輪廻転生瞑想 Reincarnation Meditation



 

実践 輪廻転生瞑想法〈1〉理想の自分に生まれ変わる如意宝珠敬愛秘法

新品価格
¥3,024から
(2019/8/20 05:53時点)

実践輪廻転生瞑想法Ⅰ ―理想の自分に生まれ変わる如意宝珠敬愛秘法』
DVDで瞑想!! あなたの幸せな未来に出会う!!
解説本 日本語・英語二カ国語 本DVDは「輪廻転生瞑想法」をより明確に習得できるよう映像化したものである。希望に満ちた、充実して現世を過ごし、理想の来世を迎えるために「輪廻転生瞑想法」を実践してみよう。 【DVD内容】 日本語・英語二カ国語 DVD 96分 1.桐山靖雄メッセージ 2.瞑想の基礎トレーニング 3.基本の瞑想(花の瞑想法) 4.輪廻転生瞑想(如意宝珠敬愛法)

免疫を上げるツボ

免疫力を上げるツボ

急に肌寒さを感じはじめる今日この頃。気温の変化に体がついて行かず、調子がイマイチ良くない、という人も多いのではないでしょうか。過ごしやすい秋の気候から本格的な寒さへと移行するこの時期は、体調管理が難しく、ちょっとした油断が免疫力の低下につながってしまうこともあります。この季節を健康的に乗り切るためにも、免疫力をアップするツボを知っておきましょう。

急に肌寒さを感じはじめる今日この頃。気温の変化に体がついて行かず、調子がイマイチ良くない、という人も多いのではないでしょうかの低下はなぜおこる?

免疫力とは、私たちの体に本来備わっている、体を守る防衛機能のことです。暴飲暴食などの食生活の乱れや、睡眠不足などによる疲労の蓄積と自律神経のバランスの乱れ、ストレスや加齢、そして寒さや乾燥などの外部的要因で機能が低下すると言われています。また、東洋医学的には、特に生命力の源と言われている「腎(じん)」の機能の低下が、免疫力の低下に深く関わっていると考えられています。「腎(じん)」は寒さに弱く、また「腎の気(じんのき)」と呼ばれるエネルギーは就寝中に蓄えられると言われているので、体を冷やさないこと、質の良い睡眠を心がけることが免疫力アップには大切です。

免疫力低下を放っておくと?

ちょっとしたことで疲れを感じるようになり、その疲れがとれず慢性的な疲労につながったり、風邪やインフルエンザなどの感染症にもかかりやすくなります。また、病気やけがが治りにくくなるだけでなく、さらに悪化させてしてしまうこともあります。肌荒れや朝の目覚めの悪さも免疫力低下のサインの可能性もあるので、今回ご紹介するツボを押して免疫力をアップさせましょう。

Let's ツボ押し!

兪府(ゆふ)

兪府(ゆふ)

免疫反応をコントロールするTリンパ球を育てるツボ。

場所
鎖骨と胸骨の角にあるくぼみ。
押し方
息を吐きながら、片方のツボに親指を、もう片方のツボには他の4本の指をあて、痛気持ちいいくらいの強さで左右に揺らしながら10回程度押します

せんねん灸.オフ.伊吹260点

新品価格
¥2,654から
(2019/8/18 09:53時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

せんねん灸.オフ近江230点
価格:3920円(税込、送料別) (2019/8/18時点)

 

Liberating the Mind from Bondage by Seiyu Kiriyama

It is so nice to be back in New York again. It’s been exactly one year since I was last here.

This is the second year in a row that I have been able to achieve my long-standing desire to perform a goma fire ceremony in New York City. Today’s service would not have been possible without the close cooperation of the management and staff of the Riverside Church and the efforts of many people who have been working behind the scenes. I would like to offer my sincere gratitude to all those people, and to you, who are participating by your attendance. Thank you very much.

Before I proceed, let me first take this opportunity to express my profound sorrow and sympathy on the recent, tragic terrorist attacks against the United States.

I am deeply impressed by the determination and heroic courage that the American people, led by President Bush, have shown in the face of this sad and painful crisis. In particular I’d like to pay my sincere respects to the fire fighters, policemen, and emergency workers who have been doing such a wonderful job.

I watched the coverage of the memorial service held at Yankee Stadium on September 23. This, too, was truly soul wrenching.

Mayor Giuliani made a speech during the service. I’m sure you all remember his words, but they are worth repeating here. Mayor Giuliani declared: “To those who say our city will never be the same, I say, you are right. It will be better.”

These words, more than anything, show that

 

続きを読む

“Molecular light emitted as yoga secrets”

Transferred “light of pearl” transmitted as yoga secrets

Seiyui Kiriyama   Author

First, fire breathing method as appropriate.
When the fire breathing method is over, take a basic posture and adjust your mind and breathing.
Next, I close my eyes and concentrate on the part of the ajnja chakra in the intercostal space. Transfer the mind to the inside.
Repeat the holy word “Om-on” in mind and keep focusing. Eventually, a sphere slightly smaller than the translucent pong pong appears in the part of the ajnja chakra inside the skull.

It is initially anchored to that part, but will eventually float away (in the skull) away from it. When it comes to levitation, it gradually
I will move it.

After moving it to the back of the eye level, turn the eyeball backward and turn the (heart) eye towards the inside of the body.

From then on, the eye moves with the floating sphere.

When the floating sphere reaches the back of the eye level, it absorbs it very quietly and transfers it to the bottom of the skull. When you reach the bottom of the skull, gently lower it vertically along the Schummuna canal in the spine. And finally reach the center of the body in line with the navel.

Once you reach the back of the navel, place it there for about a hundred chants, and then move it to the place on the second finger. If you put a ball here, concentrate your mind there and repeat the scripture and cast it into your mind.

Then, finally, the semi-transparent spheres will gradually emit light
become.
This is “the light emission of Padmar Matsuga”.

When the light begins to appear, both the breathing and the heart must be very quiet in order to hold it.
If there is a flower, a leaf, a cloud, or the appearance of a living thing other than light, it should be kept quiet as it is. No matter if it appears or disappears, you are looking at it with a feeling that you are looking at it naturally or simply looking at it, or even if you can see nothing, you don’t want to want to look at it.

The first step of Padma Matsuga in Kundalini begins at the point where it emits light to Padma Matsuga in the body of the practitioner.
Padma Matsuga starts to emit light as soon as it enters into meditation when Padma Matsuga is lighted with an alarm. When it strengthens thought, light is also emitted strongly.
As needed, the practitioner moves Paddella materia to each chakra, intensifies light, and promotes secretion of hormones. It has the power that is essential to the awakening of Kundalini.

Those who have been trained in yoga and waited for a certain amount of power can clearly see from the outside as the light emitter moves through the body of the trainee, when looking at the body of the regular trainee. It is by no means the subjectivity of the practitioner’s idea.

The Theosophical Society has several experimental photos by a trained Indian guru.
The light emission of Padmar Matsuga is an avid trainer and it takes about a year or two.

The lighted Padmar Matsuga is pulled back into the ajnja chakra again, where the concentration is further enhanced.

Move the Padmar Matsuga, which has increased the light intensity, gently to the pineal gland, the pineal body, and the hypothalamus
Let go

.
This may seem like a gentle thing, but it is not. Ah
This is a very difficult task, for reasons of

One of the main reasons is the complex nerve group in the cerebrum.

Padma Matsuga is “the real” to the practitioner who reached this boundary. It is a very difficult task to pass this padd according to the correct path and arrive at the desired location without error. Without this help without the help of a guru
It is considered almost impossible to burn.

As soon as it reaches the right spot in the hypothalamus, a dazzling flash of light comes from the head.
Run in the lid. It is a feeling that the optic nerve sparked.

It is this that Kundalini Yoga’s secret scripture says, “If this chakra is awakened, light will appear on this part and it will shine soberly.”

It is said that this is “the law of claiming to make a person a genius”.
Because after this flash, the trainee’s brain cells have changed completely
It is because it comes to show a function. What I saw and heard once
But, if necessary, I will revive memories, and creative ideas and genius ideas,
Just like the spring’s springing up, you will not know that it’s running out.

Rather, it will work to the extent that something is unusual.

The true fulfillment of the Sahasra Ratchakra is the awakening of Kundalini, waiting for its rise
However, the fulfillment of the “Study Law” may be the first step.

The training of this Padmar Matsuga is the secret of the secret of Kundalini Yoga
Can not go further than this. There are also some oralities, but
It is forbidden to use it as a brush.

Moth

Reincarnation meditation method <3> Crystal dragon god meditation method that you can also become a Buddha

New price
From ¥ 1,836
(As of 2019/7/14 10:33)

Moth

ヨーガ秘伝として伝わる”明珠の発光




ヨーガ秘伝として伝わる”明珠の発光”を伝授

桐山靖雄 著者

まず、火の呼吸法を適宜。
火の呼吸法が終わったら、基本姿勢をとって、心と呼吸を調える。
つぎに、眼を閉じ、眉間の、アージュニャー・チャクラの部分に心を集中する。心をしだいに内部に移す。
聖語「オームーオン」を心にくり返し、集中をつづける。やがて、頭蓋の内部のアージュニャー・チャクラの部分に、半透明のピンポン玉よりやや小さい球体があらわれるようになる。

それは最初、その部分に固定しているが、やがて、そこから離れて、(頭蓋の中で)浮揚するようになる。浮揚するようになったら、それを徐々に眼かの奥
移動させていく。

眼高の奥に移動させ終わったら、眼球をぐるりと後方に旋回させて、(心)眼を体の内部に向ける。

以後、この眼は、浮揚している球体といっしょに移動するのである。

浮揚する球体が眼高の奥に達したら、ごく静かに吸収しつつ、これを頭蓋骨の底に移す。頭蓋骨の底に達したら、背柱の中にあるスシュムナー管にそって、静かに垂直に下降させていく。そして、最後に臍と一線上にある体の中心に到達させる。

臍の裏側に到達したら、聖語を約百唱する間そこに置き、それから、二横指上のところに移す。ここに球を置いたら、そこに心を集中し、聖語をくり返し心に唱える。

そうしていると、ついに、半透明であった球体が、しだいに光を発するよう
になる。
これが「パドマーマツガの発光」である。

光が見えはじめたら、それをたもつために、呼吸も心もごく静かにしていなければならない。
もし光のほかに、花とか、葉とか、雲のようなもの、また生物の姿などがあらわれても、それはそのまま静かにながめておればよい。それがあらわれても消えても、自然に、ただなにげなくながめているという気持ちで見ていること、また、なにも見えなくても、強いて見たいと思ってはならい。

クンダリニーでパドマーマツガの第一歩は、修行者の体内にあるパドマーマツガに光を発せしめるところからはじまるのである。
パドマーマツガが調度目ざめて発光すると、瞑想に入るやすぐにパドマーツガは光を放ちはじめる。それは、思念を強めると、光も強く放たれる。
修行者は必要に応じて、パドマーマツガを各チャクラに移動させ、光を強め、ホルモンの分泌をうながすのである。それは、クンダリニーの覚醒にも欠くことのできない力を持つ。

ヨーガの修行をしてある程度の力を待った者が、この定に入っている修行者の体を見ると、発光体が修行者の体内を移動するさまを外部からはっきり見ることができる。それは決して修行者の観想による主観だけのものではないのである。

神智学協会には、インドの熟達した導師による実験写真が数枚ある。
パドマーマツガの発光は、熱心な修行者で、およそ一、二年かかるとされる。

発光したパドマーマツガを、もう一度、アージュニャー・チャクラに引き戻し、そこでさらに集中の度を強める。

光度を増したパドマーマツガを、松果腺・松果体・視床下部へと静かに移動
させていく


これは、やさしいことのように思われるかもしれないが、そうではない。あ
る理由により、これは非常に困難な作業なのである。

その大きな理由のひとっは、大脳の中の錯綜した神経群である。

この境界に達した修行者にとって、パドマーマツガは「実在」なのである。このパドマツガを、正しい「道すじ」のとおりに通過させて、誤りなく目的の場所に到達させるのは、非常に困難な仕事である。導師の助けなく独力でこれをなしと
げることは、ほとんど不可能なこととされている。

視床下部の正しい箇所に到達すると、その瞬間、目のくらむような閃光が頭
蓋の中を走る。視神経がスパークした感じである。

クンダリニー・ヨーガの奥義書が、「このチャクラを目ざめさせると、この部位に光明があらわれて、燦然と輝く」といっているのは、これである。

これが、人を天才にする「求聞持聡明法」であるとしている。
なぜならば、この閃光が走った以後、修行者の脳細胞は、それまでと一変した
はたらきを示すようになるからである。一度、見聞きしたことは、どんなこと
でも、必要に応じて記憶によみがえらせるし、独創的・天才的なアイデアが、
つぎつぎと泉の湧き出るように、尽きることを知らないようになる。

むしろ、異常といってよいほどのはたらきをするようになるのである。

サハスラーラーチャクラの真の成就は、クンダリニーの覚醒、上昇を待たね
ばならないが、この「求聞持聡明法」の成就が、その第一歩なのであろう。

このパドマーマツガの修行は、クンダリニー・ヨーガの極秘の秘伝であっ
て、これ以上のべることはできない。いくつかの口伝もあるけれども、それを
筆にすることは禁ぜられているのである。

 

輪廻転生瞑想法〈3〉あなたも仏陀になれる水晶龍神瞑想法

新品価格
¥1,836から
(2019/7/14 10:33時点)

瞑想ってなんですか?」 ニーマル・ラージ・ギャワリ

ここ10年でヨガは一般的になりましたが、最近は瞑想が注目されていますね。

欧米でも、日本でも、多くの方々が瞑想を生活に取り入れていることはみなさんご存知だと思います。

ただ、まだまだ瞑想に対して間違ったイメージを持っている方も多いようです。この連載ではまず「瞑想ってなんですか?」というシンプルな疑問について書きたいと思います。

みなさんは、どうして瞑想を特別なものと考えるんでしょうか?

瞑想という言葉にはたくさんの定義があります。

穏やかさ、マインドの平穏、いま現在に集中すること、自らの意識を高めたり、気づきを得ること――こういった状態やそれを達成するテクニックの総称が“瞑想”です。

ここまでは、たいていの方がなんとなく理解していると思います。

では、瞑想は誰がやるものなのか?と言うと、なぜかヨガの修行をした人や偉いお坊さんがだけが行う、とても難しいもの、自分とは関係ないもの、と考える方が多いようです。

そんなことはありません。瞑想は特別なものではありません。

なぜかと言うと、私たちは誰もが子どもの頃、瞑想をしていたんです。これはアーユルヴェーダの考え方です。

生まれる前、お母さんのお腹の中にいた時、私たちが何をしていたのかというと、瞑想をしていたんです。生まれた後も、人間はだいたい4歳ぐらいまでは瞑想をしている時間が多いんです。

人間は五感を持って生まれてきますが、五感をひらくには時間がかかるんです。例えば、赤ちゃんは最初から大人のように全部が見えているわけではありませんよね。生後何ヶ月かしてからちゃんと見えるようになってきます。耳も同じです。

人間というのはどんどん年をとるうちに、経験を重ねていくことで五感が外に向いてくるんです。遠くのものが見えてきたり、遠くの音が聞こえてきたり。外にひらかれていくんです。それまでは、人間は自分のマインドや意識と呼ばれる、内側にあるものに向いているんです。それは、瞑想です。

だから、瞑想っていうのは、ヨガや宗教のためだけにあるんじゃないんです。私たち誰もがやっていること、やっていたことなんです。特別なことじゃない、当たり前のことなんです。

ヨガと瞑想の切っても切り離せない関係とは? 知っておきたいヨガ知識

疲れが溜まったとき、リフレッシュしたいと思ったときに、あなたはどんなことをしていますか?

気の済むまで寝る、趣味に没頭する、カラオケに行って全力で歌う・・・など方法は様々ですが、実は「瞑想」ちょっとした

時間でリフレッシュできる方法の一つです。

瞑想はその目的や方法によって、坐禅、ヨガ、マインドフルネスなど、いろいろな種類に分かれています。今回はメジャーになってスクールも増えてきた、ヨガと瞑想の関係についてご紹介します。

ヨガと瞑想は切っても切り離せない関係にある!


一口に瞑想といっても種類は幅広く、少し調べただけでは全部で何種類あるのか分からないくらい、たくさんの瞑想と瞑想法が存在します。全てを把握している人がいるのだろうか・・・と思ってしまう複雑さですが、坐禅も、ヨガも、マインドフルネスも、瞑想のための技法のひとつです。

本記事ではヨガにおける瞑想の位置づけとその中身について、なるべく分かりやすくお伝えしていきます!

「ヨガ」ってどういう意味?

まず「ヨガ」(ヨーガ)の語源から。どうして語源からなんだ!早くヨガの瞑想について教えてくれよ!と突っ込みが聞こえてきそうですが、でもこれ、とても大事なことなんです。

「ヨガ」はサンスクリット語でいうと「ユジュ」で、その意味は「牛馬にくびきをつけて車につなぐ」なんだそう。つまりヨガで目指すのは、牛馬にくびきをつなぐように身体と心を結び付けて、心の乱れを制御すること(身体と心の調和)なのです。

身体の心の調和と言ってもちょっとイメージしづらいですが、分かりやすく言えば、「嫌なことがあっても落ち込みにくい状態のメンタルが身に付く」ということです。ストレスに強くなるというだけでも大分魅力的ですね。

心の乱れが少なく身体と心の調和がとれている状態に近づくほど、より良くヨガが実践できていると言えます。ではどんな方法で心の乱れを制御するのか?その具体的な方法こそが「瞑想」なのです!

「ヨガ」と「瞑想」の結びつき

ヨガの根本の聖典「ヨーガ・スートラ」には瞑想を含むヨガの8つの実践段階が説かれています。これは「こんなことをやっていけば、最終的に目的を達成できますよ」という流れのことで、ざっくり説明すると、日々の心構え→瞑想を行うための準備→瞑想を行う→悟り(身体と心の調和)に至るという感じです。

8段階のうち、1、2が心構え、3、4、5、6、7が瞑想の準備と実践、8が悟りの段階にあたります。ヨガの実践の中心に瞑想があるのが分かりますね。

ヨガと瞑想はとても深い関係にあり、ヨガをより良く行おうと思ったら瞑想は欠かせないものなのです。

瞑想に入るための「アーサナ」って?


ヨガと瞑想が切っても切り離せない関係であることを理解したところで、いよいよヨガの瞑想について踏み込んでみましょう。ヨガをやったことがある方はご存知だと思いますが、ヨガにおいて瞑想に入るためのポーズを「アーサナ」と言います。

「アーサナ」という言葉の意味は「座る場所」「座り方」で、瞑想に入るための準備としてヨガの実践段階の3段階目に位置します。現在のヨガにはなんと100種類以上(!)の「アーサナ」があると言われています。

名前は分からなくても、ヨガと聞いて思い浮かんだあのポーズも、このポーズも、数ある「アーサナ」のうちのどれかです。

ただし、これだけの数が登場し始めたのは約1000年前に「ハタ・ヨーガ」というヨガの一種が誕生してから。古典的なヨガのアーサナには本来の座り方としての意味しかありませんでした。現代のヨガでもアーサナのポーズの部分がクローズアップされており、これは西洋の文化が取り入れられた影響と言われています。

正しいアーサナを行うと、以下のような効果が期待できます。

  • 肩コリ改善
  • 下半身の強化
  • 倦怠感改善
  • 集中力の向上
  • 体の歪みの改善
  • 内臓系の活性化
  • 姿勢改善
  • ダイエット効果
  • 坐骨神経痛の改善
  • 心身の調整
  • 目の状態の改善
  • 脳の働きの活性化
  • ホルモンバランスの改善

・・・などなど。いいことづくめですね。

アーサナを行うには筋力や柔軟性が要求されたり、身体のひねりや伸ばしの動きが加わったりするため、身体にも良い効果が多いのです。ただし、ポーズを真似するだけでは本当の効果は得られないと言います。

何故ならアーサナの本来の目的は、その後に行う瞑想をより良いものにすることだから。ダイエットや運動の一環としてヨガを始めた人も、ヨガはアーサナを行うことだけが本当の目的ではないことを知っておきましょう。

ヨガというと特殊なポーズを取る=アーサナを行うことをイメージしがちですが、それも最終的には瞑想につながっているのです。

ヨガに通う目的、1位は「運動不足の改善」

みなさんヨガと瞑想の結びつきについてどのくらい知っているのでしょうか?ボイスノート会員999人を対象に、アンケートを実施しました。

まず、ヨガを習慣的に行っているか聞いてみました。

現在、ヨガを習慣的に行っていますか?
現在、ヨガを習慣的に行っていますか?

「行っている」という人は8.0%でした。ヨガを習慣的に行っているという人は10人に1人くらいの割合のようです。
続いてヨガを行っている人に、ヨガを行う目的を聞いてみました。

ヨガを行う目的は?
ヨガを行う目的は?

最も多かったのは「運動不足の改善」で42.5%、「ダイエット」「集中力の向上」が後に続きました。フィットネスとしてのヨガに魅力を感じて行っているという人が多いみたいですね。古典的なヨガのメインである瞑想と、そこから悟りを得ることを目的としている方は1割前後という結果でした。

最後にヨガと瞑想の関係について知っているかを、ヨガを習慣的に行っている人とそうでない人に分けて聞いてみました。

ヨガと瞑想には深い関係があることをご存知でしたか?
ヨガと瞑想には深い関係があることをご存知でしたか?

ヨガを行っている人とそうでない人ではっきり差が出ました。ただ、ヨガを習慣的に行っている人の中でも2割の人ヨガと瞑想の関係について知らなかった様子。

せっかくヨガをやるのであれば、きちんと効果を得るためにも、瞑想のことをもっと知っておきましょう!


新しい時代に、注目のMuse細胞 研究本格化

新しい時代に、注目のMuse細胞 研究本格

 シリーズ「現場から、新しい時代に」。今回は「Muse(ミューズ)細胞」と呼ばれる新たな万能細胞についてお伝えします。いま研究が本格化していて、近い将来、脳梗塞などの後遺症を点滴で治せるようになるかもしれないと、注目されています。

仙台市に住む針生敏郎さん(66)。1年半前、脳出血で倒れ、妻の幸美さん(55)と一緒にリハビリを続けています。

「痛がったり、したいことが伝わらない。聞いても答えてくれない。意思が伝わるようになれば」(妻 幸美さん)

脳神経細胞が死滅して起きる、まひなどの後遺症。治療に効果を発揮すると期待されているのが、Muse細胞です。こちらの実験映像。脳梗塞を起こしたラットは歩くことすらままなりません。しかし、Muse細胞を投与してから3か月後、回復を遂げました。一体何が起きたのか。Muse細胞を発見した東北大学の出澤真理教授。この万能細胞には、壊れた神経細胞などを再生させる力があると話します。

「血管に投与しただけで傷の場所に行き、壊れた複数の細胞に同時多発的になり代わってくれる」(Muse細胞発見した 出澤真理教授)

Muse細胞を血液中に投与。すると、傷ついた場所までたどり着き、新たな細胞に変化して、機能をよみがえらせるというのです。驚くべき力を持つMuse細胞。実は、私たちの体内に存在しています。

「体はいろいろな所が傷ついたり、細胞がなくなったりしている。それをメンテナンスして、恒常性を保つ一端を担っているのがMuse細胞」(Muse細胞発見した 出澤真理教授)

しかし、まひなどの後遺症は、体内のMuse細胞では足りず、ドナーから取り出した他の人のMuse細胞を投与することで、あのラットのように回復が見込めるのです。

そして、いま、実用化に向けた研究が本格化しています。東北大学病院では去年9月から、Muse細胞の点滴を実際の患者に投与する治験が始まっています。まひなどの後遺症を点滴で治せるかもしれないMuse細胞。厚生労働省の承認を得て再来年にも製品化される期待が高まっています。

「すごく楽しみにしている。一日でも早く実用化されればトライしたい」(妻 幸美さん)

「Muse細胞の点滴ができると、再生医療が一般のクリニックでもできるようになる。医療を大きく変えることができるのではないか」(Muse細胞発見した 出澤真理教授)

ヨーガ 3つの方法

ヨガの基礎となる3つの要素

ヨガとは単なるエクササイズではありません。呼吸や精神的アプローチから自律神経を整え、様々なポーズを通しインナーマッスルを鍛えることで心身のバランスを整える「健康法」です。

ヨガと言えばダイエットや美容を目的とする人も多いかもしれません。しかし、その真髄と言えるのは「心と身体の調和」です。

呼吸法
呼吸法とはいわゆる「腹式呼吸」と同じものですね。仰向けになってお腹のふくらみを確認しながら呼吸すると覚えやすいですよ。具体的な手順はこのようになるので、一度練習してみましょう。

床に仰向けに寝て、両膝を軽く立て、両手の手のひらをお腹の上に置いてください。
鼻から少しずつ息を吐きだしながら、お腹をへこむのを感じます。へこんだら、ゆっくり5秒数えましょう。
次は鼻から少しずつ息を吸って、へこんだお腹が膨らむ流れをじっくりと感じてみましょう。
最初はこの「呼吸法」を何度も繰り返し、少しずつ慣れていきましょう。これだけでも十分「ヨガ」としての効果が期待できます。慣れてきたら、呼吸法と合わせて以下のヨガの基本ポーズも試してみてください。

座法
ヨガの「座法」と呼ばれるものは3種類あります。まずは「安楽座(スカーサナ)」の手順からいきましょう。

骨盤を立てて床に座り、左右の座骨に均等に力を乗せてください。
手の平を太ももの上に置いて、天井に向けます。もしくは親指と人差し指で輪を作って、残りの3本を軽く開いてもOK。この印のことを「チン・ムドラー」と呼びます。
次は「蓮華座(パドマーサナ)」の手順です。

両足を曲げて、右足を太ももの上に乗せます。その上から左足を、右の太ももに乗せてみましょう。
そのまま両足のかかとを足の付け根に近づけ、手は先ほど説明した「チン・ムドラー」を結んで下さい。
最後に、「達人座(シッダアサナ)」の手順です。

両足を曲げて、右足のかかとを陰部と肛門の間に置いて、ゆっくり腰を下ろしましょう。
次に左のかかとを右太ももの上にのせて、手はチン・ムドラーを結んで下さい。

太陽礼拝のポーズ
太陽礼拝もまた、ヨガの基本ポーズになります。中でも簡単なものをいくつか紹介していきますね。

山のポーズ…足をそろえて、左右のバランスが偏らないように真っ直ぐに立ちます。お腹を引いて骨盤を真正面に向け、背筋をしっかり伸ばしましょう。
手を上に上げるポーズ…山のポーズの状態のまま、両腕を頭上にあげます。
深い前屈のポーズ…山のポーズから正面に前屈します。背中を丸めすぎないように、足の太もも・ふくらはぎ・背骨全体をしっかり伸ばしましょう。
半分の立位前屈…深い前屈のポーズの半分程度の前屈で体をキープしましょう。
初心者向け。比較的難しいポーズ
ねじった三角のポーズ
ウエストをねじって引き締めることで、下半身が強化されるポーズです。手順はこのようになります。

右足を大きく後ろに引いて立ち、右足のつま先を体の外側に向けましょう。
そのまま右手を上げて、背骨を伸ばしたまま体をゆっくり前に倒しましょう。
大きく息を吐きながらお腹をゆっくりとねじります。右手を左足のつま先にもっていき、左手と顔は天井に向けてください。
前にある足のつま先にちゃんと、体重が乗っているか、背骨は床と平行になっているかをチェックしつつ、状態をキープします。