求聞持聡明法秘伝   Kyokumei Satoshi Hodenden

求聞持聡明法秘伝

物質世界を超越し、時間と空間の制限を受けない。ヨーガースートラにあるよ

うに、自由に自分の肉体を消失させ、一瞬のうちにヒマラヤの奥地から東京に 飛来し、一刹那のうちにヨーロッパヘ去る。彼は、四次元世界の時間と空間の 秘密を体得しているのである。二次元(平面)世界の生物にとって、三次元 (立体)世界の生物の行動はナゾとしか思えぬように、三次元生物のわれわれ には、四次元世界に住む超人の動きは全く理解できない。インドでは、仏陀が 超人であるとして、このチャクラの完成者であることを、形を以て示してる。

それは、仏像の頭頂がまるで帽子でもかぶったように大きく盛り上がっており、 これを「肉髭」と呼ぶ。サハスラーラーチャクラの修行が完成して頭骨がこの ように発達していることを示すのである。

 さて、以上、ながながと、クンダリニー・ヨーガのチャクラについて説明した。

 なぜか?

 わたくしの開発した求聞持聡明法は、このクングリニー・ヨーガのチャクラ が持つ驚異的な変身千不ルギーを用いて、凡人を天才に変えるのだからである。

 それをひとロでいうと、わたくし独特の方法で覚醒させたチャクラエネルギー を、特殊なルートを使って、体の各要所に送りこみ、巡らせるのである。特 に、大脳の中枢部である間脳・視床下部に、この千不ルギーを集中する。これ により、肉体ぜんたいの構造を改善するとともに、大脳を変えてしまうのであ る。

 そこで、わたくしの求聞持聡明法は、大別して、二つの方法から成り立つわけである。

 一、チャクラを覚醒して、変身于不ルギーを発生させる方法。

 二、その発生した于不ルギーを、体の各要所に送りこみ、循環させる方法、

 

 

特に大脳に送りこむ方法。

である。以下これについて解説することになるのであるが、その前に、もう少し、チャクラについてのべておく必要がある。

ムドラー・チャクラの発見

 今から一七年前、一九七二年に刊行した『密教・超能力の秘密』で、わたくしは、わたくしの新しく発見したチャクラについて、つぎのように発表した。

「私は、古代ヨーガの行法と、真言密教の行法をあわせてトレーニングしているうち、たいへん奇妙なことに気がついたのだ。トレーニングを積んでかなりの力がついてきたのだけれども、かんじんのその力を発揮する方法がな

いということである。最初、私は、それだけの力がまだ自分についていないのであろうと思っていた。しかし、しだいしだいにみちてくる力を全身に感じて、私は、ついに苦しくなってきた。欝勃とみちみちてくる潮のごときこの力を思いっきり叩きつけるごとくはとばしらせてみたい。しかし、その方法をヨーガは持たぬ!

 そういえば、あなたももはや気がついたであろう。ヨーガのチャクラは。ダルマさん”である。つまり、手も足もない。あるのは頭と胴体だけだ。

 私の修行は次第にすすんで、ム上フーグ上フ、スヴア九アイターナの二つのチャクラは完全にマスターし、マニプ上フーチャクラのトレーニングに入っていた。このチャクラの修得も次第にすすみ、定に入っていると、チャクラの中心から、透明な火焔(のような于不ルギー)が漂い浮かぶのが見

えるようになった。ヨーガースートラにいう。サマーナの気を統御すれば身体から火焔を発することができる”とあるそのサマーナ気を私は克服しつつ

あった。しかし、そのサマーナの気の于不ルギーを一点に集中して対象(壇木)に点火する方法は、どの奥義書にも記してない。私は、マニープ土フーチャクラを中心に、次第に全身が大の于不ルギーで満たされることを感じつつ、その火を、現実の火として。物質化”する方法の探求に苦しんだ。

 そのころ、ヨーロッパで刊行されたC・T・クリークという人の書いた

『ヨガの実相』という本を于にする機会を得た。そのなかに、神智学の偉才、ブラバツキー女史のグループの一員であった英国のリードビーター僧正が。クンダリニー・ヨガの奥義の、クンダリニーの秘密を体得すれば、物質化学における電気の百万ボルトに匹敵する人体電気を持つことができるようになる”といい、疑問視する多くの人たちの前でその実証をしてみせたという

文章を読んだ。定に入ったりIドビーター僧正が、そこに置かれた厚いカシの板に掌をおしあて、しばらくしてはなしたあとを見ると、焼きゴテをあてたように、僧正の掌のあとが黒くくっきりとついていたというのである。

 

 

 

桐山精雄

 

 

Kyokumei Satoshi Hodenden

Transcends the physical world and is not limited by time and space. It’s in Yoger Sutra

As you can see, you are free to lose your own body, and in a blink of an eye you can fly from the hinterland of the Himalayas to Tokyo and leave to Europe in a moment. He knows the secrets of time and space in the four-dimensional world. Just as the behavior of the creatures in the three-dimensional (three-dimensional) world seems strange to the creatures in the two-dimensional (two-dimensional) world, we cannot understand the movements of superhumans living in the four-dimensional world. In India, the Buddha is said to be a superhuman, and he shows that he is the perfector of this chakra.

The top of the Buddha statue is raised as if it were wearing a hat, and this is called a “flesh beard”. It shows that the training of the Sakhasler ratchakra is completed and the skull is developing in this way.

Above, I explained about the Kundalini yoga chakra with Nagana.

why?

This is because the Kyokumei holding intelligent method developed by me uses the amazing transformation of Senju Rugey of this Kungrini Yoga chakra to transform an ordinary person into a genius.

In a nutshell, the chakra energy awakened in a unique way is sent to various points on the body through a special route and circulated. In particular, this Thousand Rugy is concentrated in the diencephalon, the hypothalamus, which is the central part of the cerebrum. This improves the structure of the body and changes the cerebrum.

Therefore, my method of seeking knowledge has been roughly divided into two methods.

1. A method of awakening the chakras and causing transformation into irrigation.

Ⅱ, the method to send the generated unurgy to each point of the body and circulate it,

Especially the method of sending to the cerebrum.

Is. I’ll explain this below, but before that, I need to talk a little more about chakras.

Discovery of Mudra Chakra

In the “Secrets of Esoteric Buddhism/Supernatural Powers”, published 17 years ago, in 1972, I made the following announcement about my newly discovered chakra.

“I learned a very strange thing while training both ancient yoga practice and Shingon esoteric practice. Although I gained a great deal of training, I learned that There is no way to exert that power of

That is true. At first, I was wondering if I had the power to do it. However, as I felt the power of gradually increasing in my whole body, I finally became painful. I’d like to let this force fly out as much as I can with the tide and the rising tide. However, yoga doesn’t have the method!

Speaking of which, you may have noticed it. The yoga chakra. Dharma-san. That is, there are no hands or feet. There is only a head and a torso.

My training gradually progressed, and I completely mastered the two chakras, Mu-Fu-Fu-Fu and Suvua-Kyu Aitana, and were in training for Manip-Fu-Fu Chakra. As the learning of this chakra gradually progresses, when it is settled, a transparent flame (such as Ururugi) is seen floating from the center of the chakra.

I got it. Say to Yoger Sutra. If I can control the energy of Samana, I can release a flame from my body.”

there were. However, none of the mystery books describes how to concentrate the Samana’s disappointing rugy on one point and ignite the target (dangi). I feel that the whole body is gradually filled with a large amount of rugy, centering around the Manipu soil Fuchakura, and the fire becomes a real fire. I struggled to find a way to “materialize”.

At that time, written by a person called CT Creek published in Europe

I had the opportunity to publish a book called “The Real Phase of Yoga”. Among them, the lead beater monk, British, who was a member of the group of Ms. Brabatsky, a great theophilosopher. “Understanding the secrets of Kundalini Yoga, the secret of Kundalini, will allow us to have human body electricity that is equivalent to a million volts of electricity in material chemistry.” That he demonstrated that

I read the text. After a while, I saw Debbie Tadashi put his palm on a thick oak board placed there, and after a while, when I saw it, it was like a baked gote, It was said that it was clearly attached to black.

Kiriyama Seio

求聞持聡明法秘伝   Kyokumei Satoshi Hodenden

求聞持聡明法秘伝

物質世界を超越し、時間と空間の制限を受けない。ヨーガースートラにあるよ

うに、自由に自分の肉体を消失させ、一瞬のうちにヒマラヤの奥地から東京に 飛来し、一刹那のうちにヨーロッパヘ去る。彼は、四次元世界の時間と空間の 秘密を体得しているのである。二次元(平面)世界の生物にとって、三次元 (立体)世界の生物の行動はナゾとしか思えぬように、三次元生物のわれわれ には、四次元世界に住む超人の動きは全く理解できない。インドでは、仏陀が 超人であるとして、このチャクラの完成者であることを、形を以て示してる。

それは、仏像の頭頂がまるで帽子でもかぶったように大きく盛り上がっており、 これを「肉髭」と呼ぶ。サハスラーラーチャクラの修行が完成して頭骨がこの ように発達していることを示すのである。

 さて、以上、ながながと、クンダリニー・ヨーガのチャクラについて説明した。

 なぜか?

 わたくしの開発した求聞持聡明法は、このクングリニー・ヨーガのチャクラ が持つ驚異的な変身千不ルギーを用いて、凡人を天才に変えるのだからである。

 それをひとロでいうと、わたくし独特の方法で覚醒させたチャクラエネルギー を、特殊なルートを使って、体の各要所に送りこみ、巡らせるのである。特 に、大脳の中枢部である間脳・視床下部に、この千不ルギーを集中する。これ により、肉体ぜんたいの構造を改善するとともに、大脳を変えてしまうのであ る。

 そこで、わたくしの求聞持聡明法は、大別して、二つの方法から成り立つわけである。

 一、チャクラを覚醒して、変身于不ルギーを発生させる方法。

 二、その発生した于不ルギーを、体の各要所に送りこみ、循環させる方法、

 

 

特に大脳に送りこむ方法。

である。以下これについて解説することになるのであるが、その前に、もう少し、チャクラについてのべておく必要がある。

ムドラー・チャクラの発見

 今から一七年前、一九七二年に刊行した『密教・超能力の秘密』で、わたくしは、わたくしの新しく発見したチャクラについて、つぎのように発表した。

「私は、古代ヨーガの行法と、真言密教の行法をあわせてトレーニングしているうち、たいへん奇妙なことに気がついたのだ。トレーニングを積んでかなりの力がついてきたのだけれども、かんじんのその力を発揮する方法がな

いということである。最初、私は、それだけの力がまだ自分についていないのであろうと思っていた。しかし、しだいしだいにみちてくる力を全身に感じて、私は、ついに苦しくなってきた。欝勃とみちみちてくる潮のごときこの力を思いっきり叩きつけるごとくはとばしらせてみたい。しかし、その方法をヨーガは持たぬ!

 そういえば、あなたももはや気がついたであろう。ヨーガのチャクラは。ダルマさん”である。つまり、手も足もない。あるのは頭と胴体だけだ。

 私の修行は次第にすすんで、ム上フーグ上フ、スヴア九アイターナの二つのチャクラは完全にマスターし、マニプ上フーチャクラのトレーニングに入っていた。このチャクラの修得も次第にすすみ、定に入っていると、チャクラの中心から、透明な火焔(のような于不ルギー)が漂い浮かぶのが見

えるようになった。ヨーガースートラにいう。サマーナの気を統御すれば身体から火焔を発することができる”とあるそのサマーナ気を私は克服しつつ

あった。しかし、そのサマーナの気の于不ルギーを一点に集中して対象(壇木)に点火する方法は、どの奥義書にも記してない。私は、マニープ土フーチャクラを中心に、次第に全身が大の于不ルギーで満たされることを感じつつ、その火を、現実の火として。物質化”する方法の探求に苦しんだ。

 そのころ、ヨーロッパで刊行されたC・T・クリークという人の書いた

『ヨガの実相』という本を于にする機会を得た。そのなかに、神智学の偉才、ブラバツキー女史のグループの一員であった英国のリードビーター僧正が。クンダリニー・ヨガの奥義の、クンダリニーの秘密を体得すれば、物質化学における電気の百万ボルトに匹敵する人体電気を持つことができるようになる”といい、疑問視する多くの人たちの前でその実証をしてみせたという

文章を読んだ。定に入ったりIドビーター僧正が、そこに置かれた厚いカシの板に掌をおしあて、しばらくしてはなしたあとを見ると、焼きゴテをあてたように、僧正の掌のあとが黒くくっきりとついていたというのである。

 

 

 

桐山精雄

 

 

Kyokumei Satoshi Hodenden

Transcends the physical world and is not limited by time and space. It’s in Yoger Sutra

As you can see, you are free to lose your own body, and in a blink of an eye you can fly from the hinterland of the Himalayas to Tokyo and leave to Europe in a moment. He knows the secrets of time and space in the four-dimensional world. Just as the behavior of the creatures in the three-dimensional (three-dimensional) world seems strange to the creatures in the two-dimensional (two-dimensional) world, we cannot understand the movements of superhumans living in the four-dimensional world. In India, the Buddha is said to be a superhuman, and he shows that he is the perfector of this chakra.

The top of the Buddha statue is raised as if it were wearing a hat, and this is called a “flesh beard”. It shows that the training of the Sakhasler ratchakra is completed and the skull is developing in this way.

Above, I explained about the Kundalini yoga chakra with Nagana.

why?

This is because the Kyokumei holding intelligent method developed by me uses the amazing transformation of Senju Rugey of this Kungrini Yoga chakra to transform an ordinary person into a genius.

In a nutshell, the chakra energy awakened in a unique way is sent to various points on the body through a special route and circulated. In particular, this Thousand Rugy is concentrated in the diencephalon, the hypothalamus, which is the central part of the cerebrum. This improves the structure of the body and changes the cerebrum.

Therefore, my method of seeking knowledge has been roughly divided into two methods.

1. A method of awakening the chakras and causing transformation into irrigation.

Ⅱ, the method to send the generated unurgy to each point of the body and circulate it,

Especially the method of sending to the cerebrum.

Is. I’ll explain this below, but before that, I need to talk a little more about chakras.

Discovery of Mudra Chakra

In the “Secrets of Esoteric Buddhism/Supernatural Powers”, published 17 years ago, in 1972, I made the following announcement about my newly discovered chakra.

“I learned a very strange thing while training both ancient yoga practice and Shingon esoteric practice. Although I gained a great deal of training, I learned that There is no way to exert that power of

That is true. At first, I was wondering if I had the power to do it. However, as I felt the power of gradually increasing in my whole body, I finally became painful. I’d like to let this force fly out as much as I can with the tide and the rising tide. However, yoga doesn’t have the method!

Speaking of which, you may have noticed it. The yoga chakra. Dharma-san. That is, there are no hands or feet. There is only a head and a torso.

My training gradually progressed, and I completely mastered the two chakras, Mu-Fu-Fu-Fu and Suvua-Kyu Aitana, and were in training for Manip-Fu-Fu Chakra. As the learning of this chakra gradually progresses, when it is settled, a transparent flame (such as Ururugi) is seen floating from the center of the chakra.

I got it. Say to Yoger Sutra. If I can control the energy of Samana, I can release a flame from my body.”

there were. However, none of the mystery books describes how to concentrate the Samana’s disappointing rugy on one point and ignite the target (dangi). I feel that the whole body is gradually filled with a large amount of rugy, centering around the Manipu soil Fuchakura, and the fire becomes a real fire. I struggled to find a way to “materialize”.

At that time, written by a person called CT Creek published in Europe

I had the opportunity to publish a book called “The Real Phase of Yoga”. Among them, the lead beater monk, British, who was a member of the group of Ms. Brabatsky, a great theophilosopher. “Understanding the secrets of Kundalini Yoga, the secret of Kundalini, will allow us to have human body electricity that is equivalent to a million volts of electricity in material chemistry.” That he demonstrated that

I read the text. After a while, I saw Debbie Tadashi put his palm on a thick oak board placed there, and after a while, when I saw it, it was like a baked gote, It was said that it was clearly attached to black.

Kiriyama Seio

シュタイナー と 睡眠  Steiner and sleep

 
 

人間は4つのものでできている

 自然科学では、人間を作るものとして物質の肉体しか考えませんが、精神(霊)科学では肉体(物 質体)以外にも、肉眼では見えない「体」を考えています。霊視能力が高まるほどに、それらの「体」が見えてきます。それは、生命力をになうエーテル体(生 命体)と、感情をになうアストラル体です。さらに能力が高まると、自我さえも見えてきます。奇妙に聞こえるかもしれませんが、自我も一つの存在として見えてくるのです。霊視者が見た人間の姿を図示してみると下のようになります。

 これら物質体、エーテル体、アストラル体、自我の4つは、いわば波動のレベルが違うので、重なることができます。

植物と鉱物

 植物も物質体のほかに、エーテル体を持っていますが、鉱物は物質体だけです。エーテル体を持っていない鉱物は「生きていない」わけです(厳密には、鉱物もエーテル体の兆しは持っています)。

エーテル体

 エーテル体についてもう少し詳しくいうと、エーテル体は生命を与えるだけでなく、生物に形も与えています。エーテル体の形が、物質体の原形になっています。つまり原形としてのエーテル体が先にあり、その原形を物質体が満たしているというわけです。ソビエトの科学者キルリアン夫妻がその原形らしきものを捉えたことは、知っている人も多いでしょう。高周波放電を利用した装置を用いて、たとえば、一部を 切り取られた葉がしばらくの間、切られる前の輪郭で写真に写ったのです。ニューサイエンスの分野でも、「生物場」とか「形態形成場」という考え方で、エー テル体に近いものを想定する人たちがいます。

 人間の場合、四肢や内臓、脳などもすべて、エーテル体の原形があるわけです。といっても、物質体と同じような輪郭だけを思い浮かべると、エーテル体の実際と違ってしまいます。エーテル体は、物質体とは違って、リズムを持った流れのような性質も持っています。中国や日本で、人間の「気」と呼ばれているものは、エーテル体やエーテル流に相当します。人間の持っている体質や癖といったものが、肉体から治そうとしてもなかなかうまくいかないのは、エーテル体にその原因があることが多いからです。体内の「気」の流れを正して体質改善しようというのは、エーテ ル体に働きかけて治そうということです。

 エーテル体は、さらに記憶もになっています。しかし、記憶は脳の働きによるのではないか。脳が損傷すれば、記憶も思考もだめになるではないかという人もいるでしょう。これに対し、精神(霊)科学では、見かけ上、そうなるに過ぎないと考えます。記憶 はエーテル脳に刻み込まれていて、物質脳は、外部の物質世界の印象を取り込む器官に過ぎないのです。8ミリカメラにたとえるなら、物質脳がレンズであり、 エーテル脳がフィルムになるでしょう。レンズが曇ったり、こわれたりすれば、フィルムの映像もぼけたり、だめになるわけです。物質世界にいる間は、物質脳 が正常に働かないとエーテル脳の働きも不十分になります。しかし人間の死後、物質脳の働きが止まった後も、エーテル脳に刻み込まれた記憶は、ある期間、働き続けることができるのです。カメラから取り出されたフィルムが映写機にかけられるようなことが起こるのです。

                         [戻る]

アストラル体と動物 

 アストラル体は、このエーテル体より、もうひとつ高い波動の素材でできていて、感情や欲望をになっていますが、動物もこれを備えています。

 鉱物から人間までの構成をまとめると次の表のようなぐあいになります。

    人間   動物   植物   鉱物
   自我    ○      
アストラル体    ○    ○    
エーテル体    ○    ○    ○  
 物質体    ○    ○    ○    ○

 以上を前提にして、人聞が眠っている時の状態について述べてみます(以下、シュタイナーの講演 集、211番『太陽密儀、ならびに死と復活の秘儀』の「夜間意識の3状態」を中心にお話します。目下、翻訳はありません)。

 まずシュタイナーは睡眠を3つに分けていて、1、夢を見ている眠り、2、夢見のない深い眠り、 3、さらに深い眠り、を挙げています。先ほど紹介した人間の4要素の構成も、睡眠に入ると変化します。

                                                    [戻る]

睡眠の第一段階(夢見の状態)

夢見状態から見ていくと、次の図のようなふうになります。

〔自我十アストラル体〕は物質体からほとんど抜け出ていますが、まだエーテル体とはつながっています。自我が物質体の中に入っている間、人間は、しっかりした意識を持てますが、自我が物質体の外に出ると、ふつうは意識を失います。しかしこの場合は、 エーテル体とのつながりがまだあります。

 エーテル体は先ほど述べたように、記憶をつかさどっています。そのため、〔自我十アストラル 体〕に、エーテル体から日常の記憶が浮かび上がってきて、これが夢となります。自我は物質体の外にいるため、正常な働きができず、浮かび上がってきたイ メージを日常とは異なる流れに流し込みます。

 なお、自我とアストラル体、エーテル体と物質体は、それぞれ、生きている間は離れることがないので、くっつけて〔自我十アストラル体〕、〔エーテル体十物質体〕という表し方も使うことにします。エーテル体と物質体が離れる時は、死ぬ時です。

            死直後の状態

  (図の説明:物質体が残され、その他の要素はすべて外へ出ている)

エーテル体を失った物質体は崩壊します。死後抜け出た自我には、睡眠中とは異なり、意識が宿っています。エーテル体は、ひどく危険な目にあって死にかけた時にも、一時的に物質体から離れることがあります。そうした時や、死んだ直後は、それまでの人生のフラッシュバックが起きますが、それは自我と一緒に出ているエーテル体の中の記憶にもとづいています。詳しくは、死の問題をあつかう時に説明する予定です。

                                   [戻る]

夢の意味

 さて、夢は日常の記憶の混乱でしかないのでしょうか。夢の意味することについてはフロイドの精神分析学や、ユングの分析心理学では大きなウエイトがおかれています。というよりも、ユングの場合、夢は無意識世界と意識世界の間を仲立ちするものです。夢の象徴するものを解釈して、無意識世界からの合図を読み取ろうとします。しかし、シュタイナーは、不完全な自我の働きによる夢をあまり重んじません。夢にはその人の体調が象徴的に表されるというふうに述べている(全集137番『オカルティズム、神智学、ならびに哲学から見た人間』、第7講)ほかに、霊的世界の影が夢に落とされることも、たしかに認めています。しかし、それはあくまで、ほんの影にすぎないと強調します。

 夢を見ている時、〔自我十アストラル体〕は物質体から抜け出ていると言いましたが、抜け出た先が霊的世界でして、〔自我十アストラル体〕は、睡眠中、その世界に接しているわけです。

 しかし現代の人間は、ふつうその世界を覗くことができません。見ることができるのは秘儀参入者 だけです。

                                                      [戻る]

イマギナチオーンと夢の世界

 秘儀参入者の霊視能力には段階があります。最初の段階はイマギナチオーンといわれる能力です。これはアストラル体に働きかけることによって身につきます。この力がつくと、〔エーテル体十物質体〕から〔自我十アストラル体〕が離れる変化や、死後の変化も霊視できます。イマギナチオーンの世界は本来、形象の世界でして、イメージの海がそこで波打ち、さまざまに形を織り成しています。始まりも終わりもないメタモルフォーゼの世界です。このイマギナチオーンの力によって地球が原初から変化してきた姿も見えます。しかしイマギナチオーンでは事柄の意味までは分かりません。

 夢見の眠りの世界は、このイマギナチオーンの力で見ることができます。こうした能力の開発の仕方は、『神秘学概論』の第5章「高次世界の認識(参入について)」や、『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』などに紹介してあります。先ほど、 シュタイナーは夢を重視しないと言いましたが、秘儀参入の場合は、睡眠中の状態を能力開発のバロメーターにすることができます。

 最初の兆しは、夢が規則的になり、特定の姿が現れ、意味のある言葉が聞こえるようになることです。友人の家が燃えている夢を見たら、後でその友人が病気になったという知らせを受けるような体験も起こりだします。  [戻る]

古代人の睡眠

 古代インド、古代ペルシャのころの人間は、現代人のように〔自我十アストラル体〕が〔エーテル体十物質体〕にきっちりはまり込んでなかったし、自我の状態も違っていたので、目覚めている時も〔自我十アストラル体〕が分離しやすく、「白昼夢」に似た 形で、霊的世界の様子を見ることができました。夜の睡眠中も、意識を失わないで霊的世界を見ることがありました。当時も秘儀参入者はいましたがふつうの人でも、ぼんやりとこの世界を見ることができたのです。彼らにとって霊的世界は信じるような種類の事柄ではなく日常的なものだったのです。今日では事情が変わってしまいました。

催眠状態と秘儀参入の違い

 逆行催眠を行うと、全く忘れていた昔の記憶、幼年時代の記憶が細かい点までよみがえるといいます。場合によっては一日刻みに、しかも生まれたその日までさかのぼれると主張する人もいます。このような現象は、記憶をつかさどるエーテル体と関連しています。シュタイナーによると、催眠術をかけられている人を霊視すると、その人の頭部のエーテル体が左右どちらかに垂れてしまっているそうです(物質体から エーテル体の一部が出てしまうことでは、血行が悪くて痺れてしまった手や足の場合も、同じです)。(全集96番「精神(霊)科学の根源にあるインパルス』)。

Human beings are made of four things In natural sciences, we only consider the physical body of matter as what makes us human, but in spiritual science we think of the “body” that is invisible to the naked eye, in addition to the physical body. The more you can see, the more you can see those “bodies.” It is an ether body (living body) that becomes vital and an astral body that becomes emotional. With even higher abilities, even the ego can be seen. It may sound strange, but the ego also appears as a being. The figure below shows the figure of a human being as viewed by a spiritual viewer. These four substances, the ether body, the astral body, and the ego, have different wave levels, so to speak, so they can overlap. Plants and minerals Plants have ether bodies in addition to physical bodies, but minerals are only physical bodies. Minerals that do not have an ether body are “alive” (strictly, minerals also have signs of an ether body). Ether body To elaborate on the ether body, the ether body not only gives life, but also gives shape to living things. The shape of the ether body is the original form of the substance body. In other words, the ether body as the original form comes first, and the substance body fills the original form. Many people know that Soviet scientists Kirlian and his wife caught what seems to be the original form. Using a device that uses high-frequency discharge, for example, a partially cut leaf was photographed for a while with the contour before cutting. Even in the field of new science, there are people who envision something close to an ether body, based on the idea of ​​a “biological field” or “morphological site”. In the case of humans, all limbs, internal organs, brain, etc. all have the original form of an ether body. However, if you think of only the same contour as the physical body, it will be different from the actual ether body. Unlike the physical body, the ether body also has a flow-like property with rhythm. In China and Japan, what is called the “ki” of humans is equivalent to the ether body or ether flow. The reason why human constitutions and habits do not work well even when trying to cure them from the physical body is because the etheric body has many causes. Correcting the flow of “ki” in the body to improve the constitution is to work on the body and cure it. The ether body also has memory. However, memory may be due to the function of the brain. Some might argue that brain damage can ruin both memory and thought. On the other hand, in spiritual science, I think that this is only the appearance. Memory is inscribed in the ether brain, and the material brain is just an organ that captures the impression of the external material world. If we compare it to an 8mm camera, the physical brain would be the lens and the ether brain would be the film. If the lens becomes cloudy or broken, the film image will be blurred or spoiled. While in the physical world, if the physical brain does not work properly, the ether brain will also function insufficiently. However, even after the death of humans and the work of the material brain has stopped, the memory imprinted in the ether brain can continue to work for a certain period of time. It happens that the film taken out of the camera can be applied to the projector. [Return] Astral body and animals The astral body is made of a material with a higher vibration than this ether body, and it has emotions and desires, but animals also have this. The table below summarizes the composition from minerals to humans. Humans, animals, plants, minerals Ego ○ It’s a sequel. It’s a sequel. Astral body ○○ It’s a sequel. Ether body ○○○○ Material body ○○○○○○ Based on the above, I will describe the state when the human being is asleep (Hereafter, Steiner’s lecture collection, No. 211 “Sun Mystery, and Mystery of Death and Resurrection” “Night Consciousness State” (There is currently no translation). First of all, Steiner divides his sleep into three, and he mentions 1, sleep with dreams, 2, deep sleep without dreams, 3, and even deeper sleep. The composition of the four elements of humans, which I introduced earlier, also changes during sleep. [Return] First stage of sleep (dreaming state) From a dreaming state, you will see something like the following figure. The [ego astral body] has almost escaped from the physical body, but is still connected to the ether body. Humans have a strong sense of consciousness while the ego is in the physical body, but when the ego exits the physical body, it usually loses consciousness. But in this case, there is still a connection with the etheric body. As mentioned earlier, the ether body is responsible for memory. Therefore, everyday memories emerge from the ether body in the [ego astral body], and this becomes a dream. Since the ego is outside of the physical body, it cannot function normally, and the emerging image is poured into a flow different from the ordinary. Since the ego and the astral body and the ether body and the physical body do not separate from each other during life, we will stick them together and use the expressions [ego ten astral body] and [ether body ten substance body]. I will. When the ether body and the physical body separate, it is time to die. State immediately after death (Explanation of the figure: The substance is left, all other elements are outside) The substance body that lost the ether body will collapse. The ego that escapes after death has consciousness unlike sleep. The etheric body can temporarily leave the body even when it is dying in a very dangerous eye. At that time, and immediately after his death, the flashback of his life so far occurs, which is based on the memory in the ethereal body with his ego. I will explain more about it when dealing with the issue of death. [Return] The meaning of a dream Well, is a dream just a mess of everyday memory? Floyd’s psychoanalysis and Jung’s analytical psychology place great weight on the meaning of dreams. Rather, in the case of Jung, dreams mediate between the unconscious and conscious worlds. It interprets the symbols of dreams and tries to read cues from the unconscious world. However, Steiner does not place much importance on the dreams of imperfect ego work. In addition to saying that a person’s physical condition is symbolically represented in a dream (Complete Works 137, “Occultism, Theosophy, and Humans Seen from Philosophy”, Lesson 7), the shadow of the spiritual world I admit that I am dropped into a dream. But I emphasize that it is just a shadow. When I was dreaming, I said that the [ego-10 astral body] is out of the physical body, but the destination is a spiritual world, and the [ego-10 astral body] Is in contact with. However, modern humans cannot usually look into the world. Only arcane entrants can see it. [Return] The world of imagination and dreams There are stages in the spiritual ability of arcane entrants. The first stage is the ability called Imagination. This is achieved by working on the astral body. When this power is added, you can also see the change of [Ego ten astral body] from [Ether body ten substance body] and the change after death. The world of Imagination is originally a world of figures, where the sea of ​​images undulates and weaves various shapes. It is a world of metamorphosis that has no beginning or end. You can also see how the earth has changed from its original origin due to the power of this imagery. But at Imagination, we don’t understand the meaning of things. The world of dreamy sleep can be seen with the power of this imaginatioine. How to develop these abilities is introduced in Chapter 5 of “Introduction to Mysticism”, “Awareness of the higher world (about entry)” and “How to acquire the perception of the transsensory world.” There is. Earlier I mentioned that Steiner doesn’t focus on dreams, but if you’re entering the Arcane, you can make your sleeping state a barometer of development. The first sign is that your dreams will become regular, you will have a certain appearance, and you will be able to hear meaningful words. When a friend’s house has a burning dream, they may later be notified that the friend has become ill. [Return] Ancient people sleep Humans in ancient India and Persia were awakened because the [ego astral body] did not fit exactly into the [ether body and 10 substance body] like modern people, and the state of the ego was different. Even when I was there, the [ego astral body] was easy to separate, and I was able to see the state of the spiritual world in a form similar to a daydream. Even during sleep at night, I sometimes saw the spiritual world without losing consciousness. Even at that time there were esoteric entrants, but even ordinary people could vaguely see this world. For them, the spiritual world was more of an everyday thing than a believing kind. Things have changed today. The difference between hypnosis and arcane entry It is said that performing retrograde hypnosis will bring back memories that were completely forgotten and memories of childhood to even the smallest details. Some argue that in some cases it can be traced back to the day of birth, and even to the day it was born. Such phenomena are associated with the ether body that controls memory. According to Steiner, when a person is hypnotized, the ether body of the person’s head hangs down to the left or right (a part of the ether body comes out of the material body). This also applies to hands and feet that have become numb due to poor circulation.) (Complete work No. 96 “Impulse at the root of spiritual science”).

瞑想の基礎 座法  The basics of meditation 

­Five harmony methods before meditation
First, we have to prepare the Five Laws.

Fifth law is to regulate food and drink. Second, regulating sleep. Three
To prepare. To breathe in four. Five is to prepare your heart.
First, preparing food is as follows.
Meals are intended to help your body and get on the right path.
But if you are eating too much
The mind tends to be broken, and it is difficult for the mind to rest after zazen.
But if you eat too little and you don’t have enough,
I do not firmly think and think. Both of these have gained Zen
It is not a way to go.
く Also, if you are eating something that has been lost or dirty, you will realize your heart
And make it easy to get lost. If you are eating irritants that are not good for your body,
The sickness of the sickness starts moving (the sickness comes out), and the sickness of the body also deteriorates. So
If you are going to practice zen-zen, be sure to embrace them at the beginning.
I have to.
Secondly, adjusting sleep means that sleep is covered by blindness
So, don’t let this happen.
眠 If you fall asleep too much, you have more time to practice Buddhist law
Not only is it abandoned, the heart of effort tends to be lost.
Sink. Just taking into account that life is inconsistent, sleeping well,
It is good to clean your mind and brighten your heart.
Thirdly, you prepare yourself, fourthly, breathe, fifthly,
These three conditions should be used together and should be explained separately
Can not. Let’s talk about this below.
Firstly, to prepare yourself is to correct the body in order for us to do correct meditation.
It must be adjusted properly.

If the movement is rough, breathing will be lost. I feel breathless
And it becomes difficult to stop losing your mind. Even if you try zazen, your mind tends to fall,
It is hard to feel calm.
So you have to be careful before you start zazen. So
Be careful when you are trying to meddle with zazen.
And where the mind can calm down.
た ら When you arrive at a place to sit for the first time, you need to settle down
should not. If you can always stay at ease,
Never.
Next, you should correct your posture from your legs.
If you are sitting in the half-coffee, put your left leg on the right leg
To the body, aligning the left leg finger and the right prolapse, and the right leg finger and the left shin
We prepare.
If you are going to sit down called Yu-Ya gun,
Figure 1 Semi-missed gun

Lift the leg and place it on the left leg.
Next, loosen the belt.

But it’s too loose and won’t fall off while sitting
I have to do it. Then calm down your hands. Place left palm on right hand
Put your hands on each other, settle on each other, put them on your left leg,
Put on your body and put it on your lower stomach to calm down.

Next, get yourself right.

First, move the body and limbs and limbs, about seven or eight degrees.
Is better. Also, try to massage yourself and leave no lump on your limbs.
To Next, get yourself right. To do this, keep the whole body neat and straighten the spine
So that it does not bend or warp.

Next, correct the head and neck.

Make sure your nose and navel are on a vertical line
Do not warp and live properly.

Next, open B, and exhale the writhing in your chest.

方法 The way to exhale is to open b and exhale, but exhale as much as you want.
Release all the bad things in the body, and it exhales
I think that it goes out according to. Close your mouth when you get out, and clean your nose
Insert Repeat about three times in this way. As long as your body is in harmony, you only need to do it once.

Next, close your mouth.

合 わ せ Make the lips and teeth fit naturally up and down, with the tongue lifted toward the upper jaw
You. Then close your eyes. It is only necessary to cut off external light slightly. When it’s over
Squatting (to sit straight with correct posture), like town stone. The body
The neck and limbs should not be moved.

Above is how to prepare yourself when you first enter Zen. You can give it a point
Don’t be hurry and relax. This is a healthy phase.

瞑想に入る前の五つの調和法
まず五法を調えよとある。

五法とは、一に飲食を調節すること。

二に睡眠を調節すること。

三には身を調えること。

四に気息を調えること。

五には心を調えることである。

第一に、食を調えるというのはつぎのようなことである。
食事はほんらいからだをたすけ正しい道にすすましめるためのものである。
それなのに、もし食べすぎているような状態でいると、気はあせり、からだけ
だるく、心がとぎれがちで、座禅をしても心は安らかになりにくい。
だが、もし食べることが少なすぎて足りないと、からだけ疲れ、心は呆け、
思うところも考えることもしっかりとしない。この二つは、どちらも禅定を得
る道にはならない。
また、もしけがれたものやよごれたものを食べていると、ひとの心を悟く
し、迷いやすくする。もしからだによくない刺激物を食べていると、かねてか
らの病が動いてくるし(持病が出ること)、からだの調子も悪くなる。だから
禅定を修習しようとするなら、そのはじめにぜひとも深くこれらをつつしまな
ければならない。

第二に、睡眠を調えるというのは、眠とはこれ無明が心に覆いかぶさるので
あるから、これをほしいままにしてはならないということだ。
もし眠ることが必要度を過ぎて多いときは、それだけ仏法を修習する時間が
廃されるだけでなく、努力の心も失われがちで、しかも心をくらくし、善い心
を沈没させる。まさに人生が無常であることをさとり、睡眠をよく調伏して、
気分を清白に、心を明るくきよからしめるがよい。

第三には、身を調え

、第四には息を調え、

第五には心を調えるのであるが、

この三つの条件は、まさに合わせて用うべきなので、べつべつに説明すること
はできない。以下これについて述べてみよう。
第一に身を調えるとは、われわれが正しい瞑想をするためには、からだを正しく調えなければならないということである。

かたもし動作が粗雑であれば、息づかいもそれだけみだれる。息づかいがあらい
と、心もみだれておさめにくくなる。座禅をしてみても、心がみだれがちで、
落ち着いた気分にはなりにくい。
だから座禅をはじめる前から、あらかじめ注意していなければならない。そ
の上うに用心しておいて、いざ座禅をけじめようとするときには、なおよく身
も心も落ち着けるような所をえらぶようにしなければならない。

はじめて座るべき場所についたら、その場所にしっかりと落ち着かなければ
いけない。つねに安穏にしていられるようであれば、いつまでもさまたげられ
ることはない。

つぎにはま脚から姿勢を正しくすべきである。
もし半珈座といわれる座りかたならば、左の脚を右の脚の上におき、それ
を引きつけて身に近づけ、左脚の指と右の脱とをそろえ、右脚の指と左の脛と
をそろえる。

もし結珈座といわれる座りかたをしようとするなら、さらに下にある右の

図1半踪銃座

脚ももち上げ、それを左の脚の上に置く。
つぎに衣帯を解きゆるめる。

しかし、ゆるめすぎて、座っているときに脱げて落ちたりすることがないようにしなければいけない。つぎに手を落ち着ける。左手の掌を右手の上に置き、両手をかさね、あい対してこれを落ち着け、ともに左脚の上に置き、ひきつけて身に近づけ、下腹に当てて落ち着ける。

つぎに身を正しくする。

まず、そのからだならびに手足や肢節をゆり動かすこと、七、八度くらいす
るがよい。また、自分でからだを揉みほぐして、手足にしこりを残さないよう
にする。つぎには身を正しくする。それには全身を端正にし、背骨をまっすぐ
にして、曲がったり、反り返ったりすることのないようにする。

つぎに、頭、頚を正しくする。

鼻とヘソが垂直線上にあるようにし、それがかたよらず斜めならず、うつむ
かず、また、反り返らないようにし、正しく住する。

つぎにロを開き、胸中の機れた気を吐き去る。

気を吐く方法は、ロを開き、気を放つが、思うぞんぶんにそれを吐き出す。
そのときからだのなかのぐあいのわるいものをことごとく放ち、それが吐く息
にしたがって出てゆくものと観想する。出しつくしたら口を閉じ、鼻から清気
を入れる。このようにして三度ほどくりかえす。身息が調和しさえすれば、一度だけでもよい。

つぎに口を閉じる。

唇と歯を上下かるく自然に合わせ、舌はもちあげるようにして上顎に向け
る。そして、眼を閉じる。わずかに外光を断つ程度でよい。それが終わったら
端身正座(姿勢を正しくして正座する)すること、町石のごとくであれ。身や
首や手足をこまかく動かすようなことがあってはならない。

以上がはじめに禅定に入るときに身を調える方法である。要をあげていえ
ば、寛ならず急ならざること。これが身体の調った相である。

禅と、マインドフルネス

 

マインドフルネスの実践方法「マインドフルネス瞑想」
 
マインドフル状態になるための方法が「マインドフルネス瞑想」です。1回の実践でも一時的なストレス軽減効果やリラックス効果が期待できるとされていますが、基本的には毎日の実践を継続して行うことを前提としています。
マインドフルネス瞑想は、やり方自体はシンプルですが、実践する人の心の態度が非常に重要となります。毎日瞑想する時間を確保するためには、積極的に取り組む強い意志が必要です。また継続して実践するためには、成果が出ていないように思えてもとにかく続ける忍耐力が必要です。
このため、マインドフルネス瞑想をやり遂げることで、集中力やリラックス効果に加え、意志の力や自己鍛錬の力も高まるといわれています。
 
マインドフルネス瞑想のやり方
マインドフルネス瞑想の代表的な5種類の瞑想法のうち、ここでは3種類の瞑想法のやり方を紹介します。
 
静座瞑想法
頭と首と背筋が一直線になるよう、椅子や床に垂直に座り、注意を呼吸に集中します。1日1回、10分から始め、30分以上集中できるようになるまで少しずつ時間をのばしていきます。
ある程度の時間、呼吸に集中できるようになったら、次は注意を体全体や浮かんでくる思考に向けます。最後の段階では意識を完全に解放し、注意を何にも向けずにただ座っている状態になります。
 
ボディー・スキャン
横たわって目を閉じ、注意を呼吸に向けながら、体のさまざまな部分にも順番に向けていきます。左足の先から足の付け根、右足の先から足の付け根、骨盤から胴体を上方向へ移動して肩へ、次に両手の指先から肩へ、首から顔、後頭部へと注意を向ける部位を移動させていき、最後に頭の頂上に向けます。注意を向けている部位が感じている感覚や、生じてくる思いを感じとります。
 
歩行瞑想法
私たちは、日常生活の大半を無意識のうちに過ごしています。歩行瞑想法は、日常生活の中でも注意を集中するための訓練法です。 周りの景色を見ずに視線を前方に固定して、普段より少し遅い速度で歩きながら、呼吸や足の感覚、体全体の動きや、自分の内部に生じてくる感覚に注意を集中します。

人間の脳は考えられていたよりも10倍(1ぺタバイト)記憶できることが判明

しかし頭のデキが悪いと悲観するなかれ、我々の脳の“記憶容量”はこれまで考えられていたよりも各段に大きいという最新研究が報告されている。  

■脳の記憶容量は1ペタバイト
米・ソーク研究所のテリー・セチノウスキー教授が主導する研究では、人間の脳はこれまでの定説より10倍もの情報を記憶できることが発表された。

同研究チームがライフサイエンス誌「eLife」で発表した論文によれば、脳神経細胞の結合部であるシナプスのサイズを測ることで記憶容量を測定することに成功したという。平均的なシナプスは4.7ビット(0.5875バイト)の記憶容量があるということで、脳全体では約1ペタバイト(1,024テラバイト)の情報の記憶が可能であるということだ。これは従来の学説の10倍の記憶容量になり、書類をめいっぱい収納した4段式キャビネットの2000万個分の文字情報に相当するというから驚きだ。辞書一冊どころの話ではないのだ。HD品質の映像ならなんと13.3年分のデータ量である。

研究チームはマウスを使って、記憶を司る脳の海馬の部分のメカニズムの解析を行ない、顕微鏡と計算アルゴリズムを活用して脳組織の神経伝達回路をナノ分子レベルの3D画像で再現した。この過程を経て、脳内に夥しく存在するシナプスのサイズがこれまで考えられていたよりも一定(サイズ差8%以内)であることがわかり、記憶容量も1本につき4.7ビットであることを算出。これにより脳全体の記憶容量が約1ペタバイトであることを突き止めたのである。

■学習と記憶のメカニズムの研究にも寄与
脳の記憶容量の大きさだけではない。この研究では脳がいかに“省エネ”であるかも再確認されることになった。

「今回の研究は神経科学の分野を騒がせるものになります。我々は、いかに海馬ニューロンが低エネルギーで高性能の演算機能を有しているのか、その構造を紐解くための鍵を発見したのです」とセチノウスキー教授はソーク研究所のサイトで言及している。

一般成人の起床時の脳は20ワットのエネルギーしか消費していないという。最新型のLED蛍光灯1本分といったところだ。この省エネに優れた脳の構造を研究することで、将来は僅かな電力消費とパワフルな演算機能を両立させたコンピュータの開発に応用することができるという。

「この研究はまた、学習と記憶のメカニズムに関する研究に新たな一章をもたらすものになります」と研究チームのメンバーであるテキサス大学のクリステン・ハリス教授は語る。

ハリス教授は今回の研究で新たな研究課題が多く生まれたことを指摘している。例えば海馬以外のほかの部分にあるシナプスの研究や、学習初期の段階におけるシナプス接続の発達過程などである。

参照:http://tocana.jp/i/2016/01/post_8711_entry.html

<感想>
人間の脳は、ほぼフルスペックで生まれてきますが、成長して脳の記憶容量が、1ペタバイト有ろうが無かろうが、やはりバカは、バカです。

「知能」が低い訳でもないのに、頭が悪いのは、怠けて生きているからです。

神経細胞は、人並みに有るが、怠けて生きているから、脳内の神経細胞のネットワークがちゃんと繋がっていないのです。

電車の中で横を見れば、スマホ片手に、バカゲーム、バカ動画、三昧です。 もう、世の中、バカが、圧倒的多数を占めています。

–関連記事–
・「記憶を思い出すための神経回路を発見」 脳の謎についての研究成果です。

But don’t be pessimistic that your head isn’t working well, and the latest research has reported that our brain’s “memory capacity” is far greater than previously thought.

■ Brain memory capacity is 1 petabyte
In a study led by Professor Terry Setchinowski of the Salk Institute in the United States, it was announced that the human brain can store 10 times more information than the conventional theory.

According to a paper published by the research team in the life sciences magazine “eLife”, they succeeded in measuring memory capacity by measuring the size of synapses, which are the junctions of nerve cells. The average synapse has a storage capacity of 4.7 bits (0.5875 bytes), which means that the entire brain can store about 1 petabyte (1,024 terabytes) of information. This is 10 times the storage capacity of the conventional theory, which is surprising because it corresponds to the text information of 20 million pieces in a 4-tier cabinet that holds a lot of documents. It’s not about a whole dictionary. The amount of data for HD quality video is 13.3 years.

Using a mouse, the research team analyzed the mechanism of the hippocampus part of the brain that controls memory, and using a microscope and a computational algorithm, reproduced the neurotransmission circuit of brain tissue with a nanomolecule-level 3D image. Through this process, it was found that the size of synapses that abundantly exist in the brain is more constant than previously thought (size difference within 8%), and the memory capacity is 4.7 bits per one . By doing so, he found that the memory capacity of the whole brain was about 1 petabyte.

■ Contributing to research on learning and memory mechanisms
It is not only the size of the brain’s memory capacity. This study will also reaffirm how “brain-saving” the brain is.

“This research will make a noise in the field of neuroscience. We have found the key to unraveling the structure of hippocampal neurons with low energy and high-performance arithmetic functions. “Setchinowski said on the Salk Institute’s site.

The average adult’s wake-up brain consumes only 20 watts of energy. It’s like the latest LED fluorescent light. By studying the structure of the brain, which is excellent in energy saving, it can be applied to the development of a computer that has both a small amount of power consumption and a powerful computing function in the future.

“This work will also bring another chapter to the study of learning and memory mechanisms,” said Professor Kristen Harris of the University of Texas, a member of the research team.

Professor Harris points out that this research has created many new research agendas. For example, research on synapses in parts other than the hippocampus, and developmental processes of synaptic connections in the early stages of learning.

Reference: http://tocana.jp/i/2016/01/post_8711_entry.html


The human brain is born with almost full specs, but whether it grows or has a brain’s memory capacity of 1 petabyte or not, stupidity is still stupid.

I don’t mean that my “intelligence” is low, but I’m stupid because I’m lazy and alive.

Nerve cells are similar to humans, but because they live idle, the network of nerve cells in the brain is not properly connected.

If you look sideways on the train, you’ll find stupid games, stupid videos, and mesmerize in one hand with your smartphone. Already, idiots are overwhelmingly dominant in the world.

–Related article–
・ “Discover neural circuits to remember memory” Research results on the mystery of the brain.

脳 脳物質 脳内物質は7つ! Brain 7 substances in the brain!

https://note.com/nayuta_823543/n/ne3aecf4cafe8

 

脳内物質は7つ!

①ドーパミン
幸福感を司る脳内物質です。
脳のポジティブアクセルです。

やる気がわいてきた!!って時はドーパミンがでてます。
車になぞらえて、
ドーパミンが出るタイミングは
行き先を決めた時 と 到着した時 です

僕の場合、ブログの全体像が決まった時に
よっしゃー書くでー!ってなって
書きききった時に書ききった—!!ってなります。

②ノルアドレナリン
焦燥感を司る脳内物質です
これも脳のネガティブアクセルです。

闘争/逃走反応と呼ばれていまして、
非常に切羽詰まった状況にでる脳内物質です
追い込まれたときにでてくるのがノルアドレナリン

(英語ではFight/Flightなんですね。日本語でも英語でも言葉遊びが効いてていいっすよねえ。)

時間の期限などが迫ってきた時にでますね。
僕の場合4時半までにブログ書ききらなきゃ!
ってなって出てます

③セロトニン
安らぎを司る脳内物質です
脳のフットブレーキです

リラックスしたときにでてきます。
お風呂とかいいですね
基本的にはリズム運動、咀嚼、日光ででるそうです。

日向ぼっこ好きなので、
あー温かい。。ってなるとき
出てるっぽいですね

④アドレナリン
興奮を司る脳内物質です
脳のクラッチってとこですかね

脳ではなく心臓や筋肉を活性化させる役割があります。
リミッターが外れる、火事場の馬鹿力といった現象です。
叫ぶとアドレナリンがでます。
出し過ぎは心臓に負担がかかるので注意です。

アドレナリンの思い出はですね。自動車教習で急ブレーキの練習の時、めっちゃスピードあげて、ABSを上回る力でブレーキを踏め!ってなったときです。その晩までアドレナリンの余波がありました。

⑤アセチルコリン
閃きを司る脳内物質です
脳のイグニッションってとこですかね
バシッと火花が散る感じです

レシチンからできているため、卵黄・大豆があると
作りやすくなるという事でした。

作業興奮のときに出るのがこの脳内物質
アドレナリンに対するブレーキの機能も持ってます。

⑥メラトニン
休眠を司る脳内物質です
脳のハンドブレーキですね
フットブレーキより深く効くってとこですね。

リラックスより深く、眠りの状態です。
回復する時に分泌される脳内物質です。

僕は夜更かし気味なので、
この脳内物質、うまく効いてないですね

⑦エンドルフィン
恍惚を司る脳内物質です
脳内麻薬と言われるやつで
ランナーズハイとはこいつのことです。
フロー状態とかゾーンとかこの辺に達したときの脳内物質です

これを例えると色々迷ったんですが
スターです。無敵。

興奮したときにエンドルフィンをだしてフローを起こすことも
リラックスしたときに瞑想からエンドルフィンを出すことも可能
この脳内物質が出た時は無敵BGMが流れますね!

https://note.com/nayuta_823543/n/ne3aecf4cafe8

There are 7 substances in the brain!

① Dopamine
A substance in the brain that controls the sense of well-being.
It is a positive accelerator for the brain.

I am motivated! !! Dopamine comes out at that time.
Like a car,
When dopamine comes out
When you decide your destination and when you arrive

In my case, when the whole picture of the blog was decided
Write it! I mean
I wrote it when I finished writing it! !! I will.

② Noradrenaline
It is a substance in the brain that controls feelings of frustration.
This is also a negative accelerator for the brain.

It ’s called a fight / flight reaction,
It is a substance in the brain that is in a very difficult situation
Noradrenaline comes out when you are driven in

(It’s Fight / Flight in English. Wordplay is effective in both Japanese and English.)

It comes out when the time limit is approaching.
In my case, I have to write a blog by 4:30!
Is out

③ Serotonin
A brain substance that controls peace of mind
It ’s the foot brake of the brain.

It will come out when you relax.
Like a bath
Basically, he seems to be able to do rhythmic movements, chewing, and sunlight.

I like sunbathing, so
Ah, warm. . When
It looks like it’s out

④ Adrenaline
A substance in the brain that controls excitement
Is it a brain clutch?

It has a role in activating the heart and muscles, not the brain.
It is a phenomenon such as the ridiculous power of a fire place where the limiter comes off.
Screaming will give you adrenaline.
Be careful not to put it out too much, as it will strain the heart.

What are your memories of adrenaline? When practicing hard braking in a car lesson, speed up really fast and step on the brake with a force that exceeds ABS! That’s when. There was an aftermath of adrenaline until that evening.

⑤ Acetylcholine
It is a substance in the brain that controls flash
Is it the ignition of the brain?
It feels like sparks are scattered

It’s made from lecithin, so if you have egg yolk and soy
It was easy to make.

It is this substance in the brain that appears when you are excited to work
It also has a brake function for adrenaline.

⑥ Melatonin
A substance in the brain that controls diapause
It ’s a hand brake for the brain.
It works better than a foot brake.

Relaxed, deeper and more asleep.
A substance in the brain that is secreted when it recovers.

I tend to stay up late,
This brain substance doesn’t work well

⑦ Endorphin
It is a substance in the brain that controls ecstasy
The one called an in-brain drug
This is Runners High.
It is a substance in the brain when it reaches this state such as a flow state or a zone

I was a bit lost when I compared this,
It is a star. invincible.

When you get excited, you can bring out the endorphins and cause a flow
It is also possible to bring out endorphins from meditation when relaxing
When this substance in the brain comes out, invincible BGM flows!

These seven brain substances were learned in this book.

瞑想のしょ初歩  Beginning of meditation

瞑想とは

瞑想は、目をつむり、姿勢を正し、呼吸を整え、集中して行います。続けて実践することで、リラックス効果や心の整理ができると言われています。無理なく日々のパフォーマンスを向上させるため、数々の著名人も日々の生活に取りれています。

脳をリラックスさせて自分の内側と向き合うため

毎日の生活で、脳は絶えず働いています。たくさん歩いたら脚を休ませてあげるように、脳にも休憩をさせてあげましょう。瞑想は「脳をリラックスさせて、自分の内側と向き合うため」に行います。

脳を休ませていると、 無意識に浮かんでくる思考があります。「明日の洋服は何を着よう」「週末の約束は何時だっけ」など。そういった雑念とゆっくり向き合うことで、今の自分に必要な思いや考えが分かってくると言われています。 瞑想を極めると、雑念が一切ない無の状態になれるそうです。初めから無の状態を目指すのではなく、自分のできる範囲で瞑想を取り入れてみましょう。 思考が整理されます。

近年では、数々の一流企業や行政機関も瞑想を日々の仕事に取り入れています。Googleやゴールドマン・サックス、アメリカの国防総省(ペンタゴン)などが、瞑想を実践しています。Googleは、瞑想に関する書籍も販売しているほど。

瞑想のメリット

瞑想で得られるメリットは、数多くの研究機関により発表されています。呼吸を整え、リラックス状態を作ることで、さらなる効果が生まれます。その中でも代表的な3つのメリットを詳しく解説していきます。

ストレスが軽減される

瞑想中は、脳からα波が出るようになります。α波は脳波の一種で、自律神経が整いストレス軽減に役立つと言われています。京都大学准教授の野村理朗(のむらみちお)氏は下記のように述べています。

一般的なリラックスと瞑想は違う。リラックスしていれば脳の疲れが取れるわけではない。むしろ瞑想によってDMNの過剰なアイドリングを鎮めていくことが重要。瞑想は緊張でもリラックスでもない、第三の心的状態なんです

 

出典|脳科学の最前線を行く—飛躍的に進む瞑想研究

DMNとは、デフォルト・モード・ネットワーク(Default Mode Network)のこと。脳の神経活動の一種です。活発な脳の神経活動を抑える効果が、瞑想にはあるようです。

 

集中力アップが期待できる

ジョンズ・ホプキンズ大学のKatherine Maclean教授をはじめとした13人の研究者らによって、 瞑想には集中力を高める効果が見られることが分かりました。2010年に発表された論文によると、60人を対象に瞑想と集中力に関する実験を行いました。その結果、「瞑想を行うことで、集中力が高まる。瞑想を行った実験対象者は、用意したつまらない実験にも集中して取り組むことができた」とのこと。

大事なプレゼンテーションや商談に合わせて、瞑想で集中力をあげておくと良いかもしれません。

 

ポジティブシンキングになれる

瞑想によって脳がリラックスした状態になると、自分の考え方にも良い影響があります。

メリーランド大学のKevin W.Chen教授らは2,466人を対象に調査を行いました。さまざまな瞑想を被験者に試してもらった結果、瞑想後は不安のレベルが下がったそうです。不安が減ると、自分の思考をネガティブに持っていく要素が減ってくれたということですね。

また別の調査でも、瞑想を行った結果、ポジティブ思考や楽観の方向にいい結果が出たとしています。瞑想で、ネガティブマインドを減らし、ポジティブマインドを増やすことができます。続けると、精神状態が安定するのではと考えられます。

1分間瞑想のやり方

瞑想というと、「時間を十分に取ってゆっくりと行う」というイメージがありませんか? 実は、たった1分間でできる瞑想もあります。1分でいいなら、朝起きた直後、電車、お昼休憩などどこでもできますね。自分の好きなタイミングでトライして、生活に馴染ませてみてはどうでしょうか。

1分間瞑想の呼吸法

1分間瞑想は、丁寧な呼吸を心掛けます。1分間をたっぷり使うことを意識しましょう。 まずは、息を4秒間でゆっくりと吸いこみます。4秒で吸ったあと、8〜16秒間かけてゆっくりと息を吐きます。1分間だと、3〜5回繰り返すことができます。では、試しに1分間でやってみましょう!

どうでしたか?

初めのうちは、16秒間も息を吐き続けることができない人が多いと思います。(私は5秒吐いて息がなくなりました。)吸った息を、少しずつ少しずつ外に逃してあげるようなイメージで、長く吐くことを意識してみてください。

マインドフルネス瞑想

マインドフルネス瞑想は、瞑想の種類のひとつです。そもそもマインドフルネスとは何のことでしょうか。日本マインドフル・リーダーシップ協会は、以下のように述べています。

今という瞬間、瞬間への、一切の評価、判断を挟まない、気づきの状態(アウェアネス)

 

出典|マインドフルネス瞑想とは 一般社団法人 日本マインドフル・リーダーシップ協会

「今」に重きを置く瞑想を、マインドフルネス瞑想といいます。今、自分が何を考えているのか。今、自分はどうしてこう思ったのか。自分のありのままの状態に気づくことで、心を整えます。

マインドフルネス瞑想のやり方 調身・調息・調心

マインドフルネス瞑想は、一般的に20〜30分間かけて行う方法が良いとされています。しかし、慣れるまでは10分程度で大丈夫。3つのマインドフルネスの瞑想ポイントを紹介します。

参考:臨済宗妙心寺派大本山妙心寺|座禅の仕方

調身

あぐらをかくような形で座り、坐骨で座ることを意識します。背骨がまっすぐになるよう、首や頭がスッと伸びることを感じて、適度に顎を引きます。

調息

身体の隅々にまで息を巡らせるイメージを持ちます。複式呼吸で息をします。ゆっくりと息を吸いながらお腹を膨らませ、ゆっくりと息を吐きながら徐々にお腹を凹ませていきます。

調心

心を整えます。呼吸の吸う、吐く、に集中します。呼吸のリズムに合わせて数を数えるといいかもしれません。

マントラを唱えて瞑想

自分で好きな言葉を決めてゆっくりと唱える瞑想もあります。どんな言葉でも、自分が瞑想しやすい言葉で良いため、「ギョ、ウ、ザ」と唱えても問題ありません。とはいえ、ギョウザギョウザ……と唱えていると頭の中が餃子でいっぱいになってしまうので要注意。

マントラとは

マントラは、瞑想中に唱える言葉です。語源は、サンスクリット語(インドや東南アジアの古代語)です。マントラとはサンスクリット語で、以下のような意味を持っています。

a thought, thought behind speech or action

 

出典|Mantra Oxford living Dictionary

「言葉や行動の裏にある思い、考え」ということですね。自分の内なる声、と考えると、自分の今の状態を確かめる瞑想に使えるのも納得です。

 

マントラを唱えながら瞑想をするメリット

瞑想で使用するマントラは一つの言葉で、それを繰り返し唱えます。雑念が頭の中を巡っている場合に効果的です。マントラを唱えることで、雑念よりも唱えることに意識を働かせます。そのため、瞑想に集中することができるというわけです。瞑想にどっぷりと浸かりたい方は、マントラをぜひ実践してみてください。

自宅で寝る前にできる瞑想

日中は仕事もしているし、打ち合わせも多いし、なかなか時間が取れないという人もいるでしょう。そんな方のために、自宅で寝る前の5分間でできる瞑想を紹介します。寝る前の瞑想は身体にいい効果を及ぼすと言われています。一日の疲れをとり、穏やかな心で眠りにつければ、きっと翌日もすっきり。

寝る前にやると嬉しい効果

UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)と、南カリフォルニア大学の教授たちが、瞑想と睡眠に関する論文を発表しています。 実験では、睡眠障害をもつ高齢者にマンドフルネス瞑想を取り入れてもらいました。その結果、睡眠障害の症状が緩和されたとしています。

睡眠に入りそうなとき、人間の脳にはα波出ている言われています。瞑想によって、α波が出るようになったことが、睡眠障害緩和という結果に繋がったのではないでしょうか。一日の約3分の1の時間は睡眠に充てられています。日々の睡眠が改善されると、暮らしの質も大きく向上できそうです。

寝る前の瞑想のやり方

寝る前の瞑想は、ベッドに入ったままできるといいですよね。私がホットヨガに通って身につけた「シャバーサナ」を紹介します。ホットヨガは、多いときは週4日ほど通っていました。シャバーサナとは、ヨガにも取り入れられている瞑想の一種です。

まずは、部屋の照明を暗くしてみてください。暗くすることで落ち着いた空間の中で瞑想ができます。照明を落としたら、ベッドで仰向きに寝転がり、全身の力を抜きます。余分な力を感じたくないので、枕や掛け布団は退けておくといいと思います。

そのまま、呼吸をゆっくりと行います。呼吸に合わせて腹部を上下させる、腹式呼吸を意識します。5分ほど呼吸を続けます。5分ほど経ったらゆっくりと目を開けます。これで終了です。簡単にできるので、今夜から実践できるはず!

初心者が正しい瞑想をするためのコツ4つ

瞑想のメリットや、さまざまなやり方を読んで、瞑想にチャレンジしたいと思ってきた方も多いのではないでしょうか。いざ見よう見まねでやってみたものの、正しくできているのかが分かりづらいですよね。そこで初心者のために、瞑想を正しく実践するコツを、4つご紹介します。瞑想はあくまで自分のため。正しい、正しくないを気にしすぎず、自分が心地よいと思う方法を続けることをオススメします。

環境を整える

瞑想を行う際の、周りの環境を整えましょう。自宅で行うならば、部屋をいつもより片付けてみましょう。呼吸の途中に、「埃っぽいな」と感じなくてすみます。目をつむって行う瞑想ですが、目をつむっていても人や物の気配を感じてしまうのが人間です。周囲が人や物で溢れていない、すっきりとした空間を作りましょう。

また、服装も大切なポイントです。身体を締め付ける服装はなるべく避け、ゆったりとした服装を選ぶと良いです。

姿勢を正す

姿勢で気をつけるべき点がいくつかあります。

  • 目をつむる
  • 手のひらを上に向ける
  • 坐骨で座り、背筋を伸ばす

まずは、目を瞑ること。目を開けていると、どうしても脳に送る情報量が多くなってしまいます。優しく瞼を閉じましょう。

次に、手のひらを上に向けた状態にすること。手のひらを解放していると、その人自身も解放的になると言われています。

最後に、坐骨で座り背筋を伸ばすこと。一度あぐらで座り、お尻のお肉を「よいしょ、よいしょ」と後ろにずらしてみてください。骨盤が自然と起き上がった姿勢になります。猫背の人は、頭の上が引っ張られているようなイメージで背筋を伸ばしましょう。背筋が伸びていると、呼吸の巡りも良くなります。

無理に雑念を払わない

瞑想中に雑念が湧いてしまうのは、仕方ありません。無理にかき消さず、そのまま流して置いてみては。「雑念がどうしても邪魔だ! 」という人には、おすすめの方法があります。目を瞑って、頭の中にロウソクの火を思い浮かべてください。その火がゆらゆらと灯っている様子を頭の中で見つめていると、いつのまにか雑念がなくなるでしょう。

音楽アプリや動画を活用

瞑想中、スローテンポな音楽が流れていると、リラックス効果を高めてくれる場合があります。YouTubeで「Meditation music」と検索 すると、バリのマッサージ屋さんで聴こえてきそうな音楽がヒットします。小さなボリュームで、雰囲気を演出すると瞑想がやりやすくなるのではないでしょうか。

また、同じくYouTubeで、「Meditation tutorial」と検索することもおすすめです。日本や海外の瞑想に詳しい人が、解説動画をアップロードしています。動画の多くは、声でガイダンスをしてくれているので、動画を再生しながら実践することができます。「一つ一つの流れを覚える自信がない……」という方は、動画と一緒にどうぞ。

 

What is meditation

Meditation involves closing your eyes, correcting your posture, breathing, and focusing. It is said that by continuing to practice, you can relax and reorganize your mind. In order to comfortably improve daily performance, many celebrities have taken part in their daily lives.

To relax the brain and face inside

In everyday life, the brain is constantly working. Give your brain a break, just as you walk your legs and rest your legs. Meditation is done to “relax the brain and face the inside of yourself.”

When you rest your brain, there are thoughts that come to you unconsciously. “What do you wear for tomorrow?” “What time is the weekend promise?” It is said that by slowly confronting such thoughts, you will be able to understand the thoughts and thoughts that you now need. It seems that if you master meditation, you will be in a state of nothing without any thoughts. Instead of aiming for nothing from the beginning, try incorporating meditation to the extent you can. Thoughts are organized.

In recent years, many leading companies and governments have also incorporated meditation into their daily work. Meditation is practiced by Google, Goldman Sachs, the US Department of Defense (Pentagon) and others. Google even sells books about meditation.

Benefits of meditation

The benefits of meditation have been announced by numerous research institutions. By adjusting your breathing and creating a relaxed state, further effects will be created. Among them, we will explain in detail the three typical merits.

Stress is reduced

During meditation, alpha waves will come out of the brain. Alpha waves are a type of electroencephalogram and are said to help the autonomic nerves to reduce stress. Ms. Michio Nomura, Associate Professor of Kyoto University, said as follows.

General relaxation and meditation are different. Relaxing doesn’t mean you can get rid of your brain fatigue. Rather, it is important to mitigate the excessive idling of DMN by meditation. Meditation is a third state of mind that is neither nervous nor relaxing.

Source | Going to the forefront of brain science-Meditation research progressing dramatically

DMN stands for Default Mode Network. It is a type of neural activity in the brain. Meditation seems to have the effect of suppressing the active nerve activity of the brain.

You can expect to improve your concentration

Thirteen researchers, including Professor Katherine Maclean at Johns Hopkins University, have found that meditation has a concentration-enhancing effect. According to a paper published in 2010, 60 people conducted experiments on meditation and concentration. As a result, he said, “Meditation improves concentration. The test subjects who meditated were able to concentrate on the boring experiments they prepared.”

You may want to focus on your meditation in time with your important presentations and business meetings.

Can be positive thinking

When the brain is relaxed by meditation, it has a positive effect on your thinking.

Professor Kevin W. Chen of the University of Maryland and others surveyed 2,466 people. As a result of having the subject try various meditations, it seems that the level of anxiety decreased after meditation. When anxiety decreased, it meant that you had less of an element to take your thoughts negatively.

Another study also found that the results of meditation showed positive results in positive thinking and optimism. Meditation can reduce negative minds and increase positive minds. If you continue, your mental status may stabilize.

How to meditate for 1 minute

When you think of meditation, do you have the image of “take enough time and do it slowly”? Actually, there is meditation that can be done in just one minute. If you only need 1 minute, you can take a train, lunch break, etc. right after waking up in the morning. Why don’t you try it at your own timing and get used to life?

1 minute meditation breathing

For 1 minute meditation, try to breathe carefully. Be aware of spending a full minute. First, inhale slowly for 4 seconds. After inhaling for 4 seconds, exhale slowly for 8 to 16 seconds. One minute can be repeated 3-5 times. Let’s try it in a minute!

how was it?

At the beginning, I think many people can’t keep exhaling for 16 seconds. (I exhaled for 5 seconds, and became exhaled.) Please be aware that you exhale for a long time, with the image of letting you breathe out the exhaled breath little by little.

Mindfulness meditation

Mindfulness meditation is one type of meditation. What is mindfulness in the first place? The Japan Mindful Leadership Association said:

A moment of now, a state of awareness without any evaluation or judgment for the moment (awareness)

Source | What is Mindfulness Meditation? Japan Mindful Leadership Association

Meditation that emphasizes “now” is called mindfulness meditation. What are you thinking now? Why did you think this way now? Align your mind by noticing what you are.

Method of mindfulness meditation

Mindfulness meditation is generally considered to be good for 20-30 minutes. However, it takes about 10 minutes to get used to it. Introducing three mindfulness meditation points.

Reference: Rinzai sect Myoshinji sect Omotoyama Myoshinji | How to zazen

Preparation

Sit down in the shape of a cross and be aware of sitting on the ischium. Feel the neck and head stretch out so that the spine is straight, and pull the chin moderately.

Breathing

It has the image of breathing through every corner of the body. Breathe with multiple breaths. Slowly inhale and inflate your stomach, then slowly exhale and gradually dent your stomach.

Alignment

Prepare your heart. Focus on breathing in and out. You may want to count according to the breathing rhythm.

Meditate on the mantra

There is also a meditation where you can decide your favorite words and sing slowly. You can use any words that you can easily meditate, so you can say “Gyo, U, Za.” However, be careful when you say “Gyoza Gyoza …” because it will fill your head with gyoza.

What is a mantra

Mantra is a word that is recited during meditation. The etymology is Sanskrit (ancient languages ​​of India and Southeast Asia). Mantra is Sanskrit and has the following meanings.

a thought, thought behind speech or action

Source | Mantra Oxford living Dictionary

It means “thoughts and thoughts behind words and actions”. When you think of it as your own inner voice, it makes sense to use it for meditation to confirm your current state.

Benefits of meditation while chanting the mantra

The mantra used in meditation is a single word, which is repeated. It is effective when the thoughts go around in your head. By chanting the mantra, you are more conscious of chanting than you think. So you can concentrate on your meditation. If you want to immerse yourself in meditation, try the mantra.

Meditation before going to bed at home

There are many people who work during the daytime and have a lot of meetings, so it may be difficult for some people to take time. For those people, I will introduce meditation that can be done in 5 minutes before sleeping at home. Meditation before going to bed is said to have a positive effect on the body. If you get rid of the tiredness of one day and sleep in a calm heart, you will surely be refreshed the next day.

Good effect if you do it before going to bed

Professors at UCLA (University of California, Los Angeles) and the University of Southern California have published papers on meditation and sleep. In the experiment, we asked elderly people with sleep disorders to incorporate mandfulness meditation. As a result, the symptoms of sleep disorders were alleviated.

It is said that the human brain emits alpha waves when it is about to enter sleep. I think that the fact that the meditation started to produce α waves led to the relief of sleep disorders. About one-third of a day is devoted to sleep. If daily sleep is improved, quality of life will be greatly improved.

How to meditate before going to bed

For meditation before going to sleep, I hope you can stay in bed. I would like to introduce “Shabasana” that I learned while going to hot yoga. When I had a lot of hot yoga, I used to go there four days a week. Shavasana is a form of meditation that is also used in yoga.

First, try darkening the room lighting. By making it dark, you can meditate in a calm space. After turning off the lights, lie on your back in bed and relax your whole body. I don’t want to feel extra power, so I recommend you to leave pillows and comforters away.

As it is, breathe slowly. Be aware of abdominal breathing, which raises and lowers the abdomen according to breathing. Continue breathing for about 5 minutes. Open your eyes slowly after about 5 minutes. This is the end. It’s easy to do so you should be able to practice it tonight!

4 Tips for Beginners to Do Correct Meditation

Perhaps many people have read the benefits of meditation and various methods and would like to try meditation. I tried to imitate it, but it’s hard to see if it’s done correctly. So for beginners, here are four tips to practice meditation correctly. Meditation is for you. It’s a good idea not to worry too much about what is right or wrong, and continue the way you feel comfortable.

Prepare the environment

Prepare the surrounding environment for meditation. If you do it at home, try to clean up your room. Don’t feel “dusty” during breathing. Although meditation is performed with your eyes closed, it is human beings who feel the presence of people and things even with their eyes closed. Let’s create a clean space where the surroundings are not full of people and things.

Also, clothing is an important point. It’s best to avoid tight clothing and choose loose clothing.

Correct posture

There are some things to keep in mind with your posture.

Close your eyes
Palm up
Sit on the ischium and stretch your back

First, close your eyes. With your eyes open, the amount of information sent to the brain will inevitably increase. Close your eyelids gently.

Then keep your palms facing up. It is said that when the palm of the hand is released, the person himself becomes liberated.

Finally, sit on the ischium and stretch your back. Sit back once and try to shift the meat on your butt behind, “Good, good”. The pelvis will naturally stand up. If you have a stoop, stretch your back like an image of your head being pulled. If your back is stretched, your breathing will improve.

Don’t force your thoughts

It’s inevitable that thoughts will spring up during meditation. Don’t force it off, just let it flow and leave it there. For those who say, “Thoughts are in the way!”, There is a recommended method. Close your eyes and imagine a candle fire in your head. If you look at the fire flickering in your head, you’ll find yourself in the dark.

Utilize music apps and videos

During meditation, slow-tempo music may enhance your relaxation. If you search for “Meditation music” on YouTube, you will find music that you might hear at a massage shop in Bali. If you create a mood with a small volume, meditation may be easier.

Also on YouTube, “Meditation

運がよくなる3の方法  中野信子 最新

運は偶然ではない。
自分で作っていくものだ。
運は偶然ではない。自分で作っていくものだ。 | 運がよくなる30の方法
まず大切なことがあります。

運は、偶然の産物ではありません。

自分で作っていけるものだということです。

ほとんどの人が「運」は、偶然のことだと思い込んでいます。

運を作り出すためには、自分の努力や行動は関係ないと考えているのではないでしょうか。

しかし、これは誤解です。

運は、自分で作り出せるものです。

運を偶然と考えている人に限って、何も努力しません。

偶然としか考えていないため、ただ偶然が起きるまで、何もせずにだらだらしています。

たとえば「お金を手に入れること」を例にとっても、その差が顕著に表れます。

お金を手に入れることを偶然のことだと信じている人は、何もしません。

ただ親や親戚、あるいは、ほかのどこからか突然舞い込んでくることを願って、何もしないぐうたらな生活をしています。

まだいい人は、宝くじを買いに走ります。

たしかに宝くじを買うことで、一獲千金を狙えます。

実際に、宝くじで大金持ちになっている人は、宝くじをよく買っている人です。

日頃からたくさん宝くじを買っているため、当然ですが当たる確率が高くなります。

当然のことながら、宝くじをたくさん買っている人のほうがよく当たります。

しかし、本当のお金持ちになれる人は、偶然を信じることもなければ、宝くじを当てることもしません。

今、目の前にある仕事に一生懸命になります。

お金を手に入れることを偶然とは考えず、自分で作っていくものだと信じ、自分で汗を流して一生懸命にお金を稼ぎます。

もちろん一生懸命になるほど、仕事の質もあがり、周りからの評価も高くなります。

その分、昇格するのも早くなり、より多くお金を稼ぐことができるようになります。

これもすべて本人の努力の結果です。

決して偶然などではありません。

運を偶然としか考えていない人は、運を自分で作る喜びを知りません。

運は自分で作り出していくものなのです。

運がよくなる方法(1)
  • 運を、自分で作っていく。
目の前のことに集中すると、
助けたくなる雰囲気が自然と出る。
目の前のことに集中すると、助けたくなる雰囲気が自然と出る。 | 運がよくなる30の方法

運がよくなるコツを聞けば、珍しいテクニックを想像している人もいるのではないでしょうか。

たしかにテクニックが必要になることもありますが、おまけ程度です。

運がよくなるために一番大切なことは、とにかく目の前のことに、集中することです。

根っから本当に運がよくなるためには、まず自分の中から改善していかなければなりません。

運がある人は、他人から見れば一見「ただ運がよかっただけの人」と映っているかもしれません。

しかし、実際は、運が強いほど、人一倍の頑張り屋さんなのです。

たとえば、今、目の前に仕事があるとします。

この仕事1つにしても、運がいい人と悪い人は、努力が違います。

運が悪い人は、とにかく楽をするために手を抜いて終わらせようとします。

手を抜いた分、仕事の質が落ちてしまいます。

もちろん適当です。

他人から見れば「手を抜く人」だと映っていることでしょう。

本当に困ったときに、いつもその場しのぎの仕事をしているため、なかなか手を貸してあげようとは思いません。

それ以前に、運すら味方してくれないでしょう。

運は、きちんと頑張る人にやってきます。

運がいい人は、今、目の前にある仕事に集中します。

どうすれば仕事をよりよくこなせるだろうかと考えながら、一生懸命に仕事をします。

それを他人が見たら、さぞ一生懸命、頑張っているように見えることでしょう。

一生懸命に仕事をしていれば、質が高くなります。

今、目の前にあることに一生懸命集中するだけで、驚くほど仕事ができ、その上周りの人からの評価も高くなります。

周りから関心を寄せてもらえれば、困ったとき、助けてもらえるようになります。

これを知らない他人が見れば「あの人は運がいい」と映ってしまうのです。

一生懸命に頑張っている人には、運が集まります。

助けたくなる雰囲気が、自然と出るのです。

運がよくなる方法(2)
  • 今、目の前にあることに一生懸命になる。
3
 66
運のある人は、
悪口を言わない。
運のある人は、悪口を言わない。 | 運がよくなる30の方法

運のある人に共通していることは、悪口を言わないということです。

悪口を言うことなんて考えず、とにかく目の前にあることに集中します。

運の悪い人は、決まって悪口を言う人です。

自分より運がいい人を憎たらしく思い、悪口を言うことで少しでも不幸にさせようとします。

悪口を言うくらいですから、もちろん今、目の前にある仕事にも手を抜いている状態になっています。

自分を評価してもらうために、他人の悪口を言うことでしか、抵抗できない貧弱な存在なのです。

悪口なんて言わないことです。

悪口を言う暇があるなら、目の前にあることに一生懸命になることです。

本当に運がいい人は、一生懸命になっているだけに、悪口を言うことすら考えません。

悪口なんていうことでしか自分を表現できないくらいなら、実際に自分が努力して勉強していくほうが効率はいいからです。

学校でのテストの点数が悪い人は、決まって他人の悪口をいう人です。

「○○さん、95点だって。カンニングでもしたんじゃない。あのテスト、難しかったよね。運よく当たっただけよ。まぐれだよ」

こんな悪口を言って、評価される人の評価を少しでも下げようとします。

もはや運の悪い人は、こうすることでしか抵抗できないのです。

脳科学  中野信子 最新

<div></div>
<div><iframe src=”https://www.youtube.com/embed/-4yUNkf60H0″ width=”560″ height=”315″ frameborder=”0″ allowfullscreen=”allowfullscreen”></iframe></div>
<div></div>
<div></div>
<div class=”a-section a-spacing-small a-padding-small”>   中野/信子
脳科学者、医学博士。東京大学工学部卒業後、2004年東京大学大学院医学系研究科医科学専攻修士課程修了。2008年東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。2008~2010年まで、フランス原子力庁サクレー研究所で研究員として勤務。「情報プレゼンター とくダネ!」をはじめとし、テレビ番組のコメンテーターとしても活動中。フジテレビ「平成教育委員会2013!!ニッポンの頭脳決定戦SP」で優勝、「日本一優秀な頭脳の持ち主」の称号を得る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)</div>
<h3>著者について</h3>
<div class=”a-section a-spacing-small a-padding-small”>中野信子(なかの のぶこ) 脳科学者、医学博士。東日本国際大学客員教授。東京大学工学部卒業後、2004年東京大学大学院医学系研究科医科学専攻修士課程修了。2008年東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。2008~2010年まで、フランス原子力庁サクレー研究所で研究員として勤務。「情報プレゼンター とくダネ! 」をはじめとし、テレビ番組のコメンテーターとしても活動中。フジテレビ「平成教育委員会2013! ! ニッポンの頭脳決定戦SP」で優勝、「日本一優秀な頭脳の持ち主」の称号を得る。著書に『世界で通用する人がいつもやっていること』(アスコム)、『脳科学からみた「祈り」』(潮出版社)などがある。</div>
<div></div>
<div></div>


中野信子 最新 🔥 逃げ癖がある人の心理や原因と改善 🔥 中野信子 講演会; 中野信子 ラジオ; 中野信子 講演会 2020