Seven-seven seventy-seven items  七科三十七道品

Training method to acquire Nirvana’s wisdom
“Nanashina 37-seven items” or “Thirty-seven Samurai tribulation method”

Seven types of systems and 37 types of curriculum to acquire sacred wisdom
You can find Buddha scriptures and Buddhist scriptures that seem to have expressed Nirvana in the scriptures of Buddha’s Aue.
On the contrary, you can discover the training method to acquire Nirvana’s wisdom.
The practicing method is the practicing method named “Nanashina 37 Dojo” or “Thirty-seven Samurai Method”. This is a course of seven subjects and 37 types, and President Kiriyama calls it “seven types of systems and 37 types of curriculum for acquiring sacred wisdom”. People of the world know very little about Buddhist scriptures because they only know Mahayana Buddhism.
It is stated in the Pali sentence “Nakao”, No. 103 kinti sutta as follows.
Hihi et al. Here, the law is understood by me and preached to you. In other words, Shigenenju, four straight cuts, four gods, five roots, five powers, seven senses, eight Masamichi. Therefore, all Hioka and others must reconcile and reconcile and learn this without conflict.
The practice and practice of wisdom gained by Buddha is clearly shown here.
The method of practicing these seven subjects, which was taught by Ao Susumu, was named “Nanashina Thirty-seven Dojo” or “Thirty-seven Samurai Method” by Avidalma. It means the 37 training methods that lead to Satori.

Shigenju House Law
In the old translation, it is called Shinenjo. It’s also called Shigenori. There are four types of introspection and meditation techniques for obtaining satori. There are four types: Shinenju, Jinenju, Shinenju, and Hoenju.

Four straight cutting methods
In the old translation, it is called four full-time work. Four exercises: cutting, ritual cutting, guardian cutting, and cutting.

Shijinsoku method
Translated with all four elements.
This is the basis for obtaining four universal powers. Training methods for four types of “natural gods, godsoku, jinjinsoku, shinjinsoku” and “kanjinsoku” to obtain supernatural magic.

Gone method
There are five types: Shinkon, Shojinkon, Nenkon, Jokon, and Sone. The root is the ability to work freely. A practice in which the faith of the Buddhist monk’s three treasures and his dedication, spirit, meditation, and wisdom demonstrate high abilities toward Nirvana.

Five powers method
Power of power, spiritual power, power of mind, constant power, power of power (or wisdom). Training to acquire advanced power to reach Nirvana.

Seven senses support method
Chokoku-Kaku, Shojin-Kaku, Ki-Kaku, Kaku-an-Kaku, Saku-Kaku-Kashi, Fixed-Kids ) ・ Seven of the nests. Seven disciplines to Nirvana.

Hachisho road method (also written as Hachisho road)
Eight roads to reach the ideal boundaries: “Shoken”, “Shoshiyui”, “Shogo”, “Shogo”, “Shoyo”, “Shoyo”, “Shojin” ) ・ Shinnen ・ Shojo 」

That’s all for “Nanashina 37-seven items”.
Shigenozumi and Gone methods are meditation.
The four straight-cut method, five power method, seven senses method, and eight right way are practice and meditation.
The Four Gods method is a special tapas. The gods are the magical powers (superhuman abilities), and these four gods are the four kinds of training methods for obtaining supernatural magical powers.

ニルヴァーナの智慧を獲得する修行法
「七科三十七道品」あるいは「三十七菩提分法(ぼだいぶんぽう)」

神聖なる智慧を獲得するための七種類のシステムと、三十七種類のカリキュラム
ブッダの説かれた阿含の経典群の中には、ニルヴァーナを表現したと思われる経典、仏典を見出すことができるのです。
それどころか、ニルヴァーナの智慧を獲得する修行法までも、発見できるのです。
その修行法とは、「七科三十七道品」あるいは「三十七菩提分法」と名づけられた修行法です。これは、七科目・三十七種類にわたる教科目であり、桐山管長は、これを「神聖なる智慧を獲得するための七種のシステムと、三十七種類のカリキュラム」と呼んでいます。世の人々は、大乗仏教だけしか知らないために、仏教にこういう経典のあることをほとんど知りません。
パーリ文「中阿含」第百三の kinti sutta につぎのように述べられています。
ここに比丘らよ、われによりて法は悟られ、汝らに説かれたり。すなわち四念住・四正断・四神足・五根・五力・七覚支・八正道これなり。それゆえにすべての比丘らは相和し相欣び、争うことなくして、これを学ばざるべからず。
ブッダによってさとられた智慧の獲得の修行法、実践法が、ここに明らかにのべられています。
阿含経に説かれたこの七科目の修行法は、アビダルマ論師によって「七科三十七道品」あるいは「三十七菩提分法」と名づけられました。さとりにいたる三十七の修行法という意味です。

四念住法(しねんじゅうほう)
旧訳では四念処(しねんじょ)といいます。四念処観ともいいます。さとりを得るための四種の内観・瞑想法です。身念住(しんねんじゅう)・受念住(じゅねんじゅう)・心念住(しんねんじゅう)・法念住(ほうねんじゅう)の四つです。

四正断法(ししょうだんほう)
旧訳では四正勤といいます。断断(だんだん)・律儀断(りつぎだん)・随護断(ずいごだん)・修断(しゅだん)の4つの修行。

四神足法(しじんそくほう)
四如意足とも訳す。
四つの自在力を得るための根拠となるもの。超自然的な神通力を得るための4種『欲神足(よくじんそく)・勤神足(ごんじんそく)・心神足(しんじんそく)・観神足(かんじんそく)』の修行法。

五根法(ごこんほう)
信根(しんこん)・精進根(しょうじんこん)・念根(ねんこん)・定根(じょうこん)・慧根(えこん)の五つ。根とは自由にはたらく能力をいう。仏法僧の三宝にたいする信と、精進・念・禅定(瞑想)・智慧が、ニルヴァーナに向かって高い能力を発揮する修行。

五力法(ごりきほう)
信力(しんりき)・精進力(しょうじんりき)・念力(ねんりき)・定力(じょうりき)・慧力(えりき)(または智力)。ニルヴァーナに至る高度な力を得る修行。

七覚支法(しちかくしほう)
択法覚支(ちゃくほうかくし)・精進覚支(しょうじんかくし)・喜覚支(きかくし)・軽安覚支(きょうあんかくし)・捨覚支(しゃかくし)・定覚支(じょうかくし)・念覚支(ねんかくし)の七つをいう。ニルヴァーナへみちびく七つの修行。

八正道法(はっしょうどうほう)(八聖道とも書く)
理想の境地に達するための八つの道『正見(しょうけん)・正思惟(しょうしゆい)・正語(しょうご)・正業(しょうごう)・正命(しょうみょう)・正精進(しょうじん)・正念(しょうねん)・正定(しょうじょう)』

以上が、「七科三十七道品」です。
四念住法・五根法、これは、瞑想です。
四正断法・五力法・七覚支法・八正道法は、実践と瞑想です。
四神足法は、特殊な tapas( 練行)です。神足とは、神通力(超人的能力)のことで、この四神足法は、超自然的な神通力を得るための四種の修行法です。

Liberation of mind from bondage 束縛からの心の解放

 

Liberation of mind from bondage
[Screening of Hanwa Shinkei Meditation]

As you can see, the water will be completely changed. Wataku
Our hearts also change from moment to moment, just like water. Cotton
In this video, the comb says, “In the heart of man, lay, sadness, joy,
It does n’t have a certain gender. ”
That’s right. Look at my heart with a heart that looks at eternal movements
It is. Never bind your heart. To things in front of you
Don’t be fooled. Release your heart from there. Water movement
Leave all the phenomena as the book flows.
Now, you are in deep grief. I fell down by a brutal terror.
I feel overwhelming sorrow for my family, friends and colleagues
I think you are. Feeling that means that your true love
Because he has a full heart. Therefore, in the midst of sorrow
I want to tell you all. Because there is a heart that feels that sadness,
You can also feel rich joy.
We humans walk. run. Sometimes stumbles.
And in everyday life, laugh together, joy each other, hug each other, comfort
it matchs.
On the earth where we live, the sun shines down.
And it rains to nurture lives. The wind blows, the clouds flow, and the ocean is wide.
I’m here. Including all of us humans, all things in the forest are transformed as one
There is nothing to do. Everything that lives is alive,
It has changed without a doubt. In the midst of this change, our work
There is.
There are immortal things that never change in the depths
The That is the truth. Meditate to reach that truth.
When people reach the truth, people are the most quiet and peaceful, the best
I feel joy. I feel infinite joy. That is what Buddha teaches
It is the world of “Ruvana”.
When people reach Nirvana, people really feel the joy of living.
And I want to share that joy of life with everyone else. So
And understand that it is in love with humanity.
Our world is constantly changing, and the lifeless movement of everything in the forest
I have carved the rhythm.
However, destroying and threatening this important natural rhythm and order
There are things. That is terrorism. This terrorism is a democrat
I believe that it is a total denial of righteousness and above all hurts the heart of love.
The
The basis of world peace is built from the true love of all people and the best wisdom
The
よ う Like world peace, world peace will come
-Screaming cancer doesn’t just bring world peace. Each person will be peaceful, and every single family in the world will be peaceful.
If so, it is not world peace.
, It ’s because every person in the world is n’t left, but the wisdom and mercy of Buddha.
When you begin to walk, the bad karma is cut off and the true
World peace will come.
The hearts of people who dare to face the existence that threatens our daily lives
Knows that the heart for peace is on fire. Soreyu
Yes, I dared to appeal for world peace today.
‘Gat, Gat, Harrah Gat, Harrah Sawgar
Tay, Bogie Saw Worker ”
“Walk, walk, just walk, to build world peace and family peace”
Hanwa Shinji teaches that.
I was able to pray with you today. And with everyone
I was so impressed that I prayed and I was the best as a religious
I feel true happiness.
I pray for the quick resolution of the problems facing the world.
I ’m sorry. And there are blessings of gods and Buddha in America and New York
I pray for you.
New York is heading for a wonderful future with a new reconstruction
I would like to give my sincere encouragement to all of you who love the United States
I would like. Today I can pray with you, sincerely, happiness
I feel it.

束縛からの心の解放

【般若心経瞑想法上映】

 

 いま、ご覧いただきましたように、水は千変万化いたします。わたく

したちの心も、また、水と同じように、瞬間、瞬間に変化します。わた

くしは、この映像の中で、「人のこころの内に、敷き、悲しみ、喜びの、

一定の性があるわけではない」と申しました。

 そうです。千変万化する永の動きを見つめる心で、わが心を見つめる

のです。決して、自分の心を束縛しては、いけません。眼前の事物にと

らわれてはいけません。そこから自分の心を解放するのです。水の動き

に任せて、本の流れるように、すべての現象を眺めます。

 いま、皆さまは深い悲しみの中にあります。凶悪なテロに倒れられた。

家族や友人、そして、同僚、多くの同胞への圧倒的な深い悲しみを感じ

ておられると思います。それを感じるということは、皆さまが真の愛に

満ちた心を持っておられるからです。それゆえに、悲しみの最中にある

皆さまに、あえて申し上げたい。その悲しみを感じる心があるからこそ、

豊かな喜びもまた、感じることができるのです、と。

 わたくしたち人間は、歩きます。走ります。ときには、つまずきます。

そして、日々の暮らしの中で、ともに笑い、喜び合い、抱き合い、慰め

合います。

 わたくしたちが生きる地球には、太陽の光がさんさんと降り注ぎ、そ  

して、命を育む雨が降り注ぎます。風が吹き、雲が流れ、大海原が広が  

つております。わたくしたち人間を含め、森羅万象、ひとつとして変わ

らないものはありません。生きとし生けるものすべては生々流転、とど

まることなく変化しております。その変化の中に、わたくしたちの営み

はあるのです。

 そのさまざまに千変万化する奥に、全く変わらない不滅のものがあり

ます。それが真理です。その真理に到達するために瞑想します。

 真理に到達したとき、人は、この上なく静寂で安らかな、この上ない

喜びを感じます。限りない喜びを感じます。それが、ブッダの教える「ニ

ルヴァーナ」の世界なのです。

 ニルヴァーナに到達したとき、人はほんとうに生きる喜びを感じます。

そして、その生きる喜びを他のすべての人と共有したいと感します。そ

して、それが人類愛に通ずるものであることを理解します。

 わたくしたちの世界は常に変化しており、森羅万象の生々流転が、自

然のリズムを刻んでおります。

 しかし、この、大切な自然のリズム、そして、秩序を破壊し、脅かす

ものがあります。それこそがテロリズムであります。このテロは民主主

義の全否定であり、なによりも、愛の心を傷つけるものと思っておりま

す。

 世界平和の基本は、すべての人の真の愛と、最高の智慧から築かれま

す。

 世界平和が来るように、世界平和が来るようにと、いくら声高くスロ

ーガンを叫んでも、それだけで世界平和が来るものではない。一人一人が平和になり、界中の家庭一軒一軒が残らず平和にならなけ 

れば、世界平和ではないのです。

 それは、世界中の人、一人一人が、一人残らず、ブッダの智慧と慈悲

を身につけて、歩みはじめてこそ、悪しきカルマは断ち切られて、真の

世界平和が来るのです。

 わたくしたちの普段の営みを脅かす存在に敢然と立ち向かう人々の心

には、平和を希求する心が燃え立っているのを知っております。それゆ

え、わたくしは、今日、あえて、世界平和を訴えました。

 「ギャーテイ、ギャーテイ、ハーラーギャーテイ、ハーラーソウギャー

テイ、ボージーソーワーカー」

「歩めよ、歩め、ただ歩めよ、世界平和と家庭の平和を築くために」

 般若心経は、そう教えています。

 今日は、皆さまとともに祈ることができました。そして、皆さまとと

もに祈る熱い感動をいただき、わたくしは、宗教者としての最高にして

真実なる幸せを感じております。

 いま、世界が直面している問題の解決の一目も早からんことを祈って

やみません。そして、アメリカとニューヨークに神仏のご加護がありま

すように祈ります。

 新たな復興による素晴らしい未来に向かおうとしているニューヨーク

の皆さん、アメリカをこよなく愛する皆さんに、心からの励ましを贈り

たいと思います。今日は、皆さまとともに祈ることができ、心から、幸

せに感じております。

 

 

The central existence of Buddhism is not a god but a human being called Gautama Siddhartha  仏教の中心的存在は神ではなくゴータマ・シッダールタという人間だ

The center of Buddhism is not a god but a human being called Gautama Siddhartha. According to Buddhist tradition, Gautama was a prince of a small kingdom in the Himalayas around 550 BC. When he was young, the prince was deeply worried about the suffering he saw everywhere around him. He sees both young and old men and women suffering not only from casualties like war and famine, but also from things like anxiety, discouragement, and frustration that seem to be inseparable from human circumstances. did. People pursue wealth and power, gain knowledge and property, have sons and daughters, build houses and palaces. Nevertheless, I am never satisfied with what I can accomplish. Those who live poorly dream of wealth. Those who have enormous wealth want twice that. If double is available, I want 10 times. Even rich and renowned people are rarely satisfied. They are always engulfed by anxiety and anxiety. Everything that people accumulate and pile up disappears like smoke. Life is a meaningless, silly and intense survival competition. But how can you get out of it? When Gatama was 29 years old, she left the family and her assets and left the royal palace in the middle of the night. As a wanderer who has no place to live, he walked around northern India and looked for ways to escape suffering. Despite visiting the academy several times and asking for the teachings of the saints, they could not be completely liberated. There was always some dissatisfaction. But he was not despaired. I decided to scrutinize the suffering on my own until I found a way to get rid of it completely. He meditate on the nature, causes, and salvation of human suffering for six years. Finally, I realized that suffering was not caused by bad luck, social injustice, or the whim of God. The suffering came from the style of the behavior of the person’s heart. Gautama realized that no matter what the heart experiences, it responds with thirst, and thirst is always frustrated. When the mind experiences an unpleasant thing, it loves to get rid of that unpleasant thing. If you experience something pleasant, you will love that it will last and strengthen. Therefore, the heart does not know that it is always satisfied and is restless. This becomes very obvious when you experience something uncomfortable like pain. As long as the pain continues, we are dissatisfied and try to get rid of the pain. But we are never satisfied even when we experience something pleasant. He fears that the pleasure will disappear, or wants the pleasure to increase. People have been dreaming for years to find loved ones, but are rarely satisfied when they find them. Some people are worried that they will not leave, while others feel that they have been good with the other person and regret that they could find a better person. As is well known, some people feel anxious and regret. The great gods make it rain, the social institutions provide justice and medical care, and some people are lucky enough to be rich, but none of them is our basic mental pattern Cannot be changed. Therefore, no matter how great the king is, he is worried, constantly escaping from sadness and suffering, and pursuing greater joy forever. Gautama discovered that there is a way to get out of this vicious circle. When the heart experiences something pleasant or unpleasant, it continues to feel joyless. The law is to experience the reality as it is. This law, known as “Dharma”, is viewed by Buddhists as a universal law of nature. This law that “suffering comes from thirst” is exactly the same as in modern physics, and is always right everywhere. Buddhists are people who believe in this law and support it for all their activities. On the other hand, faith in God is not so important to them. The first principle of monotheism is “God exists. What does God want me to do?” On the other hand, the first principle of Buddhism is “There is suffering. How do you escape from it?” Buddhism does not deny the existence of gods (the gods are described as powerful beings that can bring rain and victory), but has no influence on the law that suffering arises from romance. If a person’s heart is free from any kind of lust, no god can afflict him. Conversely, once a person’s heart is thirsty, even if all the gods in the universe are together, that person cannot be saved from suffering. However, very similar to monotheism, religions of pre-modern natural laws, such as Buddhism, did not completely abandon the worship of the gods. Buddhism urged people to aim for the ultimate destination of complete liberation from suffering, rather than on the way, such as economic prosperity and political power. However, ninety-nine percent of Buddhists did not reach the precincts of the nephew, and even if they wanted to reach it sometime in the next world, they dedicated most of their life to achieving mediocre goals. So they continued to worship various gods, such as Hindu gods in India, Bonn gods in Tibet, and Shinto gods in Japan. In addition, over time, some Buddhist denominations are to save the countless beings who are human beings who have the ability to accomplish the wandering, or who are non-human beings, but still in the ring of distress I refrain from releasing it from resentment. Instead of worshiping the gods, many Buddhists began to worship these enlightened Buddhas and spears and began to pray not only to enter the spear but also to help deal with the problems of the world. . So, in East Asia, spend time to rain, control plague, and even win bloody wars in exchange for prayers, colorful flowers, rich incense, rice and sweets offerings. There are many Buddhas and buds to spend. Human worship The past 300 years are often described as the era of the rise of secularism as religion gradually loses its importance. If you are referring to a theistic religion, it is generally correct. But taking into account the religion of the laws of nature, modernity is an era of intense religious passion, unprecedented missionary work, and the most brutal war in history. Many modern religions such as liberalism, communism, capitalism, nationalism, and Nazism have emerged in modern times. These principles do not like to be called religion and call themselves ideology. But this is just a twilight of words. If religion was a system of human norms and values ​​based on the superhuman order belief.

 

 

仏教の中心的存在は神ではなくゴータマ・シッダールタという人間だ。仏教の伝承によると、ゴータマは紀元前五〇〇年ごろの、ヒマラヤの小王国の王子だったという。若いころこの王子は自分の周りの至る所で見られる苦しみに深く心を悩ませた。彼は老若男女がみな、戦争や飢饉のような折々の災難ばかりではなく、不安や落胆、欲求不満といった、すべて人間の境遇とは切り離しようのなさそうなものにも苦しんでいるのを目にした。人々は富や権力を追い求め、知識や財産を獲得し、息子や娘をもうけ、家や御殿を建てる。それなのに、何を成し遂げようと、けっして満足しない。貧しい暮らしを送る者は富を夢見る。巨万の富を持っている者はその倍を欲しがる。倍が手に入れば一〇倍を欲しがる。金持ちで高名な人さえ、満足していることは珍しい。彼らもたえず不安や心配につきまとわれ、挙句の果てに病気や老齢、死によってそれに終止符を打つ。人が蓄え、積み上げたものはすべて、煙のように消えてなくなる。人生は意味のない、愚かで激しい生存競争だ。だが、どうすればそこから抜け出せるのか? ゴータマは二九歳のとき家族も財産も後に残して、夜中に王宮を抜け出した。住む場所もない放浪者としてインド北部を歩き回り、苦しみから逃れる方法を探した。修行所をいくつも訪ね、聖者の教えを乞うたものの、完全には解脱できなかった。つねに何かしら不満が残るのだった。だが彼は絶望しなかった。完全な解脱の方法を見つけるまで、苦しみについて独自に吟味することを決心した。そして、人間の苦悩の本質や原因、救済について六年にわたって瞑想した。そしてついに、苦しみは不運や社会的不正義、神の気まぐれによって生じるのではないことを悟った。苦しみは本人の心の振る舞いの様式から生じるのだった。 心はたとえ何を経験しようとも、渇愛をもってそれに応じ、渇愛はつねに不満を伴うというのがゴータマの悟だった。心は不快なものを経験すると、その不快なものを取り除くことを渇愛する。快いものを経験すると、その快さが持続し、強まることを渇愛する。したがって、心はいつも満足することを知らず、落ち着かない。痛みのような不快なものを経験したときには、これが非常に明白になる。痛みが続いているかぎり、私たちは不満で、何としてもその痛みをなくそうとする。だが、快いものを経験したときにさえ、私たちはけっして満足しない。その快さが消えはしないかと恐れたり、あるいは快さが増すことを望んだりする。人々は愛する人を見つけることについて何年も夢見るが、見つけたときに満足することは稀だ。相手が離れていきはしないか不安になる人もいれば、たいしたことのない相手でよしとしてしまったと感じ、もっと良い人を見つけられたのではないかと悔やむ人もいる。周知のとおり、不安を感じながら悔やんでもいる人さえいる。 偉大な神々は雨を降らせてくれるし、社会的機関は正義や医療を提供してくれるし、幸運な偶然で大金持ちになる人もいるが、そのどれにも、私たちの基本的な精神パターンを変えることはできない。そのため、どれほど偉い王であっても不安を抱え、たえず悲しみや苦悩から逃げ回り、より大きな喜びを永遠に追い求めて生きる定めにある。 ゴータマはこの悪循環から脱する方法があることを発見した。心が何か快いもの、あるいは不快なものを経験したときに、なはことなく喜びを感じ続ける。て現実をあるがままに経験することである、というのがその法則だ。「ダルマ」として知られるこの法則を、仏教徒は普遍的な自然の法則と見なしている。「苦しみは渇愛から生じる」というこの法則は、現代物理学ではがつねにと等しいのとまったく同じで、つねにどこでも正しい。仏教徒とは、この法則を信じ、それを自らの全活動の支えとしている人々だ。一方、神への信仰は、彼らにとってそれほど重要ではない。一神教の第一原理は、「神は存在する。神は私に何を欲するのか?」だ。それに対して、仏教の第一原理は、「苦しみは存在する。それからどう逃れるか?」だ。 仏教は神々の存在を否定しない(神々は、雨や勝利をもたらすことのできる強力な存在と説明されている)が、苦しみは渇愛から生じるという法則には何の影響力も持たない。もし、ある人の心があらゆる渇愛と無縁であれば、どんな神もその人を苦悩に陥れることはできない。逆に、ある人の心にいったん渇愛が生じたら、宇宙の神々が全員揃っても、その人を苦しみから救うことはできない。 とはいえ、一神教と非常によく似て、仏教のような近代以前の自然法則の宗教は、神々の崇拝を完全に捨て去ることはついになかった。仏教は、経済的繁栄や政治的権力のような途中の地点ではなく、苦しみからの完全な解放という究極の目的地を目指すように人々を促した。だが、仏教徒の九九パーセントは涅槃の境地に達しなかったし、いつか来世でそこに達しようと望んでも、現世の生活のほとんどを平凡な目標の達成に捧げた。そこで彼らは、インドではヒンドゥー教の神々、チベットではボン教の神々、日本では神道の神々というふうに、多様な神を崇拝し続けた。 そのうえ、時がたつうちに、いくつかの仏教の宗派は、さまざを達成する能力を持つ人間や、人間以外の存在なのだが、依然として苦悩の環に取りこめられている無数の存在を救うために、憐みからその解脱を慎んでいるのだ。多くの仏教徒は、神々を崇拝する代わりに、悟りを開いたこれらの仏や菩薩を崇拝するようになり、涅槃に入るだけではなく俗世の問題を処理するのも助けてくれるよう祈り始めた。そのため東アジア各地で、祈りや色鮮やかな花、芳しいお香、米やお菓子の供え物と引き換えに、雨を降らしたり、疫病を抑えたり、果ては血なまぐさい戦争に勝ったりさえするために時間を費やす仏や菩薩が多く見られる。人間の崇拝 過去三〇〇年間は、宗教がしだいに重要性を失っていく、世俗主義の高まりの時代として描かれることが多い。もし、有神論の宗教のことを言っているのなら、それはおおむね正しい。だが、自然法則の宗教も考慮に入れれば、近代は強烈な宗教的熱情や前例のない宣教活動、史上最も残虐な戦争の時代ということになる。近代には、自由主義や共産主義、資本主義、国民主義、ナチズムといった、自然法則の新宗教が多数台頭してきた。これらの主義は宗教と呼ばれることを好まず、自らをイデオロギーと称する。だが、これはただの言葉の綾にすぎない。もし宗教が、超人間的な秩序の信奉に基づく人間の規範や価値観の体系であった。

To meditation

 

We must strive to transform ourselves into who we

want to be and to make our dreams come true.

Moreover, wouldn’t it be great if there were a way to

change yourself not only in this life but in your next life

as well?

Haven’t you ever thought of how great it would be if such a way existed?

If there were such a way, wouldn’t you certainly

want to learn and master it?

If this is your feeling, then you should start

Meditation on Reincarnation immediately.

If you, or anyone, practices Meditation on

Reincarnation, you will be able to lead a satisfying life as well as create an ideal next life.

 

私たちは誰に変身するよう努力しなければなりません

なりたい、夢を実現したい

さらに、もしする方法があれば素晴らしいと思いませんか

この人生だけでなく、次の人生でも自分を変えてください

同じように?

そのような方法が存在する場合、それがどれほど素晴らしいかを考えたことがありますか?

そのような方法があったら、あなたは確かにそうではないでしょうか

それを学び、習得したいですか?

これがあなたの気持ちなら、あなたは始めるべきです

すぐに生まれ変わりの瞑想。

あなたまたは誰かが瞑想を実践している場合

生まれ変わり、あなたは満足のいく人生を送るだけでなく、理想的な次の人生を作成することができます。

ヨガの呼吸法で効果UP! 腹式呼吸のメリットとコツとは?

リラックスできると大人気のヨガですが、そこで最も大切にされているのが呼吸法。代表的なのは腹式呼吸で、腹式呼吸をしながらポーズをとると、ヨガの効果がグッと高まるといわれています。そこで今回は、基本の腹式呼吸がもたらすメリットや、腹式呼吸をマスターするコツをご紹介します。

ヨガの基本・腹式呼吸のメリット

笑顔 - 健康管理

ヨガの基本は呼吸法にあります。

ヨガには得られる効果が異なる呼吸法が複数ありますが、なかでも重要視されているのが腹式呼吸です。腹式呼吸のやり方は、お腹を前に膨らませるように深く息を吸い込んだら、お腹がへこむまで息を吐ききるというもの。ヨガのポーズをとるときは、この腹式呼吸を止めずにおこない続けるのがポイントです。

深い呼吸には、ストレスをやわらげてリラックスできる効果があります。腹式呼吸でたっぷり空気を吸い込んでゆっくり息を吐くと、副交感神経が優位になるためリラックスできるのです。また副交感神経が活発になると、眠りに入りやすくなり、質のよい睡眠をとれるともいわれています。初心者のうちはまず、腹式呼吸の練習を繰り返して、基本の呼吸法をマスターするとよいでしょう。

腹式呼吸を効果的にするためには鼻呼吸がカギ

腹式呼吸をするときは、口は使わず鼻から息を吸って吐くことを意識しましょう。なぜ鼻呼吸が大事なのかというと、鼻呼吸は口呼吸に比べて多くの空気を吸い込めるため、よりリラックス効果の高い深い呼吸ができるといわれています。

また、鼻呼吸には自律神経のバランスを整える効果もあります。鼻から息を吸うと体を活性化させる交感神経が、次に鼻から吐くと体と心をリラックスさせる副交感神経が優位になるため、鼻呼吸を繰り返すことで自律神経のバランスが整うのです。

自律神経の乱れはさまざまな体の不調につながります。ヨガをやるときはもちろんですが、普段から鼻呼吸による腹式呼吸を意識的におこなっていれば、体内リズムが整って不調やストレスを感じづらくなるかもしれません。

丹田に意識を集中させるのが腹式呼吸マスターのコツ

ヨガ - 健康管理

腹式呼吸では、おへそから約5㎝下にある「丹田(たんでん)」に意識を集中させることも大事です。息を吸うときに丹田のあたりを膨らませるようにすると、呼吸をしやすくなります。腹式呼吸がきちんとできるまでは、床に寝て丹田の上あたりに手をおき、お腹が上下に動いているかを意識しながら練習するとよいでしょう。息を吐ききり、体をゆるめた反動で空気が入り込むようにするのがコツです。

腹式呼吸によって体の中心となる丹田が鍛えられると、体の軸をまっすぐに保てるようになり姿勢も良くなります。

お腹周りの筋肉と共にインナーマッスルも鍛えられるので、体のバランスが整い、難しいヨガのポーズもこなせるようになります。丹田付近の筋肉を鍛えるには、歩いているときも座っているときも常に丹田に力を入れるように意識しておくと良いかもしれませんね。

ヨガの基本となる腹式呼吸では、丹田を意識しながら深く鼻呼吸をすることが大切です。リラックス効果のある副交感神経の働きを活性化させるため、特に鼻から息を吐くときにはなるべくゆっくりとおこないましょう。この腹式呼吸をマスターすれば、ヨガがもたらす効果を十分に得られるようになりますよ。

楽しみながら、誰でもできる ポジティブヨガ-基本ポーズ編

新品価格
¥100から
(2019/11/15 16:26時点)

パタゴニアのCEOが語る、日々の生活に瞑想を取り入れるメリットとは? What are the benefits of incorporating meditation into everyday life, as spoken by Patagonia CEO?

 

Marcario joined the outdoor apparel Patagonia founded by Yvon Chouinard in 2008 as COO and CFO, and in 2013 became CEO.

It has been reported that sales have quadrupled since he became CEO.

Even better, Marcario has also strengthened environmental efforts.

This was also the founding philosophy of Mr. Shuinard.

Under Markario, Patagonia has become one of the most acclaimed B-corp certified companies, leading the industry in sustainable manufacturing and cultivation best practices.

Markario’s personal journey and Patagonia’s success are inextricably linked.

He began practicing Buddhism more than 20 years ago, but in 2006 it became of new importance to her life.

As he told Fortune magazine in 2015, Marcario was enjoying success at the time, but felt that his values ​​and work were separated.

So she took a bold action.

He flew to Rishikesh, India, famous for his meditation and yoga research.

Marcario spent his time alone on the spot and headed to Nepal for further research.

And I went back to Los Angeles without a plan. This was when Patagonia approached him.

She sympathized with Shuinard’s philosophy.

Markario says he practiced Buddhist mindfulness meditation from Shambhala, inspired by Tibetan Buddhist nun and writer Pema Chödrön. I told Business Insider.

There are many ways to meditate and, like other exercises, practice is required.

In addition to being taught directly by experts, you can also use the guide app.

Experts say that the ultimate goal of any type of meditation is to learn to control one’s mind by realizing that one can empower certain thoughts while others can be ignored.

In Business Insider’s podcast “This Is Success”, Tibetan Buddhist monk Matthieu Ricard shows a quick way for meditation beginners. Can be done in 10 minutes.

First, close your eyes and sit down. Then inhale slowly and exhale. Concentrate on your breathing.

There will be various thoughts in your mind, but you will not be actively trying to ignore it or focus on one of them, just keep it floating.

If it doesn’t work, concentrate on your breathing.

When you are relaxed enough, think of someone who makes you feel happy.

Concentrate on your altruistic love for these people and keep breathing slowly and deeply.

Markario says he uses meditation to empower himself as a “happy warrior” by creating a calming time.

By doing so, he can proceed with his work without being disturbed by other thoughts.

He also says he has time to set goals that seem impossible to achieve, but does not fall into perfectionism.

Markario said that the best career advice I’ve ever received was from a friend of her who had a big project and worried, “Return my ideal that this should be and go back to work!” He told Business Insider that it was a word.

And Markario realized that in every aspect of life, it was important to go ahead of reaching the ideals you envisioned.

Meditation and other Buddhist practices help her not lose this path.

“We know that there is a flow of goodness and strength that can be incorporated at any time, like the flow of a river, so we are not too frustrated.”

“If we look and take time to visit, it is in front of us with infinite energy.”

マーカリオ氏は2008年、イヴォン・シュイナード(Yvon Chouinard)氏が創業したアウトドア・アパレルのパタゴニアにCOO兼CFOとして加わり、2013年にCEOに就任した。

同氏がCEOになってから、その売り上げは4倍になったと報じられている。

さらに素晴らしいのは、マーカリオ氏が同時に環境への取り組みも強化してきたことだ。

これはシュイナード氏の創業理念でもあった。

マーカリオ氏の下で、パタゴニアはB-corpの認証を受けた中でも最も高い評価を受ける企業の1つとなり、持続可能な製造栽培のベストプラクティスで業界をリードしている。

マーカリオ氏の個人としての旅とパタゴニアの成功は密接に結びついている。

同氏が仏教を実践し始めたのは20年以上前のことだが、2006年に彼女の人生にとって新たな重要性を持つようになった。

2015年にフォーチュン誌に語ったように、マーカリオ氏は当時、成功を謳歌していたが、自身の価値観と仕事が分断されているように感じていたという。

そこで彼女は大胆な行動に出た。

メディテーションとヨガの研究で有名なインドのリシケシュに飛んだのだ。

マーカリオ氏は現地でひとりの時間を過ごし、さらに研究を深めるためネパールへ向かった。

そして、計画なしにロサンゼルスに戻った。パタゴニアが同氏にアプローチしたのはこの時だった。

彼女はシュイナード氏の理念に共感した。

マーカリオ氏は、シャンバラ(Shambhala)から教わった仏教のマインドフルネス・メディテーションを実践していると言い、チベット仏教の尼僧でライターのペマ・チョドロン(Pema Chödrön)氏にインスピレーションを得ていると、Business Insiderに語った。

メディテーションのやり方は数多くあり、他のエクササイズ同様、練習が必要だ。

専門家から直接教わるほか、ガイドアプリを使って行うこともできる。

専門家は、あらゆるタイプのメディテーションの最終的な目標は、特定の思考を力づける一方で他は無視することができると気付くことで、自分の心のコントロールを学ぶことだという。

Business Insiderのポッドキャスト『This Is Success』で、チベット仏教の僧侶マチウ・リカール(Matthieu Ricard)氏は、メディテーション初心者向けに手軽にできる方法を紹介している。10分でできる。

まず、目をつぶってゆったり座る。そしてゆっくりと息を吸い、息を吐く。自分の呼吸に集中しよう。

心にいろいろな考えが浮かんでくるだろうが、積極的に無視しようとするわけでも、どれか1つに集中するわけでもなく、ただ浮かばせておく。

うまくいかないなら、自分の呼吸に集中しよう。

十分にリラックスできたら、自分を幸せな気分にしてくれる誰かを思い浮かべよう。

こうした人々に対する自身の利他的な愛に集中し、ゆっくり深く呼吸を続けよう。

マーカリオ氏は、心を落ち着ける時間を作ることによって、自身を「幸福な戦士」として力づけるためにメディテーションを使っていると語っている。

そうすることで、他の考えに邪魔されることなく自身の仕事を進めることができるという。

同氏はまた、「達成するのが不可能に思えるような」目標を設定する時間は作るが、完璧主義には陥らないようにしているという。

マーカリオ氏は、自身がこれまでにもらったキャリアに関する最高のアドバイスは、大きなプロジェクトを抱えて思い悩む彼女にある友人が発した「こうあるべきという自分の理想を捨てて、仕事に戻って! 」の一言だったと、Business Insiderに語っている。

そして、マーカリオ氏は、人生のあらゆる面で、思い描いた理想に到達することよりも前へ進むことが大事なのだと気付いた。

メディテーションやその他の仏教の実践が、彼女がこの道を失わないよう手助けしている。

「川の流れのように、いつでも取り入れることのできる良さや強さの流れがあると分かっているので、イライラし過ぎずに済んでいます」

「わたしたちが目を向け、訪れる時間さえ取れば、それは無限のエネルギーとともにわたしたちのすぐ目の前にあるのです」

今、この瞬間に集中すれば学力アップにストレス低減――マインドフルネス研究の新たな展開

 

周りで起こっている事柄や、過去や未来への思いに気をとられるのでなく、今、この瞬間の自分自身に意識を集中しようとする「マインドフルネス」という考えが、近年注目されている。米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームが最近発表した2つの論文によると、マインドフルネスは大人だけでなく子供たちにとってもストレスの低減や成績の向上に効果があるという。

「定義によれば、マインドフルネスとは、周りの事柄や内面の考えによって気をそらされることなく、現在の瞬間に注意を向けることができる能力のことだ。先生や宿題といった目の前のものに集中することは勉強に良い結果をもたらすはずだ」と、脳科学と認知科学の教授であるJohn Gabrieli氏は語る。

一方の研究では、研究チームはボストンのチャーター(認可)スクールの6年生、約100人を対象に実験を実施した。8週間にわたり、半数はマインドフルネストレーニングを、もう半数は別の授業を受けた。このマインドフルネストレーニングは、瞑想中には呼吸に注意を払い、過去や未来についての考えよりも現在の瞬間への集中を促すものだった。

トレーニングを受けた生徒はストレスレベルが低下したが、トレーニングを受けてない生徒は下がらなかった。また、トレーニングを受けた生徒からは、悲しみや怒りといったネガティブな感情も減少していた。さらに、マインドフルネスは、脳の中でも恐れなどの感情をつかさどる扁桃体の動きにも影響することも判明した。これらの結果から、マインドフルネストレーニングは、強いストレスとつながる気分障害の予防や軽減に効果があるだろうと、研究者らは指摘する。

もう一方の研究では、5~8年生(日本の中学2年生)2000人以上を対象に、アンケートによってマインドフルネス度を評価した。評価結果を生徒の成績、統一テストの点数、出席率、停学回数などと比較したところ、マインドフルネス度の高い生徒ほど、成績やテストの結果が良く、欠席や停学が少ない傾向にあることが分かった。

「マインドフルネストレーニングは、ジムに行くようなものだ」とGabrieli教授は語る。「心のエクササイズの一種であり、ずっと続ける必要がある」という。今後は、調査対象を全学年に広げ、より多くの学校の生徒を対象として、マインドフルネストレーニングの長期的な効果を調べたいとしている。

関連リンク
Two studies reveal benefits of mindfulness for middle school students

 

In recent years, the idea of ​​“mindfulness” has been attracting attention because it is not focused on what is happening around you, but on the thoughts of the past and future. . According to two recent papers published by the Massachusetts Institute of Technology (MIT) research team, mindfulness can help reduce stress and improve performance for children as well as adults.

“By definition, mindfulness is the ability to pay attention to the current moment without being distracted by the surroundings and inner thoughts. Focusing on things should bring good results for study, “says John Gabrieli, professor of brain science and cognitive science.

In one study, the research team conducted an experiment with about 100 students in sixth grade at a charter (authorized) school in Boston. Over 8 weeks, half received mindfulness training and the other received another class. This mindfulness training paid attention to breathing during meditation and encouraged concentration on the current moment rather than thinking about the past or the future.

Students who received training had reduced stress levels, but students who did not receive training did not. In addition, negative emotions such as sadness and anger decreased from trained students. Mindfulness has also been found to affect the movement of the amygdala that controls emotions such as fear in the brain. From these results, researchers point out that mindfulness training will be effective in preventing and reducing mood disorders linked to strong stress.

In the other study, more than 2000 fifth- to eighth-year students (second-year junior high school students in Japan) were evaluated for their mindfulness by questionnaire. Comparing the evaluation results with the student’s grades, unified test scores, attendance rate, number of suspensions, etc., students with higher mindfulness tend to have better grades and test results and fewer absences or suspensions. I understood.

“Mindfulness training is like going to the gym,” says Gabrieli. “It’s a kind of exercise for the heart and needs to be continued.” In the future, the research target will be expanded to all grades, and the long-term effects of mindfulness training will be investigated for more school students.

Related Links
Two studies reveal benefits of mindfulness for middle school students

 Meditation effect  瞑想法の効果

この瞑想法の効果は、まさに「魔法」的であるといってよい。

では、その効果はどこからくるのであろうか。

端的にいうと、つぎの通りである。

それは、自律神経の中枢である太陽神経叢への横隔膜による刺激と、マニプー
ラーチャクラヘの刺激によるホルモン湧出からくるのである。

その効果をあげてみよう。

―、体の新陳代謝を盛んにする。

肺の機能が高まり、これまでの何倍も大量の酸素を血液の中に吹きこみ、体

じゅうに送りこむ。

2、筋肉の発達をうながす。

新陳代謝が盛んになれば、体じゅうの組織が強化~れるのは当然であり、筋

肉が発達する。ことに、内臓の筋肉が強化される。

3、神経のはたらきが安定する。

それは、自律神経を安定させるからである。

自律神経(植物性神経)とは、すべての内臓、腺、血管等、人間の意志と無関係に反応する器官を支配する不随意神経で、これらの器官のいろいろな機能

を自動的に調節している。それで、自律神経とよばれるのである。

自律神経は二つの特徴を持っている。それは、

一、意志をともなわず、自動的にはたらくこと。

二、この神経は、かならず交感神経と副交感神経の二つからできていて、そ

の支配をうけること。

この二つである。

一つの内臓器官の自律神経は、いつもこの二つの神経―-―⊥父感神経と副交感
神経がはたらいて調節しているのである。

そのはたらきはまことに微妙なもので、おたがいに反対のはたらきをする。

交感神経は神経を昂奮させ、血管を収縮させるのにたいし、副交感神経は心
臓を抑制し、血管を拡張させる。

つまり、交感神経は人体におけるアクセルであり、副交感神経はブレーキだ

と思えばよい。

交感神経が緊張すれば、人間の体は昂奮状態となり、副交感神経が緊張すれ

ば、その昂奮が抑えられるようになる。どちらにかたよっても、体は病的な状

態になるわけで、このあい反した二つのはたらきがバランスをたもつことによ

り、心臓は順調に動き、血管は適当な大きさを保持するわけである。

こういうはたらきは、すべて、意志をともなわず、まったく無意識のうちに

おこなわれているが、その調和が破れると、当然、さまざまな病気が生ずる。

その調和を破るものは、病気とか、内臓器官そのものの故障によるものはべ

つとして、ほとんど精神的なものからくることが多い。
強い煩悶、悩み、悲しみ、恐れ、怒り等、心とからだの動揺をきたす精神的
刺激が起きると、内分泌器官の中枢である脳下垂体をへて、副腎の自律神経の交感神経につたわり、副腎の皮の髄質や、神経の末端から、アドレナリンお

よびノルアドレナリン(副腎髄質ホルモン)や、シンパシン(交感神経の末端

から遊離する物質)などの、強い昂奮剤が分泌される。

これは、その強い煩悶や恐れなどに対応するための、からだの自衛作用なの

であるが、その精神的刺激がつづくと、アドレナリン系の過剰分泌をきたすこ

とになる。

アドレナリン系の過剰分泌は、胃腸の運動をとめ、血管を収縮させ、血圧を
高める。さらに、肝臓や筋肉内の大切な于不ルギーのもととなるグリコーゲンを、いたずらにブドウ糖に分解し、そのため血液内の血糖量がふえて酸過多症
をおこし、心身の過労状態をもたらすのである。

これが、いわゆる「ストレス」であり、ストレスはT心因性の病気」をひき

起こす。

ストレス説で有名なハンスーセリエ博士などは、分裂性の疾患もふくめた事

実上のあらゆる疾患が、心因性によるものだと断言している位である。

これに対し、この瞑想は、自律神経の安定をもたらすのである。

というのは、この瞑想は、自律神経の中枢である腹部(胃のうしろのあたり

にある)の太陽神経叢Solar Plexusにいつも圧力をかけて、刺激をあたえてい

るからである。つまり、~きにのべたように、内臓が強い力で動かされ、モミ

クチャにされている。これは太陽神経叢という自律神経の中枢神経の束を、マ

ッサージしていることになるのである。

このため、自律神経のはたらきが活発になり、安定するのである。

というのは、ふつう精神的なショックをうけたとき、交感神経のはたらき

で、アドレナリンなどの強い昂奮剤が過剰分泌される。これにたいし、この瞑

想法による呼吸法をおこなっている修行者は、平素からのコントロールの力に

より、自動的にその緊張・昂奮を緩和するよう、副交感神経がはたらいて、神

経の末端から昂奮抑制剤であるアセチールコリンの過剰分泌が起こされる。こ

の作用によって血管は拡張し、血圧もさがり、心身の昂奮はおさまって心身安

定し、リラックスするのである。

4、血液の循環を盛んにする。

さいごに大切なのが、血液の循環を活発にするということである。

循環が活発になった血液は、体じゅうに大量の酸素を運んで、新陳代謝を

盛んにし、筋肉や骨が強化~れるのである。

人間の体には、例外なく心臓が一つと、人によって多少の差はあるが、ほぼ

四リットルほどの血液がある。そしてその心臓は、ポンプの役目をして、体じ

ゅうに血液をめぐらしている。

以上のことは今さらいうまでもなくだれでも知っていることだが、どうも、

この、心臓が一つ、というのが、この作業にたいして、不十分のようなのであ

というのは、約四リットルの血液が、全部、体じゅうをめぐって、きちんと

役目を果たしているかというと、そうではなく、人によっては、全体の三分の

二に近い量が、腹腔内にたまって古い血(察血)となり、病気の原因となって

いるのである。

思うに、人間は四足動物から進化したものである。

何百万年か前、それまで樹上生活をして、木から木へ、キャッキャッと叫び

ながら飛びまわっていたのが、突然、アフリカのサバンナ(草原)に降り立っ

た。長い草の生えている草原では、四つ足では先が見えず、自衛上、あと足で

立つようになった。そのために下顎骨が張り、眼が遠方を見るようになって、

脳が発達した。

それは結構なことであるが、内臓のほうは、そう簡単に変化できず、辛うじ

て靭帯でぶら下がっているだけなので、弱い人は、内臓下垂を起こすことにな

る。

心臓も、四つ足時代以来の一個だけなので、ポンプとして、直立した全身に

脳と心の革命瞑想-172

血液をめぐらせるのに、オーバーワークなのである。

心臓から血液を送り出す血管、つまり、動脈は、その名称の通り自分で脈打

って動き、血液を進めるはたらきをするが、静脈のほうにはそれがない。

静かな脈、という通りである。

動脈というのは今いったように、自分で動いて心臓から血液を送り出す。そ

の反対に、血液を心臓に送り返す血管が静脈だが、しかし、その静脈は静止し

ている血管で、心臓というポンプによってその中の血液を流してもらうしかな

いのである。

その静脈の中の血液は、(体循環で)炭酸ガスその他の老廃物をふくんだ暗

赤色の汚い血である。(肺循環の静脈では、動脈血となって酸素を多くふくみ、

鮮紅色を呈したきれいな血液が通っている)

要するに、心臓一つでは、動脈、静脈、両方の血管を動かして全部の血液を

全身にまわし、完全に循環させる仕事は、荷が重すぎるということなのだ。

そこで、腹腔の中や、その他の内臓に、老廃物をいっぱいためこんだ汚い血

がたまることになる。

貧血症というのがあるが、放射能障害など特殊な場合を除いて、全身にある

血液が少ないというのは稀だということで、ほとんどの場合、流れている血が

少ないというにすぎないと、生理学者はいっている。

この瞑想の呼吸法は、こうしてたまっている汚い血液を、ほとんどすべて、

心臓や肺にもどしてやるはたらきをする。

この呼吸法は、腹筋をぎゅうっとしぼっておこなう。また、胸を動かさず、

腹筋のはたらきで横隔膜を上下させて、肺をひろげたり、縮めたりする。

肺じたいにはそういうことができないから、呼吸筋を使うだけでなく、この

ようにして肺を助け、腹筋をしぼって、そこにたまった血液を心臓に送り返

し、また、横隔膜をぐっと下げることにより、腹の中に強い圧力をかけ、内臓

にたまっている血液を心臓に送り返す。つまり、心臓の役目を果たすわけであ

る。

そこで、先にのべたように、旧ソ連の著名な生理学者ザルマノフは、この横隔膜を強力なポンプにたとえ、第二の静脈心臓と呼んでいるのである。

この瞑想法では、この静脈心臓を使うのである。

これだけでも、この瞑想法の効能はすばらしいというしかないが、これに、

了こフーラーチャクラのホルモン分泌がくわわる。

了てフ土フーチャクラは、表Iの示す通り、副腎・膜臓・牌臓・胃・肝臓等

の、各内臓ホルモンの統括である。つまり、これらの内臓y必要とするホルモ

ンを、バランスよく分泌させる機能を持つ。この瞑想法が、まさに、魔法のよ

うなはたらきをするのは、当然といってよいだろう。

しかし、この瞑想法の効能は、それだけではないのだ。

それは、直接的に脳をよくするのである。

あまりにも効能をうたい過ぎるではないか、といわれるかもしれない。

だが、わたくしは、ごく最近のあたらしい学説にもとづいていっているので

腸は小さな脳である

腸管の壁には、幾重にも神経が張りめぐらされている。その重量は、脊髄のそれ

に匹敵するほどであるという。

その膨大な神経群を駆使して、腸は、大脳と別に、また大脳と密接に連絡し合っ

て、独自の自動制御システムを作動させている。

麻酔をかけても、腸はふつうにはたらきつづける。腸は、大脳の指令をうけなく

ても自動的にはたらき、秩序ただしく活動するのである。

胃腸には「小さな脳」というあだ名がついていると、新潟大学医学部の藤田恒夫

教授はいう。

「少々乱暴な仮説ですが」

と藤田教授は前置きして、さらにこうつづける。

「脳は腸から生まれたものです。ヒドラのように、動物はけじめ体中が腸だった。

そのなかのパラニューロンや神経細胞がやがて口の周辺に集まり、神経節をつく

り、それが脳になっていった、と私は思います」

脳は腸から創られたのだ。そして腸はいまもなお、その脳の部分を、あるいは大

脳と連絡し、あるいは自分独自に、はたらかせつづけているのである。

また、腸管の神経叢の研究をする山梨医科大学・小林繁教授は、つぎのように解

説する。

「腸の神経叢は脳の元祖です。原始的な神経叢の姿をとどめているのです。ですか

ら、腸の神経系を理解することは、脳を理解することにつながるのです」

腸の神経系を理解することは、脳を理解することにつながるのです。という小林

教授のことばを、わたくしは、わたくしの修行体験の上から、こう変えたいのであ

る。

。腸の神経系を刺激することは、脳を刺激することにつながるのです”と。

(この項、NHK取材班編『驚異の小宇宙・人体3 消化吸収の妙「胃・腸」』による)

不携不屈・どこまでもやる気を起こさせる

脳の側座核瞑想法

「なにがなんでもやりぬくぞ!・」

心の中で何度ちくり返し絶叫しながら、いざとなると、どうしてもやる気が起こ

らず、悩んでいる人がすくなくない。

「こんなことでどうするんだ。みんなから置いてけぼりにされてしまうぞ」

と自分を叱咤するのだが、どうしてもやる気が起こらない。

やる気が起こらないことには、どうしようもない。そうして、ブルブルと落伍し

やればやれないことはないのに、と周囲から憐慾(あわれみ)の目を向けられ、

脳と心の革命瞑想一一ウ8

「あいつは怠けものなんだよ」

と反発され、それがまたストレスとなって、いよいよ、やる気が起こらなくな

る。

「いったい、どうしたらいいんだ」

と頭をかきむしる思いだが、どんなにあせったってやる気が起こらないんだか

ら、しようがない。

大体、人間の心は、理性と感情から成り立っており、理性がいくら、やる気を起

こさなければと思っても、感情のほうが、やる気にならなかったら、それまでであ

る。その反対に、感情のほうが、どうしてもやりたいと思ったら、理性がいくらブ

レー牛をかけても、止めることはできない。

だから、理性がどうジタバタしたって、感情のほうがその気になるのを待つしか

ないのである。もちろん、理性のほうが、感情を説得するという努力はするが、そ

れをうけ入れるかどうかは、感情しだいということだ。

むかしの諺に、

「馬を水ぎわまでつれて行くことはできるが、わりに水を呑ませることはでき

ない」

馬が、水を百打気を起こさぬかぎり、どうしたって、水は呑まない。

では、どうにも方法がないのか?

あるのである。

脳の大脳辺縁系の中に、「側座核」という部位がある。ここを刺激すると、人間

は、いやでもやる気を起こすのである。

ただし、問題は、やる気を起こしさえすればよいというものではない。

やってはいけないことまでやる気を起こして、シャニムニ暴走してしまっては大

変だ。

この瞑想法は、その点を是正して、やらねばならぬことは、どうしてもやり抜

く、不退転の「やる気」を起こさせる瞑想法である。

先ず、結珈銃座(または半珈銃座)

次 長出大息呼吸法(約三分~五分)

次 長出息呼吸法(約三分~五分)

次 観想

敏文に納めておいた魔法のクンダリニー・パールを、舌先で取り出し、舌の下に

置きなさい。

次 反式呼吸法

この呼吸法とともに、パールを、チャクラープラーナールートに入れなさい。

次 反式呼吸法に乗せて、パールを、次第に下方へ移動させなさい。約五回くら

いの呼吸で、関元のマニプーラーチャクラに到達させなさい。

次 関元で、パールは二倍くらいの大きさに膨脹し、しだいに光を放ち、輝きは

じめる。(呼吸法五回位)

次 パールは元の形状にもどる。(反式呼吸法つづく)

次 パールは原状にもどり、プラーナールートを上昇する。(呼吸法つづく)

次 パールは頗交に到達するが、依然、上昇をつづける。

次「兌端」「水溝」「素膠」と、チャクラープラーナールートを上昇する~

次「神庭」のところから、パールは、脳の中心に向かって進入してゆく。

次 パールは大脳辺緑系の「大脳基底核」に到達し、さらにその部分の「側座

核」に止まる。(カラーロ絵参照)

次 この時、パールは、約一・五倍の大きさに膨脹し、しだいに光を放ち、輝き

はじめる。(反式呼吸法の数は任意)

次 パールはしだいに輝きをおさめ、大きさも原状に復する。

次 呼吸法に乗って、パールはしだいに上昇し、プラーナールートに入って下降

し、もとの敞交にもどる。

脳と心の革命瞑想一一一一182

一魔法のクンダリニー・真珠瞑想法

 

It can be said that the effect of this meditation method is truly “magical”.

So where does that effect come from?

In short, it is as follows.

It is the stimulation of the solar plexus, the center of the autonomic nerve, by the diaphragm and the manipulator
It comes from hormonal sprouting due to ratchakrahe stimulation.

Let’s give the effect.

― Increase your body’s metabolism.

Lung function is enhanced, and many times as much oxygen as before is blown into the blood.

Send it all over.

2. Encourage muscle development.

It is natural that the organization of the body will be strengthened if the metabolism becomes active.

Develop meat. In particular, the visceral muscles are strengthened.

3. The nerve function is stable.

This is because the autonomic nerve is stabilized.

Autonomic nerves (plant nerves) are involuntary nerves that control all internal organs, glands, blood vessels, and other organs that react independently of human will, and have various functions.

Is adjusted automatically. Therefore, it is called the autonomic nerve.

The autonomic nerve has two characteristics. that is,

First, it works automatically without a will.

Second, this nerve is always made up of two sympathetic nerves and parasympathetic nerves.

To receive control of

These are the two.

The autonomic nerve of one internal organ officer is always these two nerves — Fathers and nerves
The nerves work and adjust.

The work is really subtle and works the opposite of each other.

Sympathetic nerves stimulate nerves and constrict blood vessels, parasympathetic nerves
It suppresses the viscera and dilates blood vessels.

That is, the sympathetic nerve is an accelerator in the human body, and the parasympathetic nerve is a brake.

I think.

れ ば If the sympathetic nerves are tense, the human body will be nervous and the parasympathetic nerves will be tense.

If you do, you will be suppressed. Either way, the body is sick

It is because the two contradictory functions have a balance.

In other words, the heart moves smoothly and the blood vessels maintain an appropriate size.

All these functions are unintentionally and unconsciously

Of course, if the harmony is broken, various diseases naturally occur.

«Those that break the harmony are those that are caused by illness or the failure of the internal organs themselves.

As a matter of fact, it often comes from almost spiritual things.
Strong spirit, worries, sadness, fear, anger, etc.
When stimulation occurs, it passes through the pituitary gland, which is the center of the endocrine organs, and connects to the sympathetic nerves of the adrenal autonomic nerve.

And noradrenaline (adrenal medullary hormone) and sympasin (sympathetic nerve terminal)

Strong stimulants, such as substances released from

This is the body’s self-defense action to cope with its strong annoyance and fear

However, if the mental stimulation continues, it can cause excessive secretion of the adrenergic system.

It becomes.

) Adrenaline-based excessive secretion stops gastrointestinal motility, constricts blood vessels, and increases blood pressure.
Increase. In addition, glycogen, which is a source of important unhealthy energy in the liver and muscles, is mischievously broken down into glucose.
It brings about a mental and physical overworked state.

This is the so-called “stress” and stress is a psychogenic illness ”

Wake up.

Dr. Hansue Serie, famous for his stress theory, also included schizophrenic diseases.

It is the place that asserts that virtually every disease is psychogenic.

On the other hand, this meditation brings autonomic nerve stability.

This is because this meditation is the center of the autonomic nervous system (behind the stomach)

Always apply pressure to the solar plexus Solar Plexus

This is because that. In other words, as I mentioned above, the viscera are moved with a strong force and fir

It is a kucha. This is a bundle of central nerves of the autonomic nerve called the solar plexus.

It is a surge.

For this reason, the function of the autonomic nerve becomes active and stabilizes.

This is because sympathetic nerves usually work when you receive a mental shock.

So, strong stimulants such as adrenaline are over-secreted. For this, this meditation

The practitioner who is breathing by way of thinking,

, Parasympathetic nerves work to automatically relieve the tension and excitement.

Excessive secretion of acetylcholine, a depressant, is caused from the end of sutra. This

As a result of the action, blood vessels dilate, blood pressure is reduced, and the physical and mental excitement subsides and the physical and mental health

Defined and relaxed.

4. Increase blood circulation.

It is important for the side to activate blood circulation.

The blood whose circulation has been activated carries a large amount of oxygen throughout the body, and is metabolized.

Thoroughly, muscles and bones are strengthened.

The human body has one heart without exception, and there are some differences depending on the person.

There is about 4 liters of blood. And the heart acts as a pump,

I’m going for blood.

It ’s obvious that everyone knows the above, but,

This one heart seems inadequate for this work.

Because about 4 liters of blood goes all around the body

If you are playing a role, that’s not the case.

The amount close to two accumulates in the abdominal cavity and becomes old blood (blood sampling), causing illness

It is.

I think, humans have evolved from quadrupeds.

何 Millions of years ago, lived up to that point and shouted from tree to tree

I suddenly landed on the African savannah (meadow).

It was. In the grassy area where long grass grows, you can’t see the tip with four legs.

I started to stand. Because of that, the mandible is stretched and the eyes look far away,

The brain developed.

That’s fine, but the internal organs aren’t so easy to change.

The only person who is hung up with a ligament

The

Since the heart is only one since the four-legged era, as a pump, the whole body is upright

Brain and Mind Revolution Meditation 172

It’s overworking for blood.

The blood vessels that pump blood from the heart, that is, the arteries, pulse as you know

It works to move the blood forward, but the veins do not.

It’s a quiet pulse.

The arteries move by themselves and pump blood out of the heart as they did before. So

On the contrary, the blood vessels that send blood back to the heart are veins, but the veins are stationary.

The blood in the blood is pumped by a heart pump.

It is.

The blood in the veins is dark (with systemic circulation) including carbon dioxide and other waste products.

Red, dirty blood. (In the veins of the pulmonary circulation, it becomes arterial blood, contains a lot of oxygen,

Clean blood with a bright red color passes through it)

In short, in a single heart, all blood is moved by moving both arteries, veins, and blood vessels.

The work that goes around the whole body and completely circulates is that the load is too heavy.

Therefore, dirty blood that has accumulated a lot of waste in the abdominal cavity and other internal organs.

Will accumulate.

There is anemia, but it is in the whole body except in special cases such as radiation damage

It’s rare that there is little blood, so in most cases the flowing blood

The physiologist says that there is only a small amount.

こ の This meditation breathing method uses almost all the dirty blood

It works to return to the heart and lungs.

This breathing method is performed by squeezing the abdominal muscles. Also, without moving the chest

The diaphragm is moved up and down by the action of the abdominal muscles to expand or contract the lungs.

¡I can’t do that for my lungs.

Help the lungs, squeeze the abdominal muscles, and send the accumulated blood back to the heart

And by lowering the diaphragm a lot, it exerts strong pressure on the abdomen,

The blood collected in the heart is sent back to the heart. In other words, it plays the role of the heart

The

So, as I mentioned before, the famous Soviet physiologist Zarmanov called this diaphragm a powerful pump, calling it the second venous heart.

This meditation method uses this venous heart.

This alone can only be a great effect of this meditation technique,

Ryoko Fuller Chakra hormone secretion.

At the end, as shown in Table I, Futo Fuchakra is adrenal gland, membrane, spleen, stomach, liver, etc.

Of each visceral hormone. In other words, these internal organs y

It has a function to secrete in a balanced manner. This meditation is really magic

Of course, it’s natural to work.

But this is not the only effect of this meditation technique.

It directly improves the brain.

It may be said that the effect is too great.

However, I am based on a very recent new theory.

The intestine is a small brain

神 経 Many nerves are stretched around the wall of the intestinal tract. Its weight is that of the spinal cord

It is said that it is comparable to.

The intestines are in close contact with the cerebrum separately from the cerebrum, making full use of its enormous nerve groups

Operating its own automatic control system.

腸 Even if anesthesia is applied, the intestines continue to work normally. Intestines are not subject to cerebral commands

But it works automatically and works in an orderly manner.

If the nickname “small brain” is attached to the gastrointestinal tract, Tsuneo Fujita of Niigata University School of Medicine

Says the professor.

“It’s a little rough hypothesis”

”And Professor Fujita will continue in this way.

“The brain was born from the intestines. Like Hydra, animals were intestines in the body.

Para-neurons and nerve cells in the area eventually gather around the mouth and create ganglia

I think that became the brain. ”

The brain was created from the intestines. And the intestines are still part of the brain

They keep in touch with the brain or work independently.

In addition, Yamanashi Medical University, Professor Shigeru Kobayashi, who studies the intestinal plexus,

Preach.

“The intestinal plexus is the brain’s ancestor. Does it keep the primitive plexus?

“ Understanding the intestinal nervous system leads to understanding the brain. ”

理解 Understanding the intestinal nervous system leads to understanding the brain. Kobayashi

I want to change the words of the professor from my experience of training.

The

. Stimulating the intestinal nervous system leads to stimulation of the brain. ”

(According to this section, edited by NHK’s interview team, “Amazing microcosm / human body 3)

Indomitable and motivated

Brain nucleus accumbens meditation

“Whatever I can do!”

¡Several times in my heart

Not many people are worried.

“What are you doing with this?

I don’t want to be motivated.

There’s nothing I can do about not being motivated. And then, it ’s dripping

に Although there is nothing that can be done if you do, you can see the eyes of mercy from the surroundings,

Brain and mind revolution meditation 11

“He is lazy.”

, And it became a stress again and finally I was not motivated

The

“What should I do?”

I do n’t want to be motivated anyhow.

I can’t help.

大 Generally, the human mind is made up of reason and emotion, and how much reason is motivated.

If you don’t feel motivated even if you think you have to do it, then

The On the other hand, if you really want to do emotions,

You can’t stop even if you use Leh.

So, I have to wait for the feelings to be more worried about the reason

There is no. Of course, reason makes an effort to persuade emotions, but

Whether you accept it or not depends on your emotions.

In the old days,

“You can take the horse to the water, but you can make it water instead.

Absent”

As long as the horse doesn’t cause a hundred blows of water, the water won’t be drunk.

So how is there no way?

There is.

In the limbic system of the brain, there is a part called “locus nucleus”. Stimulating here, human

Is motivated.

However, the problem is not just motivation.

It ’s great if you ’re motivated to do things that you should n’t do and you ’re going to run away.

strange.

This meditation method corrects that point and must do everything that must be done.

It’s a meditation technique that creates a “motivated” feeling of infallibility.

First of all, the ligature turret (or half-arm turret)

Next Long breath breathing method (about 3 to 5 minutes)

Next long breathing method (about 3 to 5 minutes)

Next thought

Take out the magical kundalini pearl stored in Toshifumi with the tip of the tongue and under the tongue

Put it down.

Next Counter Respiratory Method

Include pearls in the Chakra Planer route along with this breathing method.

Next, move the pearl gradually downwards on the anti-breathing method. About five times

Let’s get to Sekimoto’s Manipula Chakra by breathing.

Next, at Sekimoto, the pearl expands to about twice the size, gradually emitting light,

Start. (5 breathing methods)

Next Pearl returns to its original shape. (Continuous respiration method)

Next, the pearl returns to its original shape and rises along the planar route. (Respiration method continues)

The next pearl reaches diplomatic relations, but continues to rise.

Next “Minata”, “Water ditch”, “Joint”, and up the Chakra Planer Route

Next, from “Kanba”, Pearl enters toward the center of the brain.

Next, Pearl reaches the “basal ganglia” of the cerebral limbic system, and then the side “locus”

Stops at “nuclear”. (See cararo picture)

Next, at this time, the pearl expands to about one to five times the size, gradually emitting light and shining.

Start. (The number of counter-breathing is arbitrary)

Next, the pearl gradually fades and its size returns to its original shape.

Next, on the breathing method, pearl gradually rises, enters the prana route and descends

Then, go back to the original banquet.

Revolutionary meditation of the brain and mind

One magic kundalini pearl meditation

Anyone can be a genius   ヒトはだれでも天才になれる

①―-ヒトはだれでも天才になれる

 あなたは信じられるだろうか?

 ヒトはだれでも、自分の持つ知能のわずか数パーセントしか使っておらず、あとの九〇なんパ

ーセットかは、まるでそのへんの押し入れにボロきれでもっっこんで忘れてしまったかのごと

く、ほうりっぱなしで、だれひとりこれを使おうともしないというのである。

 もちろん、あなたもそのひとりである。

 そこで、ギャラップ世論調査研究所のジョージーギャラップはこういうのだ。

 「これは脳生理学者の定説であるが、ヒトは、その持つ知能の、ニパーセントから五八Iセント

しか使っていない。あとの九〇なんパーセントはほうりっぱなしで、だれひとりこれをとり出し

て活用しようと考える者がいない。まことに皮肉きわまるはなしではないか。いや、それはむし

ろナンセンスというべきである」

 と、この著名な情報研究家はふんがいナる。

 「この国の最も熟練した専門家たちが、最新の電子計算機の潜在能力を開発するために、日夜、

研究、努力しているのに、その一方で、どんな巨大な電子計算機よりもけるかに偉大な機械であ

るこの人回の頭脳の潜在能力についてはなにひとつ知らず、研究しようという気さえも起こさな

いれわれがこれらの眠れるニューロンを目ざめさせ、使用するなら、これらの潜在的特質はその姿

をあらわすであろう」

 では、いったい、われわれは、どれはどの。眠れるニューロン″を持っているのだろうか?

 有名な大脳生理学者ラルフ・W・ジェラード博士はこう述べている。

「……脳神経系の単位はニューロンという個々の極微の細胞である。人間の頭脳のなかには百億

以上のニューロンがあり、それぞれの比較的大きいものは、他のニューロンと平均一万個以上の

シナプスという連結を持っている。それによって作り得るネットワークーパターツや、神経の

インパルスを伝え得る道の数は、宇宙のなかの物質を作る粒子の総数よりもはるかに大きいので

ある1・」

 ニューロンの数は、正確にはおよそ一四〇億ある。

 ところが、われわれが実際に使っているのは、わずかにそのニパーセットから五八Iセットに

過ぎないのである。もしも、われわれが、この眠れる脳細胞をゆり起こして、それをフルに利用

することができたらI? どんなにすばらしい仕事ができることであろう/

 しかし、現実には、われわれはそのI〇〇分の二、三しか使っていないのである。

 私は、私自身にたいしてまことに残念でならない。

 それは、ちょうど、莫大な埋蔵量を持つ金鉱か、無尽蔵なダイヤモンド鉱を目の前にして、こ

れを掘り出すことのできない口惜しさである。

 あなたもそう感じないか?

 われわれは、いまや、頭脳に関する迷信を即刻あらためなければならぬ。

 頭がいいとか、わるいとかいうのは間違いなのだ。

 問題は、人がどれだけのニューロンを使っているか、または使っていないかということなので

ある。

 Hが天才であるのは、ひとよりI、ニパーセントよけいにニューロンを動かしているというだ

けのことだ。Tの知能が低いのは、ひとよりI、ニパーセントよけいにニューロンが眠っている

というだけのことだ。

 もしも君が天才であるなら傲るのはやめたまえ。たかが人よりわずかI、ニパーセントのニュ

ーロンかよけいにはたらいているというだけに過ぎない。たかがそれだけのことではないか。

 もしも君が頭がわるく、知能が低いと歎くなら、悲観ナるのはやめたまえ。人よりわずかに

一、ニパーセント、ニューロンの動きが少ないというだけのことだ。ただそれだけのことに過ぎ

ない。奮発して、五、六八Iセントもよけいにニューロンを動かしたらいいではないか。

 なに?・

 そんなことは不可能だって?

 バカをいいたまえ、ここにちゃんとその方法がある。

 知能開発、ニューロン覚醒、大脳皮質改造の技術がここにある。

 このシステムで訓練すれば、眠れる君のニューロンはたちまち目ざめ、君の知能は三倍にな

る。

 それは、ヒトを全くべっな生物に変えてしまう超技術だ。

 その超技術がここにある。

③-ヒトを改造する超技術

 

 もしもII。

 ヒトの知能が倍増し、人類の知的水準が現在の二倍ないし三倍になったら、世界はどのように

変わるであろうか? おそらく、人類は、いまかかえているあらゆる問題を、すべて解決してし

まうであろう。

 いやI、それよりも、全く新しい構造の社会が出現するのではないか?

 人類がいまかかえでいる問題を見てみよう。

 I殺し合い、奪い合い、憎み合い、傷つけ合いIそして地球上に急速にひろがりつつある

有害物質-。それらはどこに原因があるのであろうか? わかりきったことである。

 それは、ヒトが愚かなためである。

 人類学者リンネは、人間を分類して「知恵あるヒト」と学名をつけた。

18

。乙  ~~~~~轟すまい’゛

 生洲学者シャルルーリシエは、愚かなヒト、ホモースツルッスと名をつけた。ノーベル賞受賞

者のリシエは、その著、「人間-この愚かなるもの」の序文で、人類のかずかずの愚行をつぎ

っぎとあげ、実にあきれかえったおろかな動物であるとして、超愚人類と呼びたいところだ

が、まあ、最上級の形容詞はがまんして、愚人類ぐらいでかんべんしておこうと書いている。

 たしかに、ヒトには、この二つの面かおる。賢い知恵ある面と、愚かで弱い面と、二つの面が

ひとつにまざり合っている矛盾した生物が、まさにヒトであるということなのだが、いま、われ

われの周囲をながめてみると、ホモーサピエンスは全く影をひそめ、ホモースツルチッシムスが

妖怪のごとく横行している。

 殺し合い、奪い合い、憎み合い、傷つけ合いI、

 それは次第にエスカレートしてゆく。科学と技術はヒトの力を無限に拡大したが、同時に、ヒ

トの殺戮と搾取と憎悪と闘争をも無限に増大させた。このままでは、問もなく、ホモーサピエン

スは絶滅ナる。

 いま、人類にもっとも必要なものはなにか?

 それは高度の知能である。

 この地上に展開する恐るべき大愚行は、なによりもまず人類の知能が低いところに原因する。

 いま、人類に必要なものは、科学でもなければ技術でもない。革命でもなければイデオロギー

でもない。人種闘争でもなければ階級闘争でもない。そんなものはなんの役にも立たぬ。

 何十回、革命を起こしても、何百回、闘争をくりかえしても、人類の知能がいまの水準にある

かぎり、それはむなしい儀式のくりかえしに過ぎぬ。

 歴史をみてみよう。機械と技術、科学と文明と称するものがいくら進歩発達しても、おろかな

人間たちの行動パターンは少しも変わっていない。つねに、憎み合い、殺し合い、奪い合う、こ

のパターンのくりかえしではないか。どこに変化が見られるか。

 若ものよ。エネルギーのむだな燃焼をやめたまえ。革命を思うなら、全人類の知能革命に前進

 

せよ。

 ネアンデルタールの昔から、ヒトの知能は一歩も前進していない。なによりもまず人類の知能

を高めねばならぬ。

 ホモースツルチッシムスを絶滅せよ。そうせぬかぎりわれわれにもはや未来はない。それはす

でに秒読みの段階に入っている。

 このとき、ここに、ヒトを改造し、社会機構を一変させる技術がある。この技術は、ふるき社

会体系をすべて解体し、そこから生まれるあたらしい文明は、次元をひとつ超えるだろう。この

技術によってのみ、世界はよみがえり、この革命だけが全人類を破滅から救う。

 若ものよ。

 君たちはなぜこれに視線を向けぬのだ。

 なぜ、君たちは、この、地上いまだかつて比類なき壮大にしてドラマチックな革命に情熱をた

ぎらせぬのだ。

20

④-未来社会かあるとすれば

 

 教育?・

 それは無力である。

 それは知能を高めるものではなく、ただ、知識をひろげるだけのものに過ぎない。

 教育は、ただ、その人の本来持っているところの知識をひろげるだけで、知能そのものを高め

ぼしない。知能を高める技術とは、ものを教え、ものをおぼえさせることではなく、おぼえる能

力そのものを高めるシステムでなければならない。馬鹿はいくら教育したって馬鹿である。馬鹿

に教育はまったく無力だ。馬鹿を利口にするためには特別の技術がなければならぬ。

 宗教?

 それは、知能ひくきものたちの愚行をなんとか良心にうったえて思いとどめさせようとするブ

レーキに過ぎず、知能を高めるためのなんの力も技術もない。念仏をとなえ、題目を高唱し、経

典教学をそらんじ、神のみ名を呼んでも、心の安らぎ、なぐさめ、信念というたぐいのものは得

られても、知能そのものが高くなるということはない。

 最高度に進化発達した知能を持つ未来社会に、宗教という特別な分野はなくなるだろう。高度の知能は高度に発達した倫理観、道徳意識をともなうから、現在の宗教や、宗教家あたりが説い

ている「教え」など、まったく低俗な、次元の低い幼稚なものとしてかえりみられず、宗教意識

はごくあたりまえの常識になってしまって、ことさらにカミやホトケを念ずることなどなくなる

だろう。ヒトが、カミ、ホトケとびとしくなるのである。

 そういう未来社会が、すぐ足もとに来ていることに君は気づくべきだ。

 今までとはまったく構造の変わった社会体系があらわれようとしていることを、君は知らねば

 

ならぬ。

 

 君はそれを疑うのか?

 ではいおう。

 

 もしもI。

 そういう高度の知能が出現しないかぎり、世界は間もなく終わるだろう。ホモーサピエッスが

今の知能水準であるかぎり、もはや、ヒトに未来はない。ホモーサピエッスの文明はすでに限界

に達した。

 だからII。

 未来社会があるとすれば、どうしてもそれは、高度なまったく新しい社会でなければならぬの

 

だ。

22

⑤-超・ヒトF-脳発速度係数三・九

 もう間もなくやってくる未来社会で、人類は二つの種属にわかれるだろう。

 それは、二つの民族でもないし、二つの階級でもない。二つの種属である。

 そうして、その二つの種属は、しばらくのあいだ共存するけれども、間もなくその一方はおと

ろえ、急速にこの世界からナがたを消してゆくだろう。

 そういうと、人類が二つの対立を示すのは、なにも未来社会にかぎったことではなく、いまだ

ってそうではないかと、いくつかの例をあげる人がいるかも知れない。

 たしかに、それは、有色人種と白色人種、自由社会と共産圏社会、富める者と貧しき者、支配

する者とされる者、と、いくつか、かぞえることができるだろう。

 だが、ちがうのだ。

 そういう分類とはまったく異質の区分が、ごく近い将来、われわれの世界にあらわれようとし

ている。そういう動きが、ナでに現在おこりつつある。

 それは、二つのヒト属である。

 あたらしい人類とふるい人類-。

 ひとつは普通の現代人、ホモーサピエンスHomo sapiensである。これがふるい人類だ。

 もうひとつは、特殊な能力を身につけた未来人、ホモーエクセレンスHomo eχcellens である。つまりあたらしい人類だ。

 ホモ・ピエンスとは、ほかならぬわれわれ自身のことであるが、ホモーエクセレンスとは、

 

どういうヒトか?

 ホモーエクセレンスとは、ホモーサピエンスが持だない特別な能力を身につけた「優秀なるヒ

ト」という意味である。ある人たちは、この未来人に、ホモーインテリダンス(聡明なるヒト)と

いう名をつけている。

 では、この優秀なる未来人、ホモーエクセレンスは、どういう特殊な能力を持っているのか?

彼の持ついくつかの特長をあげてみよう。

 「未来の種属、超・ヒトは、おそらく、三・九という脳発速度係数を持つだろう」

 と、世界的に著名な人類学者、パリ大学のジョルジューオリヴィエ教授は、その著「ヒトと進

化、過去現在そして未来」のなかでこう語りはじめる。

 「(こういうきわめてすぐれた生物の能力を、それよりはるかに劣ったわれわれが、あれこれい

うことはできないが)とにかく、この超・ヒトの知的能力は、辛うじて想像することができる。

 

それは、たとえば、

  I 第四次元の理解。

  2 複雑な全体をとっさに把握する能力。

  3 第六感の獲得。

 

  1 無限に発展した道徳意諏の保有。

  5 とくにわれわれの悟性には不可解な精神的な特質。

 などである。

 わたしは、脳発達度係数三・九をもつ生き物の体のかたちや、すばらしい知能や、われわれに

はとうてい理解できない行動がどんなものであるかは、想像力のゆたかな人達にまかせることに

する。われわれがメクラであるのに対して、われわれの後継者たちは千里眼の持ち主なのだろう

から」(芦沢玖美訳・みすず書房刊)

 と述べている。

 オリヴィエ教授は、出版社の紹介文によると″パリ大学理学部人類学教授であり、人類学、解

剖学のかず多い論文のほかにいくつかの著書を持ち、そのなかでも「人類学的解剖学」はフラン

ス学士院賞を受けた。自己の専門分野の研究に多くの業績をあげているばかりでなく、若い研究

者の育成にも心をそそぎ、フランス人類学の名実ともにすぐれた指導者である″と記されてい

る。

 まさに、当代一流の科学者であるといわねばならない。

 その科学者が未来人ホモーエクセレンスの出現を、このように予告しているのである。著者

が、なんの根拠ももたず、ただいたずらに鬼面ひとをおどろかす筆をとっているのではないの

だ。それはかならずやってくる。では、そのホモーエクセレンスは、いったい、どこから、いっやってくるのだろうか?

 未来人、ホモーエクセレンスの到来は、歴史の必然であるとオリヴィエ教授はいう。

 では人類の歴史をたどってみよう。

 まずあらわれたのは、オレオピテクス、ラマピテクスから進化してきたオーストラロピテクス

(猿人)であった。が、しばらくして、ピテカントロプスーエレクトス(原人)がこれにとって

かわった。しかし、まもなく、ネアンデルタール人(旧人)がやってきて、そのあとを継ぎ、彼

らの時代はおよそ1〇万年ちかくっづく。

 けれども、今から四、五万年ほど前、かなり進んだ知能を持つクロマニョッ人(新人)が出現

すると、彼らは急速に姿を消して絶滅してしまった。しかしそのクロマニョッ人も、今から一万

年ほどまえに、オーストラロイド(ジャワ)、モンゴロイド(中国)、ネグロイド(アフリカ)、コーカ

ソイド(ヨーロッパ)というあたらしい現世人類の種のなかにあわただしく消滅してしまった     ‐

れは、歴史のごく表面にあらわれているだけの事実で、このほかにも、いくつかの知られざるヒ

ト・属、あるいはその分枝が、無数にあらわれ、歴史をつくる間もなく消滅していったと考える

学者はかず多い。

 ある著名な科学者は、ひとつの種の寿命は1〇〇万年だと語り、ホモーサピエッスは出現以

来、間もなくこの年令に達するはずだという。そうして、オリヴィエ教授もまた「いま、われ

われが、われわれの後継者であるっぎの人類のことを考えるのは、まったく筋みちの立ったこと

であるLといっているのだ。

―だが、

 いったいその新しいヒトは、いっあらわれるのか?

 一万年さきか? 二万年?

 だいたい、ホモーサピエンスのつぎの人類なんて、それはちょうどあの太陽がいつか燃えつき

てしまうぞ、というのと同じことで、空想ではないにしても、おそらくそれは天文学的数字のは

るか未来の出来事にちがいなく、そんな心配をしているほどわれわれはヒマ人ではない、とあな

たはいうかも知れない。

 とんでもない・・‐・

 そんなことをいっていたら、それこそあなたは、″間抜け″になってしまうぞ。

 オリヴィエ教授は、生物学の進化の法則の上に立ってこう予言するのだ。

「……未来のヒトは間もなく不意に来ることになる」

 

 え? そんなに早く? とあなたはびっくりするだろう。だが、あなたはここでさらにもっと

びっくりしなければならないのだ。

 というのはI、

 この新しいヒト、ホモーエクセレンスは、。間もなく不意に来る″のではなく、それはもうすでにこの地上に来ているのである。この地球上に、はるか以前からすでに出現しているのだ。

 いつからI?

 いつからだとあなたは思うか?

 昨日から?

 否!・

 一昨日から?

 否!

 では、去年?

 否’‐・

 それは五〇〇〇年よりもっと以前からなのである!

 

⑥Iホモーエクセレンスの資格

ここにひとつの技術がある。

その技術によって訓練すると、ヒトはだれでもいくつかのすぐれた力を持つようになる。

その力をあげてみよう。

極度に発達した知能‐―いちど目にふれ、いちど耳にしたことは、ぜったいに忘れること

28

  のないが協力。どのように複雑な構造でも組織でも、瞬間的に分析し、推理し、理解し

  て、本質を把握してしまう演棒と帰納の力。コトバという間接思考を経ない純粋思考から

  発する超飛躍的な創造力。

   それは、ヒトの平均知能をI・〇とするならば、おそらく、二・五から三・五に達する

  であろう。このグループの最高の頭脳は、やすやすと四次元を理解する。

ニ 感覚器官の増幅―彼は、不可視光線(赤外線、紫外線)を見ることができ、超音波を聞く

  ことができる。その異常感覚と高度の知能の結合からくる予知力。それらは、自分の肉体

  を思うままに統御する能力からくる。

三 環境の制御と創造―-思うままに自分を変え、他人を動かし、集団や環境を、自分の理念

  の通りに創造してゆく。

四 物質を超え、物質を自由に統御する力。

五 無限に発達した道徳意識。

 だいたい、以上の能力である。

 これを、前の項で述べたオリヴィエ教授の未来人、ホモーエクセレンスの持つ能力とくらべて

みよう。

 それは、おどろくほど酷似している、というよりも、そっくりそのままといったほうがよいのではないか?

 そういうと、あなたはいうかも知れぬ。それは、著者が、オリヴィエ説をそっくりそのままう

つし持ってきたのではないのか、と。

 そうではないのだ。それは、むしろ、私のほうがいいたいことだ。私は、最初、オリヴィエ教

授がこの特殊技術の存在を知っていて、その技術の習得を未来人の資格にしたのではないかと思

ったくらいなのである。もちろん、それは、そうではなく、オリヴィエ教授は学術的に、未来人

の能力をそのように予測したのにちがいないが、この暗黙の一致を、あなたはどのように考える

だろうか?

 もっとも、オリヴィエ教授は、実際にこの特殊技術の存在を知っていて、その上に立ってホモ

・エクセレンスの能力を、このように書いたのである、ということも考えられないことではな

い。なぜならば、最近、この特殊技術は、この国でよりも、むしろ、アメリカやヨーロッパで知

られ、高く評価されはじめているのだからI。

 しかし、それはとにかくとして、実際に、こういう能力をヒトにあたえる特殊な技術が、数千

年も前からこの地上に存在し、それはそのまま現在も一部の人びとの間に伝えられているという

ことは、まぎれもない事実である。いや、現に、その技術の訓練を受け、そういう能力を身につ

けた人びとがなん人かいる。

 つまり、にあらわれつつあるということである。それは、まだ、ごくわずかな数ではあるりれども。、ホモーエクセレンスは、これからさき、長い時間をかけて進化の結果あらわれてくる

のでもないし、突然変異体としてフランケンシュタインの怪物のごとく登場するのでもない。そ

れは、ひとつの特殊な人間開発技術により、ホモーサピエンス自身が変身するのだ。それは自然

に生まれてくるのではなく、つくられるのだ。

 もっとも、いちばん最初にあらわれたホモーエクセレンスは、あるいは一種のミュータントで

あったかも知れない。あるいは、未来社会への環境適応の結果あらわれた超・ヒトの先行者であ

ったのかも知れぬ。ちょうど、ネアンデルタール人の群れのなかに出現した最初のクロマニョン

人のようにI。

 ルーガリックの法則によると、ナでに存在ナる属のなかでの新しい種の形成は、三〇〇年から

六〇万年の時間を要するという。今から五〇〇〇年まえという数字は、ホモーエクセレンスの先

行者があらわれて、ホモーサピエンスのなかに次第に新しい同族の種属を形成してゆくのにちょ

うど手頃な時間である。

 最初のホモーエクセレンスは非常に孤独であったろう。彼はその持てるナぐれた能力ゆえに、

おのずと、予言者となり、指導者となり、教育者とならざるを得なかった。また、彼は、その持

つ異常な能力によって、数千年さきの未来を洞察し、ヒトの歴史の上における彼自身の位置をさとったにちがいない。

 彼は、まだ低い段階のホモーサピエンスたちを教育するための「教え」を説くと同時に、これ

からやがて次第にあらわれてくる同 族たちを教育するためのカリキュラムもつくった。

 彼は、

このカリキュラムで訓練した。あるいは、その弟子たちのなかには、彼と同じホモーエクセレッ

スの先行者たちもいたであろう。こうしてこの技術はあとへ伝承された。だが、あまりにも高度りに離解で、人びとの進歩と熟成のため      

彼は、周囲に何人かの崇拝者を持った。そのなかからすぐれた素質を持なその開発技術は、ひろく受け入れられるためにはあまりに難解で、

なその開発技術昧ひろく回の時が必要であった。その長い間、この技術は、しばしば、誤解されたり、誹誘されたり、ある

いは分裂の危機を迎えた。けれども、その技術が滅亡しようとするたびに、すぐれたホモ・エク

セレンスがあらわれて、これを継いだ。この技術は、このようにして、ひろく世にうけいれられ

る時を静かに待った。多くの人びとが、この技術を必要とし、受け入れようと努力しはじめる時

期を静かに待った。

 いま、その時がきたようである。

 ホモーサピエンスは生物としてその限界に到達した。いま、この世界を覆う混乱と当惑と憎悪

は、なによりも、それをものがたるものである。つぎにくるものは絶望でしかない。いまこのひ

ろい世界に。一瞬たりとも生命の危険を感ぜずして生きている人間がひとりもいない。あなた白

身そうであろう。

 今よではりねに機械と技術―科学がその危機を来り越えてきた。しかし、いまは、その機械

と技術が先頭に立って人間に打撃を加えている。

 もう「さきは見えて」しまった。

 ホモーサピエンスの知能がっくり出した文明は極限に達した。もしもこの世界が生き残ろうと

望むならば、あらたな文明が生まれ出なければならない。ホモーサピエンスの生み出したものは

すべて、科学も技術も宗教も、芸術さえも限界に達した。倫理も道徳も崩壊した。古い人類は必

死に古い文明にしがみついているけれども、これらはすべて過去の世界のものになった。

 限界に達した生物がさいごにえらぶ道は「集団自殺」である。いま、その集団自殺が地上に展

開している。環境汚染と公害と戦乱-すべてホモーサピエンス自身がっくり出したものであ

る。結局、ホモーサピエンスは集団闘争による集団自殺によって絶滅ナるであろう。

 見よ。宗教ですら闘争の仲間に加わった。最も進歩的だと称するこの国の宗教団体は最も闘争

的である。

 すべての生物がたどる最後の道を、ホモーサピエンスはついにたどりはじめたということであろう。

 陶汰がはじまっているのである。滅びるべきものは滅び去るがよい。それでヒト・属は絶えは

しない。あたらしい種の胎動がここにある。あたらしい文明と古い文明、ホモーサピエンスとホ

モーエクセレンスはしばらくのあいだ共存するであろう。それは三世代から七世代つづく。ネアンデルタールとクロマニョンの共存は、一〇〇世代から一五〇世代つづいた。ネアッデルタール

が消滅するのにそれだけかかった。われわれの共存は、促進されてごくわずかの時間で完了す

りま威びるだろう。五〇年から一五〇年―、これだけの時間のうちに、滅びるべきものは滅び

らしい芸術をつくり出す。それは、ホモーサピエンスとは比較にならぬ高度の知性と悟性が生み

そのあとに、ホモーエクセレンスはあたらしい科学、あたらしい技術、あたらしい宗教、あた

出したあたらしい次元のものである。

 ところでお聞きするのだが、あなたは、ネアンデルタールか、クロマニョンか?

 

ホモーエクセレンスのカリキュラム

 

 

 ホモーエクセレンスのカリキュラムとはなにか?

 いまからI〇〇万年まえに出現したピテカントロプスーエレクトスの大脳のなかには、こんに

ちのホモーサピエンスの知恵が秘められていた。しかし、それがホモーサピエッスになるまで

に、一〇〇万年の時が必要だった。自然の進化にまかせたからだ。

 いま、進化したホモーサピエンスが、ホモーエクセレンスの能力を獲得するのに、それはどな

かい時間は必要でない。

 ここに、その能力を開発する特殊な技術かおる。

 この技術につて教竹すれば、ヒトはだれでも一変する。ピテカントロプスーエレクトスが、

ホモーサピエンスに変身し、地を這うサナギがコ伐で空飛ぶ蝶になる。

 ″近い未来に実現する全く変形した新しい世界を叙述するために、科学者たちは、新しいコトバ

を手さぐりで求め″ながら(アルバート・ローゼンフェルトThe second genesis邦訳第二創世紀)、ジ

ュリアンーハクスリ卿は、新しい高い能力を待った未来人を「超人問」と呼んでその出現を待

ち、ケニスーボールディング博士は来るべき新しい文明こそ「脱文明」と呼ばれなければならぬ

ような飛躍をなしとげることになると考え、バーロー・シャプリ博士はそれを精神動物王国と呼

び、科学者であり哲学者であったテイヤールードーシャルダン神父は″オメガ点″を設定して

超・ヒトの到来を信じ、創造理論の権威市川亀久弥教授はごく近い未来に実現する超人類社会

(ciety of super state homo SaPience)を予見し、人類学者のジョルジューオリヴィエ教授は、

高い知能を持つホモーエクセレンスは間もなく来ると説き、彼らすべてかがやく未来を期待しつ

つ、しかし、そのいずれも、それを実現すべき方法を持たない。

 だが、ここに、それを実現する技術がある。

 超人間を、脱文明を、精神動物王国を、超・ヒトを、超人類社会を、ホモーエクセレンスを、

んとうに生み出し、ほんとうに実現させる技術と体系がここにある。

 ″クンダリニー密教”と名づける秘密技術がそれである。

これこそ、五〇〇〇年のむかし、超・ヒトによって開発編成されたホモーエクセレッスのカリ

キュラムであった。

 さきに、拙著「変身の原理」で、私は密教の持つ「秘密神通の力」について語った。

冴えない彼女の育てかた

科学であり、システムであることを解明した。未来社会が要求するあたらしい精神科学であることを実証した。

 それではII、密教があたえる超能力とはいったいいかかる能力であるのか?

密教はたんなる宗教や信仰ではなく、人間に超能力をあたえるサイェッスであり、

そしてまた、密教はいかなる方法と原理によってそれをなそうとするのか?

それにまた、なによりもまず第一に、いったいヒトはなにがゆえに超能力を開発せねばならぬ

のか?

 それに答えようとするのが本書である。

 私は、ここに、密教五〇〇〇年の秘密の智恵と技術を能うかぎり公開した。それは、ヒトが、

いまはじめて目にし、耳にする智恵と技術である。ヒトは、おそらく、おどろき、おそれ、惑う

であろう。

 しかし、私は信ずる。人類の未来はここからはじまる。これなくしてヒトの未来は無い、と

 

①–Everyone can be a genius
Can you believe it?
All humans use only a few percent of their intelligence, and the remaining 90
-A set is as if you have forgotten because you’ve been messed up in the closet of it.
Nobody wants to use it without being boiled.
Of course, you are one of them.
So, this is what George Gallup at Gallup Institute of Polls looks like:
“This is a classic theory of brain physiologists, but human beings are from two percent to eighty-five cents of intelligence.
I only use it. Ninety percent of the rest are boiled and everyone takes it out
There is no one who thinks to use it. Isn’t it really ironic? No, that’s a bug
It should be nonsense. ”
And this prominent information researcher is Fuganaru.
“To develop the potential of the latest computers, the most skilled experts in this country, day and night,
On the other hand, it is a great machine to squeeze out any huge electronic computer.
I don’t know anything about the human brain’s potential, and I don’t even want to study it.
If we awaken and use these sleeping neurons, these potential attributes are
Will be expressed. ”
So, what are we? Do you have a sleeping neuron?
“The famous cerebral physiologist Dr. Ralph W. Gerrard said:
“… The unit of the cranial nervous system is the individual minute cells called neurons. There are 10 billion in the human brain.
There are more neurons, and each relatively large one has an average of more than 10,000 with other neurons.
It has a synapse connection. Network patterns that can be created
The number of paths that can carry impulses is much larger than the total number of particles that make up the matter in the universe.
There is 1 ”
The exact number of neurons is about 140 billion.
However, what we are actually using is slightly from the nipper set to the Goiha I set.
It is not too much. If we wake this sleeping brain cell and make full use of it
I can do it? How wonderful work can be done /
However, in reality, we use only a few thirds of that.
I am very sorry for myself.
It is just a gold mine with huge reserves or an inexhaustible diamond ore.
It is a mustache that cannot be excavated.
Do you feel that way too?
We now have to renew the superstition about the brain.
It’s wrong to be smart or bad.
The problem is how many neurons a person uses or does not use
is there.
H is a genius because it moves the neurons more than I, two percent.
That’s it. The intelligence of T is low because the neuron is sleeping more than I, two percent.
It’s just that.
If you are a genius, stop speaking. Takashi is only I, a few percent new
-It’s just that it’s working for Ron. Isn’t that just that?
If you are clever and swearing that your intelligence is low, don’t be pessimistic. Slightly more than people
It ’s just two percent, less movement of neurons. It ’s just that.
Absent. Inspire and move your neuron as much as you can.
What?・
Is that impossible?
♪ Say a fool, here’s how to do it.
This is the technology of intelligence development, neuron awakening, and cerebral cortex remodeling.
If you train with this system, your sleeping neurons will wake up quickly and your intelligence will triple.
The
It is a super technology that turns humans into completely different creatures.
That super technology is here.
③-Super technology to remodel humans

Moshi II.
How will the world be when human intelligence doubles and human intellectual level doubles or triples the current level?
Will it change? Perhaps the human race has solved all the problems that are currently being solved.
Will be.
No, I, a society with a completely new structure will emerge?
Let’s take a look at the problems that humankind is making.
I kill each other, scramble, hate each other, hurt each other I are spreading rapidly on the earth
Hazardous substance-. Where are they causing? This is what I understand.
That is because people are stupid.
Anthropologist Rinne classifies humans and gives them the scientific name “wisdom human”.
18
. Otsu ~~~~~ 轟 ‘
Ikusu scholar Charlie Rissier named the foolish human, homothrus. Nobel Prize winner
One of the authors, Rishie, was the first man in the book, “Human-This Stupid”.
I want to call it a super foolish man because it is a messy animal that I really gave up.
However, he wrote that the highest adjectives would be confused and confused as much as fools.
Certainly, humans have these two aspects. The wise wisdom side, the foolish and weak side, and the two sides
The contradicting creatures that come together are exactly humans, but now we are
Looking around me, Homo Sapiens is completely shadowed, and Homo Tsuru Chissimus is
It is rampant like a youkai.
Murder, scramble, hate, hurt each other,
It will gradually escalate. Science and technology have expanded human power infinitely, but at the same time,
The slaughter, exploitation, hatred, and struggle of Toto increased indefinitely. As it is, there is no problem, homo sapien
Su is extinct.
What is most necessary for humanity now?
It is a high level of intelligence.
¡The tremendous folly that develops on this ground is caused by the low level of human intelligence.
Now, what humanity needs is neither science nor technology. Ideology if not a revolution
not. It is neither a racial struggle nor a class struggle. Such a thing is useless.
No matter how many times you have revolutionized or hundreds of times you have struggled, human intelligence is at the current level.
As long as it is a repetition of a wasteful ritual.
Let’s look at the history. No matter how much progress is made on what we call machinery and technology, science and civilization,
Human behavior patterns have not changed at all. Always hate each other, kill each other, scramble, this
Isn’t the pattern repeated? Where can I see changes?
Wakamono. Stop wasting energy. If you think of a revolution, advance to the intellectual revolution of all mankind

Let ’s do it.
Since the days of Neanderthal, human intelligence has never advanced. First of all, human intelligence
I have to raise it.
«Extend the homostruth sims. Unless we do so, we no longer have a future. It is
In the countdown stage.
At this time, there is a technology that transforms humans and transforms social mechanisms. This technology is Furukisha
The new civilization that is born from the dismantling of the society system will be one dimension higher. this
Only through technology will the world be restored, and only this revolution will save all mankind from destruction.
Wakamono.
Why are you guys not looking at this?
Why are you guys passionate about this unprecedented magnificent and dramatic revolution on earth?
Don’t let it go.
20
④-If there is a future society

Education?・
It is powerless.
It is not something that enhances intelligence, it is just something that expands knowledge.
Education is just raising the knowledge of what the person originally has and improving the intelligence itself.
Don’t panic. The technology to improve intelligence is not the ability to teach and remember things, but the ability to remember
It must be a system that enhances the power itself. A fool is a fool no matter how much you educate. fool
Education is completely powerless. In order to make a fool smart, there must be a special technique.
Religion?
It is a buoy that tries to dissuade the fools of the intelligent heroes with some conscience.
It’s just a rake, and there is no power or technology to improve intelligence. You can become a Buddha, sing the subject,
Even if you call on the name of God, you won’t be able to get peace of mind, nourishment, and belief.
Even if it is done, intelligence itself does not increase.
In the future society with the intelligence that has evolved and developed to the highest degree, the special field of religion will disappear. Advanced intelligence is accompanied by highly developed ethical and moral consciousness.
Religious consciousness, such as “teaching”, which is totally vulgar, low-dimensional childish
Will become common sense, and you won’t have to worry about anything more
right. The human becomes addicted to Kami and Hotoke.
You should be aware that such a future society is just around the corner.
You have to know that a social system with a completely different structure is about to appear

Not.

Do you doubt it?
Let’s go.

Moshi I.
As long as such advanced intelligence does not appear, the world will end soon. Jomo Sapies
As long as it is the current level of intelligence, humans no longer have a future. Homo Sapies civilization is already limited
Reached.
So II.
If there is a future society, it must be an advanced and completely new society.

It is.
twenty two
⑤-Super-human F-brain rate coefficient
In the future society that will come soon, humanity will be divided into two species.
It is not two ethnic groups or two classes. There are two species.
So, the two species coexist for a while, but soon one of them
Let’s erase Na from this world rapidly.
That being said, it wasn’t just the future society that humanity showed two conflicts.
That may be the case, some people may give some examples.
Surely, it is colored and white, free and communist, rich and poor, dominated.
You can compare some with those who are supposed to be.
However, it is different.
[This kind of classification is going to appear in our world in the very near future.
ing. Such a movement is currently taking place in Na.
It is two human genera.
New humanity and sieving humanity.
One is an ordinary modern person, Homo sapiens Homo sapiens. This is sieving mankind.
The other is a future person with special abilities, Homo Excellence Homo eχcellens. In other words, it is a new human race.
Homo sapiens is nothing but our own, but homo excellence is

What kind of person is it?
“Homo excellence” refers to “excellent performance” that has acquired special abilities that homo sapiens do not have.
It means ” Some people, to this future person, with homo-intelligence
The name is given.
So, what special ability does this excellent future person, Homo Excellence, have?
Here are some of his features.
“The future species, super-human, will probably have a brain rate coefficient of 3, 9”
, And a world-renowned anthropologist, Professor Georges Olivier of the University of Paris,
It begins to talk in this way.
“(We are much inferior to the abilities of these great creatures.
Anyway, anyway, this super-human

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Daikokuten   梵字  大黒天

大黒天

大黒天(摩利支天と同一種子)
梵名をマハーカーラといい、「大い
なる暗黒」との意味があります。
わが国では七福神の一つに数えられ、頭巾をか
ぶり、大きな袋を背負い、右手に打出の小槌を待
った姿で親しまれています。
しかし、本来は、シヴア神の化身とされ、戦闘
をつかさどるほか、冥府の神ともされています。
仏教では施福の神として寺院の台所にまつられ、
僧侶たちが食べ物の心配をしないで修行に励かこ
とができるように、必要なものが手にはいるよう
に寺院を守護します。
大黒天を食厨の柱にまつったところから、家を
ささえる最も太い柱や一家のあるじを「大黒柱」
というようになりました。一般には福徳の神とし
て、商売繁昌などを祈念します。
おん ま ら か きや や そわ か

Daikokuten

Daikokuten (same seeds as Machi support)
梵 The name is called Mahakala,
It means “darkness”.
In Japan, it is counted as one of the Seven Lucky Gods
For the first time, carry a large bag and wait for a small gavel in the right hand
It is loved by the appearance.
However, it was originally an incarnation of Shivua, and it was a battle
It is also considered the god of Sunpu.
仏 In Buddhism, it is devoted to the temple kitchen as a god of bliss.
Buddhist monks are encouraged to practice without worrying about food
So that you can get what you need
To protect the temple.
From the place where Daikokuten was hung on a pillar of a restaurant,
Daikoku Pillar is the thickest pillar that can be offered
It became like that. In general, the god of virtues
And pray for business prosperity.
Onmaraka Kiya and Sawaka