チャクラ開発の原理1

チャクラが生む奇蹟
 クンダリニー・ヨーガが超常的能力を生み出す源泉は、「チャクラ」である。
 クンダリニー・ヨーガは三千年の歴史を持つ。
 そんなにも古い時代に、クンダリニー・ヨーガは、人間の体の中に、七ヵ所の
「力の湧き出る泉」を発見し、この泉を自由に制御して、超人的能力を発生させ
る技術をつくり出した。そうして、この「力の湧き出る泉」を「チャクラ」と名
づけた。
 チャクラとは、どういう意味か?
 英国、およびアメリカ、インドに本拠を持つ神智学協会発行のThe Chakras
の中で、リードビー’ターは、それを7orce Centefと訳している。”力の中心”
である。そうして、つぎのように解説している。
Chakraという語はサンスクリット語で、獄を意味し、文学的な表現をす
と。
ヨーロッパのヨーガの指導者は「幅」であるといっている。
 わたくしの考えは、このほうに近い。
 しかし、これを、輪といったり帽といってしまったら間違いであって、それ
は、車輪の中心から八方に放射状に出ている支柱、すなわち幅には似ているけれ
ども、幅そのものではなく、また輪でもなく、幅の状態なのである。すなわち、
放射状の波動、というものが最も適切と思われる。
 それは、もの、そのものではなく、もの、の状態を示すもので、力をあらわ
しているのである。それは、ある刺激によってひとつの力が生じた状態なのであ
る。その状態が、帽のように放射されたかたちをとっているわけだ。
 それは、力が充実したとき、さまざまな色をともなって、かすかに光って見え
る。雲光に似ているが、オーラは、チャクラのように多彩な色を発しない。
チャクラが、どうして、超人的ともいうべき特殊な力を発生するのか?
 長い間、それは神秘的な謎とされていたが、近代生理学の登場によって、その
謎は解けた。
 チャクラの場所は、すべて、内分泌腺と一致するのである。
 クンダリニー・ヨーガの熟達者は、特殊な修行によって得た力でその場所を刺
激し、  普通つうの人間の持たない力を発生させるのである。内分泌腺がその力の発
生源なのである。
 これを、近代医学による内分泌腺と対照すると、表I(七三頁)のようになる。

 

釈尊の説いたクンダリニー瞑想
 では、どのようにしてチャクラを動かすのであろうか?
 それは、

こころ
意念
呼吸

筋肉の相乗作用である。
 しかし、呼吸も筋肉も意念(潜在意識もふくめて)の支配下にあるのであるか
ら、究極的には、「意念」だということになる。
 そんなことはわかりきったことで、それを承知の上でなぜ、意念・呼吸・筋肉
とならべたのか?

 それは、意念を使う上で、どうしても、呼吸の力を借りなければならぬからで
ある。
 それはどうしてか?
 意念を「行らす」ためである。
 意念は行らさなければならぬのである。
 行息 息を行らすならば、行道 行らす道がなければならぬのである。
 これが非常に重大なのである。
 呼吸は、意念をめぐらすために、重大なはたらきをする。いや、それこそが最
も重大な、というべきであろう。
 さきほど、わたくしは「安那般那念経」を、古来いわれているように、「数息観」のような呼吸法を説いたものではない、といったのは、ここのところである。
 この経典の題名をよく見るとよい。「安那般那経」ではない。「安那般那念経」
なのである。「念」は「意念」をいっているのである。
 古人は、このことに気がつかなかったのであろう。

 

11