四種の呼吸法

四種の呼吸法
 この本で教える瞑想の呼吸法は、四種の呼吸法から成り立つ。
 一、長出入息呼吸法
 二、長出息呼吸法
 三、反式呼吸法
 四、強短息呼吸法(火の呼吸法)
 である。
 簡単に説明すると、一の長出大息呼吸法は、出る息、入る息、どちらも、で
きるだけ細く長く深く呼吸する。一呼吸に二十秒から三十秒、一分くらい、時
間をかける。
 二の長出息呼吸法は、出る息のみをできるかぎり細く1 く吐いて、吸う息は
2  つうに吸う。
 三の反式呼吸法は、ふつうの呼吸とちかって、息を吸うとき、腹部をひっこ
め、息を吐くとき、腹部をふくらませる。ちょうど逆になるわけである。
 四の強短息呼吸法は、「火の呼吸法」とよび、片方の鼻孔を指で押さえて閉
じ、片方の鼻孔で強く短く呼吸する。
 それでは、四種の呼吸法の訓練を説明しよう

 

 

 践坐、あるいは椅子坐、いずれにしても、頭部、頚部をごく自然に、まっす
ぐ、きちんとした姿勢をとる。ただし、あまり緊張しすぎて力んだり、硬直し
たりしてはいけない。ゆったりと、リラックスすることが大切である。
 そのためには、頭部、頚部の緊張を解くために、前頭部を心もち前に出し、
少し中へ引くようにして、頭部をやや下げるようにするとよい。同時
ド、面胸部も少しひっこめるようにし、腹部は少し前に出し、両肩は力を入れ
ず、自然心友勢をとる。背中は心もち前に曲げ、腹部の容積を大きくするよう
にする