method

 

Stabilize the body and mind and improve the brain

Manipula chakra meditation method

First, the lotus position (or the half-iron position, if you can’t do it, you can hang it on a chair)

Next Nagaide sigh breathing method (about 3 to 5 minutes)

Next long breath breathing method (about 3 to 5 minutes)

Next idea

 

Put the Kendariny Pearl from your guru in your mouth.

Place the pearl in your mouth in the area called “enemy”.

 

Next: From long-breathing breathing to anti-breathing

Next, move the pearl that you put in the sword to the bottom of your tongue.

 

Next, enter the chakra animation route from under the tongue.

The chakra animation route is a trachea (prana tube) with a diameter of about 1 cm. Think of it as a slightly thin and flexible straw. It’s occupied in its natural state,

The training opens an airway that allows for vitality. It is a bright red color like blood.

 

Next: Move the pearl downward gradually on the breath of the long breathing method.

Gradually move from “Shojo” to “Stomach”, from “Stomach” to “Navel” (navel), and from “God Fight” to “Kiumi” and “Sekimoto”.

 

Make the long breath method reach Sekimoto about 10 to 15 times.

 

Next, at Sekimoto, about 5 to 10 times, long breathing method. (Free number of times)

At this time, the pearl expands to about three times the size, gradually emits light, and begins to shine. (See Cararo picture)

 

Next anti-breathing method

The pearl gradually shines and the size is restored to its original state.

 

Next, riding on the anti-breathing method, Pearl gradually begins to rise.

 

It will return to the original hostile relationship in about 10 to 15 times.

 

Next long breathing breathing method

While holding breathing 10 times, rolling the pearl with the tip of the tongue, it was put in the application.

Stand up.

 

Amazing effect of this meditation method

 

The effect of this meditation method can be said to be truly “magical”.

Then, where does the effect come from?

In short, it is as follows.

It comes from the stimulation of the solar plexus, which is the center of the autonomic nerves, by the diaphragm and the stimulation of the manipuler chakra, which causes hormones to spring out.

 

Let’s raise the effect.

 

I, to boost the metabolism of the body.

The function of the lungs has improved, and many times more oxygen than before is blown into the blood and sent throughout the body.

2. Promote intramuscular development.

If metabolism becomes active, it is natural that tissues throughout the body will be strengthened and muscles will develop. In particular, the muscles of the internal organs are strengthened.

3. The function of nerves is stable. However, it stabilizes the autonomic nerves.

Autonomic nerves (vegetable nerves) are involuntary nerves that control all internal organs, glands, blood vessels, and other organs that react independently of human will, and automatically regulate various functions of these organs. There is.

That is why it is called the autonomic nerve.

 

The autonomic nerve has two characteristics. that is,

 

First, it works automatically without any will.

Second, this nerve is always made up of two nerves, the sympathetic nerve and the parasympathetic nerve.

 

These two.

The autonomic nerves of one internal organ are always regulated by these two nerve sensation nerves and parasympathetic nerves.

The function is really delicate, and they work in opposition to each other.

The sympathetic nerve excites the nerve and constricts the blood vessel, while the parasympathetic nerve suppresses the heart and dilates the blood vessel.

In other words, the sympathetic nerve is the accelerator in the human body, and the parasympathetic nerve is the brake.

If the sympathetic nerve is tense, the human body will be in a state of excitement, and if the parasympathetic nerve is tense, that excitement will be suppressed. Whichever way you choose, your body is morbid

By balancing these two contradictory functions, the heart moves smoothly and the blood vessels maintain an appropriate size.

All of these functions are performed unconsciously without any will, but if the harmony is broken, various illnesses will naturally occur.

The things that break that harmony often come from mental things, except for illnesses and failures of the internal organs themselves.

When mental stimuli such as strong anguish, worries, sadness, fear, anger, etc. that cause agitation of the mind and body occur, the autonomic nerves of the adrenal glands pass through the pituitary gland, which is the center of the endocrine system.

From the adrenal medulla of the adrenal gland and the nerve endings, adrenaline and noradrenaline (adrenal medulla hormone) and sympathetic nerves (sympathetic nerve endings)

Strong excitatory agents such as substances released from) are secreted.

This is a self-defense action of the body to respond to the strong anguish and fear, but if the mental stimulation continues, it causes excessive secretion of the adrenaline system.

It becomes.